”I would like to 〜.”の意味とその使い方【wouldについても解説】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”I would like to 〜”のニュアンスと意味をご紹介します。合わせて最後に使い方も簡単にお伝えしますね。”I would like to 〜.”は丁寧な表現だけど、なんで丁寧なの?と疑問に思っている方にはピッタリな記事です。その辺りのニュアンスも把握して話せるとネイティブ感覚がさらにますでしょう。それではまいりましょう。

 

 

ここが大事!”would”のニュアンス

丁寧な表現と聞くと、”I would like to 〜.”や”Would you 〜?”を思い浮かべます。でもなぜ”would”を使うのでしょう。この”would”のニュアンスを理解することで一気にネイティブレベルのニュアンスを手に入れることができます。”would”は”will”の過去形です。そして過去形には3つの使い方があります。下記の3つを見てみましょう。

  1. 過去の話
  2. 非現実的な話
  3. 丁寧な表現

とこんな感じになります。過去形って過去の話だけだと思ってたという方もいるかもしれません。でも3つ使い方があるんです。過去形って要は「距離」なんです。

  • 1の場合だと、現在からの距離→過去のこと
  • 2の場合だと、現実からの距離→非現実的か可能性の低いこと
  • 3の場合だと、心の距離→丁寧に伝えること

この3つの過去形の使い方を会話でマスターできるとネイティブ英語に近づきます。

 

 

会話では、”I’d like to 〜.”

基本的に会話では、”would”を省略して”I’d like to 〜.”というのが普通です。直訳してみると「私は〜が好きでしょう。」となります。それが「〜したいのですが。」という遠回しの表現になります。カタカナでいうと「アイデゥライクトゥ」となります。

サポートへ…

リョウ
I’d like to cancel my membership.
退会したいのですが。

 

 

 

“I like to 〜”や”want to”との違いは?

“I would like to”の現在形は、”I like to 〜.”です。この”I like to 〜.”「〜するのが好きです。」や「〜したいです。」という2つの意味で使うことがでいます。なので自分の趣味の話や自分の願望を伝えるときに使いましょう。そして”want to”は、おなじみの願望表現です。”would like to”と比較すると、相手に伝わる願望の強さが違います。”would like to”→”like to”→”want to”の順になります。なので目上の人や上司に対して”I want to 〜.”を使うと、強引に聞こえてしまう可能性があります。目上の人や上司に対しては極力”I would like”を使うようにしましょう。

 

 

こんな場面で使える!”I would like to”の使い方

“I would like to”の使える場面ですが、下記3つを押させておけば、使いこなせるでしょう。

  • 上司や目上の人に要望を伝えるとき
リョウ
Mr. Robert, I’d like to take a leave on July 15th.
ロバートさん、7月15日に休みをとりたいんですが。
ロバート
All right. May I know the reason why?
わかりました。理由を聞いてもいいですか?

 

 

  • サービスを受けるとき(レストラン、お店、銀行など)
マイク
I’d like to deposit this money.
お金を入金したいのですが。
ナオミ
All right, please fill out this form.
わかりました、こちらの用紙に記入をお願いします。

 

 

  • 招待を受けるとき
リョウ
Why don’t we have dinner sometime?
今度夕食でもしませんか?
アイヴァン
Sure, I’d like to.
はい、もちろん。

 

 

招待を受けるときは”I’d like to.”だけで大丈夫です。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に完全されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

wouldに関連する記事

めちゃ使える”I would rather 〜.”の意味と2つの使い方【丁寧に断れる】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”I would like to 〜.”の意味とニュアンスでした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出