3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

知らないと損する!「slash」の意味とビジネスでの使い方

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

はじめに

記事の概要と目的

こんにちは!このブログでは、ビジネスシーンでよく使われる英単語「slash」について詳しくご紹介します。特に、「slash」がどのような意味を持ち、どのように使われるのかを理解することは、ビジネス英語のスキルを向上させるうえでとても重要です。

この記事の目的は、以下の3つです。

  1. 「slash」の基本的な意味を理解する。
  2. ビジネスシーンでの具体的な使い方を学ぶ。
  3. 実際の会話や文章での応用方法を身につける。

「slash」という単語の基本情報

まず、「slash」という単語の基本情報を見てみましょう。「slash」は動詞で、「切り下げる」や「大幅に削減する」という意味を持ちます。この単語は、コストや価格、予算などを大幅に減らすときによく使われます。例えば、「We need to slash our expenses.(経費を削減する必要があります。)」というように使われます。

「slash」は、ビジネスの場面でしばしば耳にする重要な単語ですので、ぜひ覚えておきましょう。これから、具体的な使い方や例文を通して、さらに深く理解していきます。

 

 

無料トライアル実施中

「slash」の基本的な意味

辞書的な意味の紹介

「slash」は動詞で、以下のような意味を持ちます。

  1. 切り下げる、切り裂く
    例: The pirate slashed the sail with his sword.

    (海賊が剣で帆を切り裂いた。)

  2. 大幅に削減する
    例: The company decided to slash the prices.

    (会社は価格を大幅に引き下げることを決定した。)

使われる場面やコンテキスト

「slash」は、特にビジネスシーンで頻繁に使われます。以下は、典型的な使用例です。

  1. コスト削減
    企業が経費を削減する際に使われます。例えば、従業員の数を減らしたり、無駄な支出をカットしたりする場合に「slash」を使います。
    例: We need to slash our operating costs to stay competitive.
    (競争力を保つために、運営コストを削減する必要があります。)
  2. 価格の引き下げ
    商品やサービスの価格を大幅に下げる際にも使われます。これは、セールや特別割引などのプロモーション時によく見られます。
    例: They slashed the prices by 50% for the clearance sale.
    (クリアランスセールのために、価格を50%引き下げました。)
  3. 予算の削減
    企業や組織が予算を大幅に削減する場合に使います。特定のプロジェクトや部門の予算がカットされることがあります。
    例: The government has to slash the education budget due to financial constraints.
    (財政的な制約のため、政府は教育予算を削減しなければなりません。)

「slash」は、このようにネガティブなニュアンスを持つことが多いですが、ビジネスにおいては重要な決定を表現するための有用な単語です。具体的な例文を通して、実際の使い方をさらに理解していきましょう。

 

 

ビジネスシーンでの「slash」の使い方

コスト削減

「slash」は、企業が経費を大幅に削減する必要があるときによく使われます。この場合、会社の運営費や日常的な支出を大幅にカットすることを指します。

例: We need to slash our expenses.
(経費を削減する必要があります。)

使い方のポイント:
  • 経費削減の理由を明確に伝えることで、理解を得やすくなります。
  • 経費削減の具体的な対象(例えば、無駄な出張費や高額なサプライチェーンコスト)を示すと効果的です。

価格の引き下げ

「slash」は、商品やサービスの価格を大幅に引き下げる場合にも使われます。セールや特別割引を行う際に、この表現を使うことで、価格の大幅な変動を強調できます。

例: They decided to slash the prices by 20%.
(彼らは価格を20%引き下げることを決定しました。)

使い方のポイント:
  • 割引率やセールの期間を具体的に示すことで、顧客に訴求力を高めます。
  • 価格引き下げの背景(例:在庫一掃、競争力の強化)を説明すると効果的です。

予算の削減

「slash」は、企業や組織が予算を大幅に削減する場合にも用いられます。これは、特定の部門やプロジェクトの予算が削減されることを意味します。

例: The company slashed the marketing budget.
(会社はマーケティング予算を削減しました。)

使い方のポイント:
  • 予算削減の影響を受ける部門やプロジェクトを具体的に示すとわかりやすいです。
  • 削減の理由や今後の対応策についても触れることで、透明性を高めます。

これらの例を通じて、「slash」がビジネスシーンでどのように使われるかを理解することができます。実際の会話や文章で活用する際には、具体的な状況や背景を説明することで、より効果的にコミュニケーションを図ることができます。

 

 

具体例と会話フレーズ

実際のビジネス会話で使われる例文

ここでは、「slash」を使った具体的なビジネス会話の例をいくつかご紹介します。日本語訳も付けて、わかりやすく解説します。

例文1: コスト削減

  • 英語: We need to slash our expenses to stay competitive in the market.
  • 日本語訳: 市場で競争力を維持するために、経費を削減する必要があります。

解説:
ここでは、競争力を保つために経費削減が必要であることを伝えています。「slash our expenses」は「経費を大幅に削減する」という意味で使われています。

例文2: 価格の引き下げ

  • 英語: The store decided to slash the prices by 20% to attract more customers.
  • 日本語訳: 店舗は、より多くの顧客を引きつけるために、価格を20%引き下げることを決定しました。

解説:
ここでは、顧客を増やすために価格を引き下げる決定について話しています。「slash the prices by 20%」は「価格を20%引き下げる」という意味です。

例文3: 予算の削減

  • 英語: Due to the financial crisis, the company had to slash the marketing budget significantly.
  • 日本語訳: 財政危機のため、会社はマーケティング予算を大幅に削減しなければなりませんでした。

解説:
この例文では、財政危機が原因で予算削減が必要になった状況を説明しています。「slash the marketing budget」は「マーケティング予算を大幅に削減する」という意味です。

例文4: 人員削減

  • 英語: The company announced it would slash its workforce by 10% to cut costs.
  • 日本語訳: 会社は、コスト削減のために従業員数を10%削減することを発表しました。

解説:
ここでは、コスト削減のために人員削減が行われることを示しています。「slash its workforce」は「従業員数を削減する」という意味です。

会話の具体例

会話例1:

  • A: Have you heard about the new budget cuts?
  • B: Yes, I heard they plan to slash the marketing budget by half.
  • A: That’s a huge cut! How will it affect our campaigns?
  • B: We’ll need to find more cost-effective strategies to reach our goals.

日本語訳:

  • A: 新しい予算削減の話を聞きましたか?
  • B: はい、マーケティング予算を半分に削減する予定だそうです。
  • A: それは大きな削減ですね!キャンペーンにどう影響しますか?
  • B: 目標を達成するために、よりコスト効率の良い戦略を見つける必要があります。

会話例2:

  • A: The board has decided to slash expenses across all departments.
  • B: Really? That’s going to be challenging. Do we have any specifics yet?
  • A: Not yet, but we should prepare for significant cuts in our budget.
  • B: I guess we’ll have to prioritize our essential projects first.

日本語訳:

  • A: 取締役会は、すべての部門で経費を削減することを決定しました。
  • B: 本当ですか?それは大変ですね。具体的なことはまだわかっていますか?
  • A: まだですが、予算の大幅な削減に備える必要があります。
  • B: まずは重要なプロジェクトを優先する必要がありそうですね。

これらの例文を通じて、「slash」がどのように使われるかを具体的に理解し、実際のビジネス会話での応用力を高めることができます。

 

 

使い方の注意点

ネガティブな意味合いを持つことが多い点に注意

「slash」という言葉は、多くの場合、何かを大幅に減らす、削減するというネガティブな意味合いを持ちます。そのため、この言葉を使う際には、以下の点に注意が必要です。

  • 経費削減や予算削減の場面:
    これらの状況では、削減が必要であることを理解してもらうため、丁寧かつ明確な説明が求められます。例えば、「We need to slash our expenses to avoid financial difficulties.(財政困難を避けるために、経費を削減する必要があります。)」のように、理由を明示することで、相手に納得してもらいやすくなります。
  • 人員削減の場面:
    従業員に対して直接「slash」という言葉を使うと、ショックや不安を与える可能性があります。この場合は、「reduce」や「cut down」などの穏やかな表現を使うことも検討しましょう。

文脈に応じた適切な使い方

「slash」は強力な表現であるため、適切な文脈で使うことが重要です。以下のポイントを参考にしてください。

  • 適切な場面選び:
    「slash」は大幅な削減を意味するため、軽微な削減には適していません。例えば、「We decided to slash the budget by a small amount.(予算を少額だけ削減することにしました。)」は適切ではありません。この場合、「reduce」や「cut」を使う方が自然です。
  • ポジティブなニュアンスを加える:
    削減の必要性を説明しつつ、将来の展望や改善策を示すことで、ポジティブなメッセージを伝えることができます。例えば、「By slashing our costs, we can invest more in innovation and growth.(コストを削減することで、革新と成長にもっと投資できます。)」のように、削減のメリットを強調するとよいでしょう。
  • 相手の理解を促す:
    相手が「slash」の意味を正しく理解できるよう、具体的な例や理由を添えると効果的です。例えば、「We need to slash the marketing budget because of the economic downturn.(経済の低迷のため、マーケティング予算を削減する必要があります。)」のように背景を説明することで、理解を深めることができます。

 

「slash」を使う際には、これらの点に注意し、適切な文脈で使用することで、効果的なコミュニケーションを図ることができます。

 

 

まとめ

「slash」の重要ポイントの再確認

この記事では、ビジネスシーンでよく使われる「slash」という単語について詳しく学びました。以下に、重要なポイントを再確認しましょう。

  1. 「slash」の基本的な意味
    「slash」は動詞で、「切り下げる」や「大幅に削減する」という意味を持ちます。主に経費や価格、予算を大幅に減らすときに使われます。
  2. 具体的な使い方
    • コスト削減: 「We need to slash our expenses.
      (経費を削減する必要があります。)」
    • 価格の引き下げ: 「They decided to slash the prices by 20%.
      (彼らは価格を20%引き下げることを決定しました。)」
    • 予算の削減: 「The company slashed the marketing budget.
      (会社はマーケティング予算を削減しました。)」
  3. 使い方の注意点
    • 「slash」はネガティブな意味合いを持つことが多いので、使用する際には文脈に注意が必要です。
    • 削減の理由や背景を明確に説明することで、相手に理解を得やすくなります。

読者への励みと感謝

この記事を通じて、「slash」の意味や使い方についての理解が深まったことと思います。ビジネス英語は、日々の業務をより円滑に進めるために重要なスキルです。今回学んだ「slash」の使い方を、ぜひ実際のビジネスシーンで活用してみてください。

最後に、このブログを読んでくださった皆様に感謝申し上げます。皆様の学びや成長をサポートできることを嬉しく思います。これからも役立つ情報を提供していきますので、引き続きご愛読いただければ幸いです。何か質問やご意見がございましたら、ぜひコメント欄やお問い合わせフォームでお知らせください。

ありがとうございました!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム