3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

海外レストランで困らない!注文時の「I’ll have…」完全マスターガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は、”I’ll have 〜.”の意味と使い方についてお話します。この記事を読めばレストランでの注文がさらにスムーズになります。それでは、まいりましょう。

 

 

「~にします」の英語

レストランで「~にします。」は英語で”I’ll have ~.”と言います。旅行先のレストランやファーストフード店で使える便利なフレーズです。まずは、二人の会話を見てみましょう。

カウンターで…

ナオミ
What would you like to order?
ご注文は何になさいますか?
アイヴァン
I’ll have a double cheese burger.
ダブルチーズバーガーにします。

 

 

ここでの”have”の意味

この場合の”have”は「持っている」という状態を表す意味ではなく、「手に入れる」という動作を表す意味で使われています。”have”の変わりに”get”を使って、“I’ll  get ~.”と言うこともできますよ。ちなみに”I’ll”は”I will”の省略形で会話でよく使われます。

I willとの違い

「I will」と「I’ll」は、意味では同じですが、使用する文脈によって異なります。

  1. 「I will」:
    • 使用: よりフォーマルな状況や、強調をしたい時に使います。また、詩や文学作品、公式のスピーチなどでよく見られます。
    • : 「I will always remember this day.」(この日をいつも覚えています。)
  2. 「I’ll」:
    • 使用: 「I will」の短縮形で、日常会話やカジュアルな文脈でよく使われます。スピーチがより自然で流暢に聞こえるようにします。
    • : 「I’ll see you tomorrow.」(明日会いましょう。)

要するに、両者の違いは正式さと文脈にあります。「I will」はより正式で、時に強調のために使われ、「I’ll」はもっと日常的で自然な会話に使われます。

I’ll haveの発音

「I’ll have」の発音は、IPA(国際音声記号)で表すと /aɪl hæv/ です。ここでの発音は次のように分解できます:

  • I’ll: /aɪl/ は、”I will”の短縮形で、「アイル」と発音します。”I” の部分は英語の「アイ」と同様に発音し、”’ll” は「ル」と軽く発音します。
  • have: /hæv/ は、「ハヴ」と発音します。”h” は息をはき出しながら発音し、”ave” の部分は「ア」に近い短い母音と「ヴ」で構成されます。

自分で決められない時

自分で決められないときは以下フレーズが役に立ちます。

  • “I’ll have the same as her.” 「彼女と同じものをいただきます。」
  • “I’ll have whatever you recommend.” 「おすすめをいただきます。」

 

 

無料トライアル実施中

I’ll take…との違い

「I’ll have」と「I’ll take」はどちらも日常会話でよく使われる表現で、特に何かを注文する場合に用いられますが、微妙なニュアンスの違いがあります。

I’ll have

「I’ll have」は直訳すると「私は持っているだろう」となりますが、この文脈では「〜をいただきます」という意味で使われます。レストランで食事を注文する際や、飲み物を頼む時など、自分が受け取る予定のアイテムを指定する場面で用いられます。この表現には、ある程度の丁寧さが含まれており、特にサービスを受ける状況で好んで使われます。

I’ll take

一方で「I’ll take」は、「〜を取る(選ぶ)」という意味で、何かを選択する意志を示します。この表現は、レストランでの注文だけでなく、ショッピングをする時や、いくつかの選択肢から一つを選ぶ必要がある時にも使用されます。また、提案やアイデアを受け入れる意味でも使われることがあります。「I’ll take」には、「I’ll have」よりも少し直接的な選択の意志が表れます。

ニュアンスの違い

両者の違いは主に文脈と使われる場面にあります。「I’ll have」は自分が受け取る予定のサービスや商品に焦点を当てており、レストランなどで食事や飲み物を注文する際によく使われます。一方、「I’ll take」は選択の行為そのものに重点を置き、ショッピングや複数のオプションからの選択を表す際に使われることが多いです。

実際の会話では、これらの表現は相互に交換して使用されることもありますが、上述のような微妙なニュアンスの違いが理解されていると、より適切な文脈で使い分けることができます。

 

 

Can I have…?との違い

「I’ll have」と「Can I have」は、両方とも何かを注文する際に使われるフレーズですが、それぞれが異なるニュアンスと丁寧さのレベルを持っています。

「I’ll have」

意味:~をいただくことにします、~をください
注文をする際に直接的に自分の選択を表明するときに使います。この表現は自信を持って選択を伝える際に使われ、カジュアルな状況やフォーマルな状況でも使用可能ですが、少し直接的な響きがあります。

  • 例:レストランで「I’ll have the steak, please.」
  • (ステーキをいただきます。)

「Can I have」

意味:~をいただけますか、~をくださいませんか

何かを求める際に許可を求めるような形で使われます。この表現はやや丁寧で、相手に選択の余地を残す優しい響きがあります。カジュアルな状況ではもちろん、よりフォーマルな状況にも適しています。

  • 例:カフェで「Can I have a latte, please?」
  • (ラテをいただけますか?)

まとめ

「I’ll have」は自分の選択を直接的に伝える際に使われ、やや断定的な響きがあります。「Can I have」はより丁寧で、許可を求めるニュアンスがあります。

状況に応じて、より適切な表現を選ぶことが大切です。フォーマルな場では「Can I have」の方が好まれることが多いですが、カジュアルな環境ではどちらの表現も一般的に使われます。

 

 

言い換え可能な表現

Can I get…?

和訳: ~をもらえますか?

カジュアルな注文時に使われる表現です。

I would like…

和訳: ~が欲しいです。

丁寧な表現で、よりフォーマルな場面に適しています。高級レストランに行く場合などに丁寧に注文をたのめたほうがいいですよね。そういうときは”I’d like 〜.「〜をいただきます。」”を使いましょう。”d”は”would”の省略で、”I would like 〜.”となります。”would like”は”want”の丁寧な表現ということを覚えておきましょう。

Could I have…?

和訳: ~をいただけますか?

こちらも丁寧な注文をする際に使います。高級感のあるレストランで使って見ましょう。

 

 

その他の例文4選

“I’ll have 〜.”を使った例文をいくつかご紹介します。それぞれ何度か音読して口に慣らしましょう。

注文するときに…

マイク
I’ll have a (glass of) coke.
コーラにします。

 

 

席に座って…

マイク
I’ll have two bottles of water.
水を二つください。

 

 

ファーストフード店で…

マイク
I’ll have this one.
これにします。

 

 

メニューを見ながら….

マイク
I’ll have this salad.
このサラダにします。

 

 

 

「これください」の英語

レジで「これください」と言いたい場合、英語での表現はいくつかありますが、一般的には次のように言うことができます:

I’ll take this, please.

直訳すると、「これを取ります」となりますが、英語での買い物の際に「これをください」という意味でよく使われるフレーズです。

Can I have this, please?

「これをいただけますか?」という意味で、より丁寧な表現です。

I would like this, please.

「これをお願いします」という意味で、丁寧かつ明確に自分の意向を伝える表現です。

これらのフレーズは、レジで商品を指し示しながら使うと、スムーズに「これください」と伝えることができます。

 

 

Cash or card?と聞かれたら?

「Cash or card?」と聞かれた場合、支払い方法として現金を使うかカードを使うかを選んで答えます。具体的な返答の例は以下の通りです。

現金で支払う場合

  • “Cash, please.”(現金でお願いします。)
  • “I’ll pay with cash.”(現金で支払います。)

カードで支払う場合

  • “Card, please.”(カードでお願いします。)
  • “I’ll pay with a card.”(カードで支払います。)

これらのフレーズはシンプルで直接的なので、レジでの支払い時にスムーズにコミュニケーションを取ることができます。

 

 

「レシート」は通じる?

実は「レシート」は英語圏でも一般的に通じます。日本語の「レシート」と英語の「receipt」は発音が似ているため、英語圏の人々も理解しやすいです。ただし、正しい英語の発音は「リシート」となります。

レジでレシートが必要な場合、以下のように言うことができます:

  • “Can I have the receipt, please?”(レシートをいただけますか?)
  • “Could I get a receipt, please?”(レシートをもらえますか?)

これらの表現で、英語圏でもレシートを求めることができます。

 

 

押さえておくべきポイント

  • 場面に応じて表現を使い分けましょう。
  • “please” をつけるとより丁寧に聞こえます。
  • 相手の返答に注意して、必要に応じて質問や要望を追加してください。

 

 

 

 

注文に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。「I’ll have…」を始めとしたこれらのフレーズを覚えておくと、英語圏のレストランでスムーズに注文できるようになります。外出時だけでなく、英語を学ぶ上でも役立つ表現ばかりです。さあ、今日からでも実践してみましょう!以上が”I’ll have 〜.”の意味と使い方についてでした。機会があれば是非使ってくださいね。それではまた会いましょう。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム