確実な成果を出すならRYO英会話ジム

「I would like to…」の使い方マスター!ビジネス英語で差をつける

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。ビジネスシーンで頻繁に使われる「I would like to…」。このフレーズは、要望や意向を丁寧に伝える際に欠かせません。今回は、この「I would like to…」の意味と使い方を、ビジネス英語の観点から分かりやすく解説します。それではまいりましょう。

 

意味と使い方

「I would like to…」は「〜したい」という意味ですが、ビジネスシーンでは「〜したいと思います」という丁寧な表現になります。頻繁に使われる言い回しは次の通りです。

  • I would like to discuss…: 〜について話し合いたい
  • I would like to inform you…: 〜をお知らせしたい
  • I would like to request…: 〜をお願いしたい

“would”のニュアンス

丁寧な表現と聞くと、”I would like to 〜.”や”Would you 〜?”を思い浮かべます。でもなぜ”would”を使うのでしょう。この”would”のニュアンスを理解することで一気にネイティブレベルのニュアンスを手に入れることができます。”would”は”will”の過去形です。そして過去形には3つの使い方があります。下記の3つを見てみましょう。

  1. 過去の話
  2. 非現実的な話
  3. 丁寧な表現

とこんな感じになります。過去形って過去の話だけだと思ってたという方もいるかもしれません。でも3つ使い方があるんです。過去形って要は「距離」なんです。

  • 1の場合だと、現在からの距離→過去のこと
  • 2の場合だと、現実からの距離→非現実的か可能性の低いこと
  • 3の場合だと、心の距離→丁寧に伝えること

この3つの過去形の使い方を会話でマスターできるとネイティブ英語に近づきます。

会話では”I’d like to 〜.”

基本的に会話では、”would”を省略して”I’d like to 〜.”というのが普通です。直訳してみると「私は〜が好きでしょう。」となります。それが「〜したいのですが。」という遠回しの表現になります。カタカナでいうと「アイデゥライクトゥ」となります。

サポートへ…

リョウ
I’d like to cancel my membership.
退会したいのですが。

“want to”との違いは?

“I would like to”の現在形は、”I like to 〜.”です。この”I like to 〜.”「〜するのが好きです。」や「〜したいです。」という2つの意味で使うことがでいます。なので自分の趣味の話や自分の願望を伝えるときに使いましょう。そして”want to”は、おなじみの願望表現です。

“would like to”と比較すると、相手に伝わる願望の強さが違います。”would like to”→”like to”→”want to”の順になります。なので目上の人や上司に対して”I want to 〜.”を使うと、強引に聞こえてしまう可能性があります。目上の人や上司に対しては極力”I would like”を使うようにしましょう。

 

 

無料トライアル実施中

例文

“I would like to”の使える場面ですが、下記3つを押させておけば、使いこなせるでしょう。

  • 上司や目上の人に要望を伝えるとき
リョウ
Mr. Robert, I’d like to take a leave on July 15th.
ロバートさん、7月15日に休みをとりたいんですが。
ロバート
All right. May I know the reason why?
わかりました。理由を聞いてもいいですか?

 

 

  • サービスを受けるとき(レストラン、お店、銀行など)
マイク
I’d like to deposit this money.
お金を入金したいのですが。
ナオミ
All right, please fill out this form.
わかりました、こちらの用紙に記入をお願いします。

 

 

  • 招待を受けるとき
リョウ
Why don’t we have dinner sometime?
今度夕食でもしませんか?
アイヴァン
Sure, I’d like to.
はい、もちろん。

 

 

招待を受けるときは”I’d like to.”だけで大丈夫です。

疑問文

お客さんが家に立ち寄って…

ウィル
Would you like to have some coffee?
コーヒーはいかがですか?
アイヴァン
Yes, I’d like to.
はい、ほしいです。

 

 

相手に丁寧に何かをオファーするときに使われます。この場合、疑問文になります。上記のような場面以外でもレストランやバーなどウェイターさんがWhat would you like to have?「何をお召し上がりになりますか?」のように使うこともできますね。さらに返答に関しては、例文のように省略してI’d like to.と使うことが多いです。

 

 

I wanted to 〜の丁寧な表現

「I wanted to…」は、過去形を用いることで、話す内容が過去の時点での意向や願望であったことを示します。この表現は、特に過去のある時点での意志や希望を伝えたい場合に使われますが、現在の意向を伝える場合は「I would like to…」の方が適切です。

例えば、ある会議で提案をしようと思っていたが、機会がなかったとき、「I wanted to propose a new idea during the meeting」(会議中に新しいアイデアを提案したかったのですが)と言うことで、過去の意向を表現します。

しかし、この表現は特定の文脈によっては、今もなおその意向があることを示唆できることもあります。例えば、「I wanted to talk to you about something. Is now a good time?」(何か話したかったのですが、今、時間は大丈夫ですか?)のように使うと、過去から現在にかけての意向の継続を示すことができます。

ただし、一般的なビジネスの場面で、現在の意向や要望を表す際には「I would like to…」がより適切で、より丁寧な印象を与えます。

 

 

言い換え可能な表現

I’m interested in…

〜に興味があります。

  • I’m interested in exploring new markets for our products.
  • (私たちの製品に新しい市場を探求することに興味があります。)

I’m keen to…

〜を熱望しています。

  • I’m keen to implement the latest technology in our next project.
  • (次のプロジェクトで最新技術を導入することを熱望しています。)

 

 

関連する語彙と例文

Propose

  • I would like to propose a new idea.
  • (新しいアイデアを提案したいと思います。)

Suggest

  • I would like to suggest a meeting time.
  • (会議の時間を提案したいと思います。)

Recommend

  • I would like to recommend some changes.
  • (いくつかの変更を推奨したいと思います。)

 

 

押さえておくべきポイント

  • 「I would like to…」は、要望や提案を丁寧に伝えるのに最適です。
  • 相手に対して敬意を示しつつ、自分の意見や要望を伝える際に使います。
  • ビジネスメールや会議での発言に頻繁に使用されるフレーズです。

 

 

 

 

wouldに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”I would like to 〜.”の意味とニュアンスでした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されています。プライバシーポリシー利用規約が適用されます

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム