確実な成果を出すならRYO英会話ジム

「”Get a Move On”ってどういう意味?日常会話で役立つ使い方ガイド」

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウと申します。本日は、「get a move on」という表現の意味及び使用方法についてご紹介します。この記事を通じて、皆様の英語力が一層向上することを期待しています。それでは、早速始めていきましょう。

 

 

意味

「急ぐ」のニュアンスを表現するカジュアルな英語フレーズとして、「get a move on」があります。これは時間に追われている際、例えば出発時刻が遅れてしまっている、締切りが迫っているなど、作業のスピードを上げる必要がある時に用いられる表現です。

同様の状況で使える他の言葉には、「hurry」、「rush」、または「do something faster」があります。時間との戦いにおいて、このように急ぎを促す表現は非常に便利です。「急がなくても大丈夫」という意味を持つフレーズや、それらの使用方法に関しては、別の記事で詳しく解説していますので、興味があればぜひご一読ください。

 

 

無料トライアル実施中

使う場面

  1. 時間がない時:出発時間が迫っているが、まだ準備が整っていない時に、急ぎ始めるように促す場合。
  2. 遅れている時:約束や会議に遅れそうな時に、自分自身や他人に速度を上げるよう促す時。
  3. 締め切りに間に合わせたい時:プロジェクトや課題の締め切りが迫っており、作業を加速させる必要がある時。
  4. 他人を促したい時:友人や同僚がのんびりしていて、スケジュールに影響が出そうな場合に、彼らを急がせるため。
  5. 遊びやイベントでの待ち合わせ:楽しみにしているイベントや映画などで遅れそうになった時に、グループ全体を急がせるため。

 

 

例文

夫がなかなかベットから起きなくて…

アイヴァン
You gotta get a move on or you’ll be late for work.
急がないと会社遅刻するよ。

 

空港に行く時間なのに妻がまだ化粧をしていて…

マイク
Get a move on or we might miss our flight.
急がないと飛行機に乗り遅れるよ。

 

 

締め切りが迫っていて…

ロバート
Let’s get a move on. We have to meet the deadline.
急ごう。締め切りに間に合わせないといけないぞ。

 

 

朝友人とばったり会って…

リョウ
Sorry, I need to get a move on. I’m running late.
ごめん、急がないと。遅刻なんだ。

 

 

 

ロールプレイ

英文

アレックス: “Hey Jamie, we really need to get a move on. Everyone is waiting for us at the park.”

ジェイミー: “I know, I know. I’m just looking for my sun hat. Have you seen it?”

アレックス: “Nope, but it’s not that sunny today anyway. Let’s just go, or we’ll miss out on all the fun.”

ジェイミー: “Alright, alright. I’m coming. Let’s not keep them waiting any longer.”

和訳

アレックス: 「ねえジェイミー、本当に急がないと。みんな公園で僕たちを待ってるんだ。」

ジェイミー: 「わかってるって。ただ、日よけ帽を探してるの。見なかった?」

アレックス: 「ううん、でも今日はそんなに日差し強くないし。もう行こうよ、楽しい時間を全部逃すことになるよ。」

ジェイミー: 「わかったわかった。行くよ。もう待たせないでおこうね。」

音声

 

 

似た英語表現

これらの表現は、日常会話や作業の進行を急ぐ必要がある場面で、相手に迅速な行動を促すために使われます。シチュエーションや話している相手に応じて適切なフレーズを選ぶことが重要です。

Hurry up

例文: “Hurry up, or we’ll miss the train!”

和訳: 「急いで、さもないと電車に乗り遅れるよ!」

解説: 「Hurry up」は「get a move on」と非常に似ており、急ぐ必要がある時に使われます。直接的でカジュアルな表現で、友人や家族に対して使われることが多いです。

Let’s make it quick

例文: “Let’s make it quick, the store closes in 10 minutes.”

和訳: 「急ぎましょう、お店が10分で閉まるよ。」

解説: この表現は、手短かに何かを終わらせる必要がある時に用います。特に時間に追われているが、それでもある行動を完了させなければならない場合に使われます。

Pick up the pace

例文: “We need to pick up the pace if we want to finish this project on time.”

和訳: 「このプロジェクトを期限内に終わらせたいなら、ペースを上げる必要がある。」

解説: 「ペースを上げる」ことで、物事を早めに進める必要がある時に使われます。特に、進行中の作業やアクティビティの速度を上げたい場合に適しています。

Chop chop

例文: “Chop chop, we don’t have all day!”

和訳: 「早く早く、一日中ここにいるわけにはいかないよ!」

解説: 「Chop chop」は非公式で促進的なフレーズで、特に子どもや親しい間柄の人に対して、何かをより速く行うよう促す時に使われます。楽しげで急かす感じを出すことができます。

 

 

関連英単語

  1. Hurry (急ぐ): 速やかに行動すること。特定のタスクや目的地に早く到達しようとするときに使われます。
  2. Rush (急いで行く): 急いで何かをすること、または急ぎ足でどこかへ行くこと。時間が限られている状況でよく使われます。
  3. Speed up (速度を上げる): 行動やプロセスの速度を早くすること。物理的な移動だけでなく、作業の進行速度を意味する場合もあります。
  4. Quick (速い): 行動や反応が迅速なこと。時間をあまり要しないこと。
  5. Accelerate (加速する): 速度を増すこと。物理的な速度だけでなく、例えばプロジェクトの進行を早めるなどの文脈でも使用されます。
  6. Hasten (急がせる): 何かを早めるまたは急がせる行動。しばしば、特定の結果をより早く達成しようとする意図が含まれます。
  7. Dash (疾走する): 短距離を非常に速い速度で移動すること。特に、非常に急いでいる時に使われることがあります。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

moveに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”get a move on”の意味とその使い方でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されています。プライバシーポリシー利用規約が適用されます

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム