”during 〜”の意味とその使い方【whileとforとの違いもわかる】

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”during 〜”の意味とその使い方【whileとの違いもわかる】についてお話します。この記事を読めば英語力が今日より少しアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

”during 〜”の意味とその使い方【whileとの違いもわかる】

フライトはどうだったか聞かれて…

リョウ
I watched two movies during the flight.
フライトの間、映画を2つ見たよ。

 

コールデンウェークは何をしていたのか聞かれて…

マイク
I visited my friends in Australia during the vacation.
休暇中はオーストラリアにいる友人を訪ねたよ。

 

会議はどうだったか聞かれて…

ナオミ
Actually during the meeting, I fell asleep.
実は会議中に寝てしまったんだ。

 

いかがでしたでしょうか。”during”は「〜の間」や「〜中」という意味で、ある出来事の背景にある特定の期間全体を指す場合によく使われる英語表現です。

 

duringのあとに文は置ける?

よく学習者の間である間違いがduringのあとに文をおいてしまうことです。以下例文見て見ましょう。

スタローン
During I was watching TV, I fell asleep.
テレビを見ている最中に寝てしまった。

 

一見全然問題なさそうですがduringは前置詞という品詞で直後に通常文を置くことができません。置くのは「名詞」です。だからduring + 名詞の形になります。文を置く場合はwhileを使いましょう。whileは「〜する間」という意味であることが起きている背景を伝える場合に使われる接続表現です。

マイク
My wife calls me sometimes while I am working.
僕が働いている最中に妻は時々電話をしてくる。

 

またduringで置き換えることも可能です。その場合during my workとするとよいでしょう。

 

継続する期間には使えない?

また前置詞forと入れ替えて使ってしまうこともありますが、これも間違いです。以下例文を見て見ましょう。

リョウ
I stayed in Paris during 2 weeks.
2週間パリに滞在したよ。

 

ということはできません。この場合前置詞forを使ってfor two weeksといいましょう。

 

 

時間に関連する関連記事

“until”と”till”の違いとその4つの使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”during 〜”の意味とその使い方【whileとの違いもわかる】でした。それではSee you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。