3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

英会話上達の根本的なコツは〇〇と〇〇です【行動編】

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は英会話上達のコツは〇〇と〇〇です【行動編】についてお話したいと思います。もちろん英会話上達にはその人のレベルに応じてどういった学習フローでどういった教材が必要などありますが、ここで英会話を伸ばすためのもっとも根本的な2つのスキルについてご紹介します。それではまいりましょう。

 

 

100%言いたいことを伝える「勇気」を持つ

一つ目は「勇気」です。もう少しわかりやすく言うと自分の言いたいことを恐れに屈せず、また100%妥協せずに英語で伝えてみることです。なぜ伝える勇気が根本的に大事かというと伝える勇気がないと何も上達していかないからです。またこの勇気がないと英語を通じて様々気づきや人間関係も構築することができません。

筆者自身英語との付き合いは10年以上になりますが、いくら知識があっても相手に伝える勇気がないと英会話は全然上達していかないと実感してきました。筆者はもともと話すのが得意なほうでないので、まさにその「勇気」の必要性を人一倍感じてきました。

マニラで勤務していたころ、周りのローカルスタッフは自分と同じ年齢ほどでとても頭のいい人ばかりで英語もとても流暢でさらに仕事もとてもできる方たちでした。そんな中、拙い英語力で同じレベルでやっていく必要がありました。そのとき海外で通用してない自分の未熟さを痛感しつつも半年ぐらいはずっとミスしないようにミスしないようにと気をつけて必要最低現のことだけ話している自分がいました。

そんな中、新しい日本人スタッフが入社してきました。ある程度英語も話せる方でしたがかなりブロークンな英語でもありました。しかし僕が彼の英語力で注目したのはそこではありませんでした。それは彼の英語を話すアプローチでした。正直言うと彼の英語力は中学生並でしたが文法や表現方法などは二の次でとにかく100%相手に言いたいこと伝える「勇気」をいつも持っていました。話している際ミスしているのは明確にわかるのですが、彼のように気にせずどんどん話していくアプローチや、また彼に打ち解け信頼していくスタッフの姿を見ているとすごく羨ましかったのを覚えています。

その時、ハッキリ気づきました。まずはカッコつけずに自分から100%言いたいことを伝えていかないと何も始まらないんだということを。自分の場合簡単な言い回しのみ使いこなすところで自分を守っていたので上達していないのもわかっていました。だから結論をもう一度言うと、まずは勇気を持って100%伝えることです。

 

 

無料トライアル実施中

場数を踏む

2つ目に大事なのが話す場数を踏むことです。勇気を持って何度も相手に伝えたり聞いたりするアプローチをかけることですね。なぜなら場数を踏まないと英語を話すことに慣れていかないからです。また慣れていくと冷静に考えれるようになったり、もっと話せることも多くなっていきます。だから我々日本人はこの場数が圧倒的に足りないのでそれが必要となります。

しかし勇気を持って話してもなかなか伝わらず恥ずかしい思いも正直たくさんします。そんなのイヤだーと思う方は多いと思いますが、ただしこのリスクをある程度背負わないと英語力は継続的に上達していきません。特に趣味で英語をやる分にはいいですが仕事や日常で使っていく方はこのリスクは背負わないといけませんね。筆者自身もマニラに勤務して半年ぐらい経って「伝える勇気」の大切さに気づいて以降「場数を踏む」こともいつも意識して以下の言葉を自分に言い聞かせていたのを思い出します。

リョウ
この瞬間妥協せずに伝えればミスしても今日より英語はうまくなる

 

さらに場数を踏んでいくと相手から新しい表現も学びますし、そして基礎的な文法知識がしっかりとついていれば軌道修正していきながら正しい英語で発言できる余裕も生まれていきます。だから「場数を踏む」ことはとっても大事なのです。

 

 

 

 

「英会話」に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が英会話上達の根本的なコツは〇〇と〇〇です【行動編】でした。RYO英会話ではこの勇気と場数を元にした実践トレーニングをご提供していますのでご興味があればぜひホームページよりご覧ください。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム