“hot tea”や”take care”の発音が聞き取れないのはなぜ?

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。本日は”hot tea”や”take care”のネイティブ発音をご紹介します。この記事を読めば、”hot tea”や”take care”のネイティブ発音が簡単に聞き取れるようになります。それでは、まいりましょう。

 

 

まずは聞き取ってみよう

まずは、例文からいきましょう。オレンジ色の音を意識して聞いてみましょう。

マイク
Which would you like, hot tea or iced tea?
紅茶とアイスティーのどちらがよろしいですか。

 

 

 

リョウ
How about taking a train?
電車に乗るのはどう?

 

 

 

ロバート
Take care of yourself.
お大事に。

 

 

 

マイク
Can you stop playing the guitar?
ギターを弾くの止めてくれる?

 

 

 

マイク
I will try not to gain weight.
太らないようにするよ。

 

 

 

同じ”t”や”k”、”p”の音が続くと1つ抜け落ちる?

いかがでしたか?オレンジ色の部分ですがそれぞれ同じ音が続いているのがわかります。

そのまま発音して例えば「ホットティー」と言いそうです。でもネイティブが普通に発音すると同じ1つ目の音がほぼ消えてしまいます。だから”hot tea”は“hot”の”t”を省いて「ホッティー」です。

“about taking”も「アバウトトーキング」ではなく「アバウテイキング」です。それ以外はもうわかりますね。もう一度確認してどう音が抜けているのか聞いてみましょう。

 

 

一瞬の間が入るよ

さらに押さえておいてほしいことがあります。それはこのように前の同じ音が消える場合、そこに一瞬の間が入るということ。

例えば”hot tea”であれば「ハッティー」ではなく「ハッ()ティー」また”not to”であれば「ノットゥー」ではなく「ノッ()トゥー」です。

そのあたりも把握して発音すると、限りなくネイティブに近い発音になるでしょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が”hot tea”や”take care”の発音方法でした。それでは、See you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出