確実な成果を出すならRYO英会話ジム

日常英語でリラックス: 「It’s No Big Deal」の使い方完全ガイド

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。本日は、「It’s no big deal.」の意味とその応用について解説します。このフレーズをマスターすることで、あなたの英語表現がよりネイティブに近づくこと間違いなしです。それでは、さっそく学んでいきましょう。

 

 

意味

「It’s no big deal.」は、日常会話において友人や同僚から過剰に謝罪されたり、感謝された際に頻繁に用いられる、親しみやすいイディオムです。この表現は、「これは大したことではない」という意味を持ち、軽く受け流す際に役立ちます。

“deal”という単語自体は名詞であり、「取引」の意味を持っています。しかし、「big deal」というフレーズは、文字通りには「大きな取引」と訳されるものの、比喩的には「重大な事態」や「大問題」という意味に解釈されます。そこから「It’s no big deal.」は、「それは重大なことではない」という意味合いで、「大したことはない」と解釈されるわけです。

また、「It’s not a big deal.」やよりカジュアルな表現である「It’s no biggie.」も、同じ状況で使われる類似のフレーズです。「biggie」という言葉は「ビギー」と発音され、「大したことない」という意味で用いられます。これらの表現は、相手に対して理解を示すため、または何かを軽く受け止めていることを伝えるために便利です。

 

 

無料トライアル実施中

使える場面と例文

  1. 友人が誤ってあなたの物を壊した時
    • 例文: “Don’t worry about breaking my mug. It’s no big deal.”
    • 和訳: 「マグカップを割ってしまっても心配しないで。大したことないよ。」
  2. 同僚が締め切りに遅れそうな時
    • 例文: “If you need an extra day to finish the report, it’s no big deal.”
    • 和訳: 「レポートの完成にもう1日必要なら、それで大丈夫だよ。大したことないから。」
  3. 誰かが軽い失敗をした時
    • 例文: “You forgot to send the email? It’s no big deal, just send it now.”
    • 和訳: 「メール送信を忘れた?大したことないよ、今送ればいいんだから。」
  4. 友人が遅れてきた時
    • 例文: “Sorry I’m late. – It’s no big deal, I just got here myself.”
    • 和訳: 「遅れてごめんね。- いいよ、大したことない。僕もちょうど到着したところだし。」
  5. 誰かが自分のために小さなことをした時に感謝された時
    • 例文: “Thanks for helping me with the groceries. – Oh, it’s no big deal.”
    • 和訳: 「食料品の買い物を手伝ってくれてありがとう。- ああ、それくらい大したことないよ。」
  6. 他人のミスを許す時
    • 例文: “I’m so sorry I spilled coffee on your carpet! – It’s no big deal, we can clean it up.”
    • 和訳: 「カーペットにコーヒーをこぼしてしまって本当にごめんなさい!- 大したことないよ、一緒に掃除しよう。」

これらの例文は、「It’s no big deal.」を使って、小さな失敗やミス、遅刻などを軽く受け流し、相手にリラックスさせる場面で活用できます。

その他例文

友人へ…

ナオミ
I’m very sorry. I dropped your watch and it got some scratches.
本当にごめんなさい。あなたの時計を落としちゃって、グラスに傷が入ったわ。
マイク
Oh, okay. It’s no big deal. Don’t worry about it.
あ、そうなんだ。大したことないよ。気にしないで。

 

 

 

返答フレーズ

  1. 感謝の気持ちを表す
    • 返答フレーズ: “Thanks for understanding. I appreciate it.”
    • 訳: 「理解してくれてありがとう。感謝してる。」
  2. 安心したことを伝える
    • 返答フレーズ: “That’s a relief. Thank you.”
    • 訳: 「それを聞いて安心したよ。ありがとう。」
  3. 謝罪を再度表す
    • 返答フレーズ: “Still, I’m really sorry about it.”
    • 訳: 「それでも、本当にごめんなさい。」
  4. 状況を軽く受け止める
    • 返答フレーズ: “Alright, I’ll try not to worry about it then.”
    • 訳: 「わかった、それなら気にしないようにするね。」
  5. 再発防止の意志を示す
    • 返答フレーズ: “I’ll make sure it doesn’t happen again.”
    • 訳: 「再び起こらないように気をつけるよ。」
  6. 助けを申し出る
    • 返答フレーズ: “If there’s anything I can do to make it up, please let me know.”
    • 訳: 「何か埋め合わせができることがあれば、教えてください。」

