電話で重宝「(私は)〜です」の英語表現とその使い方【I am 〜ではないよ】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。電話で重宝「(私は)〜です」の英語表現とその使い方【I am 〜ではないよ】についてお話します。この記事を読めば今日より少し英語力がアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

電話で使える「(私は)〜です」の英語表現とその使い方【I am 〜ではないよ】

友人の家に電話をかけていて…

ウィル
Can I talk to Ryo? This is Will.
リョウと話せますか?ウィルです。

 

営業先の会社に電話をかけていて…

ロバート
May I speak to Mr. Mike?
マイクさんとお話できますか?
ナオミ
Can I ask who’s calling?
どなたでしょうか?
ロバート
This is Mike from ABC company.
ABC会社のマイクです。

 

他部署の上司に電話をかけて…

アイヴァン
May I speak to the manager?
部長とお話できますか?
スタローン
This is the manager speaking. How can I help you?
私だ。用件はなんだい?

 

いかがでしたでしょうか。電話の冒頭で「(私は)〜です」と言うときはThis is 〜(名前).と表現します。思わずI am 〜と言ってしまいそうですが、電話で自分を名乗るときは適切な表現とは言えないでしょう。自己紹介の際にカジュアルに自分の名前を相手に伝えるときに使えるのがI am 〜です。これについては「どうも、~です」の英語表現とその使い方【My name is 〜.は使われない?】をご覧ください。

例文に関して少しお話しておきます。まずspeakはフォーマルな場面で、またtalkはカジュアルな場面で使います。May I 〜?とCan I 〜?を話し始めで使っていますが、mayのほうはフォーマルな場面で、またcanはカジュアルな場面で使います。そして「どなたですか?」と聞く際はWho is this?と言ってしまいそうですが、こちらはカジュアルな表現です。電話でフォーマルに伝える場合はWho’s calling, please?またはCan I ask who’s calling?と聞きましょう。

 

 

This is 〜は自己紹介にも使える

またThis is 〜は電話表現だけでなく、友人をパーティーなどで知り合いに紹介する際にも使うことができます。詳しくは紹介で「こちらは私の友達の~です」の英語表現とその使い方よりご覧ください。

パーティーで…

リョウ
This is my friend, Mike.
こちらは友人のマイクです。

 

 

This is 名前に関連する記事

「電話を掛け直す」の英語表現とその使い方【ビジネスで重宝する】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が電話で重宝「(私は)〜です」の英語表現とその使い方【I am 〜ではないよ】でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出