”It takes + 時間 + to + 動詞”の意味とその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”It takes + 時間 + to + 動詞”の意味とその使い方についてお話します。この記事を読めば、さらに英語の表現力がアップします。それでは、まいりましょう。

 

 

“It takes + 時間 + to + 動詞”の意味とその使い方

ナオミ
It takes an hour to get there.
そこに着くのに1時間かかるわ。
ロバート
It takes a few years to learn to play guitar.
ギターを弾けるようになるには数年かかるぞ。

 

 

“It takes + 時間 + to + 動詞”で、「〜するのに(時間)かかる」という意味で、相手にどのくらい時間がかかるのかを伝えるときによく使う英語表現です。すでに確信ある事柄や事実としてそうであるという場合には、例文のように現在形を使うのが普通ですが、予測で相手に伝える場合は、”I think”と”will”を使って下記例文のように表現するとよいですよ。

マイク
I think it will take 30 minutes for me to get ready.
支度するのに30分はかかるかな。

 

 

例文のように日本語だと「〜かな」というニュアンスを入れたい場合は、”I think it will take 〜.”を使いましょう。

 

 

“take time”で「時間がかかる」

特定の時間を入れずにとにかく時間がかかることを伝えたい場合は、”take time”といえばそれで十分です。なぜなら、それで「時間がかかる」という意味になるからですね。

リョウ
It takes time to know someone.
誰かを知るってことは時間がかかるで。

 

 

その他にも“take some time”や”take a long time”に置き換えていうこともできます。

 

 

takeに関連する記事

では最後にtakeに関連する記事をご紹介します。今後の英語学習にどうぞお役立てください。

仕事で重宝”take time off”の意味とその使い方

2020年7月31日

“take it easy”の意味とその使い方

2019年12月29日

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が”It takes + 時間 + to + 動詞”の意味とその使い方でした。それではSee you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。