これらの返答フレーズは、相手が「It’s no big deal.」と言ってくれた時に、感謝の気持ちや安心したこと、謝罪の意志を伝えるのに役立ちます。また、問題やミスに対して責任を感じていることを示しつつ、前向きな態度で対応する意欲を表現することができます。

 

 

プレゼンテーションの準備

状況: あなたは明日の重要なプレゼンテーションの準備をしています。しかし、パートナーが資料の一部を誤って削除してしまいました。

パートナー: “I’m so sorry! I accidentally deleted the slides for our conclusion. I don’t know how I can fix this before tomorrow.”

あなた: “It’s no big deal. We still have time, and I remember most of what was on those slides. We can recreate them together.”

パートナー: “Really? I feel terrible about it.”

あなた: “Don’t worry about it. Mistakes happen. Let’s just focus on getting it done. I’m sure we’ll manage just fine.”

パートナー: “Thank you. I appreciate your understanding. I’ll do my best to help redo them.”

あなた: “That’s the spirit! Once we finish, we’ll go through the whole presentation again to make sure everything is perfect.”

和訳

状況: 明日の重要なプレゼンテーションの準備中、パートナーが資料の結論部分を誤って削除してしまいます。

パートナー: 「本当にごめんなさい!結論のスライドを間違えて削除してしまったんです。明日までにどう直せばいいかわかりません。」

あなた: 「大したことないよ。まだ時間はあるし、そのスライドに何が書いてあったかの大部分を覚えているから、一緒に作り直しましょう。」

パートナー: 「本当ですか?すごく悪いことをしてしまいました。」

あなた: 「気にしないで。ミスは誰にでもある。今は完成させることに集中しよう。きっと上手くいくから。」

パートナー: 「ありがとうございます。理解してくれて、感謝しています。作り直しに全力を尽くします。」

あなた: 「その意気!完成したら、全てが完璧になるようにプレゼンテーション全体を再度確認しましょう。」

音声

 

 

似た英語表現

No worries

例文: “I’m sorry for being late.” “No worries, we haven’t started yet.”

和訳: 「遅れてごめんなさい。」 「心配しないで、まだ始まっていないよ。」

解説: 「No worries」は、何か問題が起きた時に、その状況を軽く扱い、相手に対して気にしなくて良いと伝える際に使われる表現です。

Don’t sweat it

例文: “I accidentally deleted the file.” “Don’t sweat it, we have a backup.”

和訳: 「ファイルを間違えて削除してしまった。」 「気にするな、バックアップがあるから。」

解説: 「Don’t sweat it」は、「それについて汗をかくな」と直訳されることがありますが、実際には「それを心配するな」という意味で使われます。

It’s nothing

例文: “Thank you for helping me out.” “It’s nothing, glad I could help.”

和訳: 「手助けしてくれてありがとう。」 「大したことないよ、助けられて嬉しいよ。」

解説: 「It’s nothing」は、受けた感謝に対して、その行為が大したことではなかったと謙遜しながら応える時に用います。

Forget about it

例文: “I owe you one for this.” “Forget about it, we’re friends.”

和訳: 「この恩、忘れないよ。」 「気にするな、僕たちは友達だから。」

解説: 「Forget about it」は、相手が何かを気にしている時や、恩義を感じている時に、その事を忘れてもらうようにと言う表現です。

Not to worry

例文: “I can’t seem to get this right.” “Not to worry, it takes time to learn.”

和訳: 「うまくいかないみたい。」 「心配しないで、学ぶのに時間がかかるものだよ。」

解説: 「Not to worry」は、「心配しないで」という意味で、相手を安心させるために使用します。

 

 

 

 

「重要」に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上がネイティブ愛用!”It’s no big deal.”の意味と使い方でした。是非使ってみてくださいね。それでは、また会いましょう!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム