確実な成果を出すならRYO英会話ジム

「It takes + 時間 + to + 動詞」マスターへの道:時間表現の英語フレーズ

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。英語学習者にとって、日常会話で頻繁に使われる表現をマスターすることは非常に重要です。その中でも「It takes + 時間 + to + 動詞」の構文は、日常生活での時間に関する表現をする際に非常に便利です。この記事では、この表現の意味、使い方、例文を通じて、理解を深めていきましょう。それでは、まいりましょう。

 

 

意味

“It takes + 時間 + to + 動詞”で、「〜するのに(時間)かかる」という意味で、相手にどのくらい時間がかかるのかを伝えるときによく使う英語表現です。つまり、ある行動を完了するまでに要する時間を伝える際に便利なフレーズです。

注意点

この表現では、時間を示す部分に「minutes」「hours」などの単位を忘れずに入れることが重要です。また、主語が「it」であることに注意しましょう。

 

 

無料トライアル実施中

例文

友人からどのくらい時間がかかるか聞かれて…

ナオミ
It takes an hour to get there.
そこに着くのに1時間かかるわ。

 

 

友人がギターに興味があると言い出し…

ロバート
It takes a few years to learn to play guitar.
ギターを弾けるようになるには数年かかるぞ。

 

 

すでに確信ある事柄や事実としてそうであるという場合には、例文のように現在形を使うのが普通ですが、予測で相手に伝える場合は、”I think”と”will”を使って下記例文のように表現するとよいですよ。

何時に出発できるか聞くと…

マイク
I think it will take 30 minutes for me to get ready.
支度するのに30分はかかるかな。

 

 

例文のように日本語だと「〜かな」というニュアンスを入れたい場合は、”I think it will take 〜.”を使いましょう。

その他例文

  1. It takes me 20 minutes to get to work.(職場に行くのに20分かかる。)
  2. It takes about 5 hours to drive from Tokyo to Osaka.(東京から大阪まで車で行くのに約5時間かかります。)
  3. It takes 10 minutes to boil an egg.(卵を茹でるのに10分かかる。)

“take time”で「時間がかかる」

恋愛の話になって…

リョウ
It takes time to know someone.
誰かを知るってことは時間がかかるで。

 

 

「take time」を使った表現は、何かが完了するまでに一定の時間が必要であることを示す際に役立ちます。このフレーズはそのままで、「時間がかかる」という意味を持ちます。この基本形は、具体的な時間を示さずに、ある行動やプロセスが時間を要することを伝えたい時に適しています。

さらに、「take some time」や「take a long time」というバリエーションを使用することで、かかる時間の長さに関する情報をより具体的に伝えることができます。「take some time」は、ある程度の時間が必要であることを示し、「take a long time」は、特に長い時間がかかる場合に使われます。

反対に、時間がかからないことを伝える際は以下のフレーズが役に立ちます。

  • “It doesn’t take much time”: これは、「あまり時間がかからない」という事を伝えたい時に使います。短時間で完了することを強調する場合に便利です。
  • “It takes more time than expected”: 「予想以上に時間がかかる」という意味で、計画や予測を立てた際にその期待を上回る時間が必要になった場合に用いられます。

これらの表現を使い分けることで、話している内容に応じて、かかる時間の長さをより正確に伝えることができます。

 

 

返答のバリエーション

It only takes me 5 minutes.

この表現は、自分の行動やタスクの効率性を示す際に使われます。ここでは、「わずか5分で済む」という意味で、迅速さや時間の有効活用を強調しています。

It takes her an hour to get ready.

ここでの「take time」の使用は、他者の準備にかかる時間を具体的に示しています。この場合、「彼女が準備をするのに1時間かかる」と伝えることで、その行為の時間的な要求を強調しています。相手の行動パターンや日常のリズムに対する理解を示すことができます。

It will take us a day to complete the project.

未来形「will take」を使用しており、これから取り組むプロジェクトやタスクの完了に必要な時間を予測しています。「プロジェクトを完了するのに1日かかります」という文は、その仕事の規模や困難さ、チームの作業量を予測する際に役立ちます。

 

 

似たような表現

1. “It requires + 時間 + to + 動詞”

  • 例文: It requires two weeks to process your application.
  • 和訳: 申請を処理するのに2週間必要です。
  • 解説: この表現は、ある行動やプロセスを完了するために特定の時間が「必要である」と明示的に述べる場合に使用します。「requires」は「必要とする」という意味で、必須の時間やリソースを指すのに適しています。この場合、申請の処理に「2週間必要である」という具体的な期間を伝えています。

2. “To + 動詞 + takes + 時間”

  • 例文: To prepare this dish takes about 30 minutes.
  • 和訳: この料理を準備するのに約30分かかります。
  • 解説: 「takes」を使ったこの構造は、ある行為を行うのにかかる時間を示す際に役立ちます。「To prepare this dish」のように動詞の不定詞形を文の前に置くことで、何に時間がかかるのかを明確にします。この例では、料理の準備に「約30分」かかることを伝えています。

3. “Need + 時間 + to + 動詞”

  • 例文: I need three hours to finish this report.
  • 和訳: このレポートを仕上げるのに3時間必要です。
  • 解説: 「need」を使用することで、あるタスクを完了させるのに「必要な」時間を個人的な観点から表現します。この表現は、話者がその行動を終えるためにどれくらいの時間を要するかを直接述べています。この例では、レポートを完成させるのに「3時間」の時間が必要だと話者が感じていることを示しています。

 

 

関連する語彙

1. Duration (期間)

  • 例文: “The duration of the movie is 2 hours.”
  • 和訳: その映画の上映時間は2時間です。
  • 解説: 「Duration」は、始まりから終わりまでの連続した時間の長さを指します。この例では、映画が始まってから終わるまでの「期間」が2時間であることを示しています。

2. Time-consuming (時間がかかる)

  • 例文: “Writing a book is a time-consuming process.”
  • 和訳: 本を書くのは時間がかかるプロセスです。
  • 解説: 「Time-consuming」は、多くの時間を要すること、または時間を大量に消費する行為を表す形容詞です。この例文では、本を書くプロセスが多くの時間と労力を必要とすることを強調しています。

 

 

 

 

takeに関連する記事

では最後にtakeに関連する記事をご紹介します。今後の英語学習にどうぞお役立てください。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。時間は私たちの最も貴重な資源の一つです。日々の生活や仕事の中で、時間をどのように管理し、最大限に活用するかは非常に重要です。「take time」という表現を理解し、適切に使いこなすことで、私たちは時間の価値をより深く理解し、他人にその価値を伝えることができます。また、「duration」や「time-consuming」などの関連語彙を使いこなすことで、時間に関する表現の幅を広げ、より豊かなコミュニケーションを実現することができます。時間を尊重し、効率的に使うことの大切さを忘れずに、日々を有意義に過ごしましょう。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム