確実な成果を出すならRYO英会話ジム

英会話で役立つI’dの省略形!適切な使い方をマスターしよう

こんにちはRYO英会話ジムです。今日は省略できる2パターン!I’dの意味とその使い方についてお話します。この省略パターンを知るだけでリスニング力アップにも繋がりますので是非覚えてください。それではまいりましょう。

 

 

「I’d」は何の省略形?

「I’d」は英語で「I would」や「I had」の省略形として使用されます。この表現は様々な文脈で使われるため、意味を正確に理解することが大切です。

  1. 条件を表す時(I would): 「I’d」が「I would」の省略形として使われる場合、仮定法や条件を示す文でよく見られます。例えば、「I’d go to the party if I were free」(もし時間があればパーティーに行くのに)のように使います。
  2. 過去完了を表す時(I had): 「I’d」が「I had」の省略形として使われる場合、過去完了時制を示す文で使われます。例えば、「I’d finished my homework before they arrived」(彼らが到着する前に宿題を終えていた)といった使い方をします。

 

 

無料トライアル実施中

発音

発音の仕方

「I’d」の発音は次のようになります:

  • アイド(/aɪd/)

この発音は、短い「アイ」の音に、無声の「d」音が続きます。英語の「I」は、「アイ」と発音し、その後に直接「d」の音が続くことがポイントです。

注意点

  • 発音の連続性: 「I’d」を発音する際には、「アイ」と「d」の間に余計な音が入らないように注意が必要です。この二つの音はスムーズにつながるべきです。
  • 声の強弱: 「d」の音は強く発音する必要はありませんが、発音がはっきりしていることが重要です。特に、「I would」と縮約した場合の「I’d」では、文の文脈によっては「d」の音が弱まることがあります。

以下のパターンも見ておきましょう。

  • he’d
  • she’d
  • they’d
  • we’d
  • it’d

 

またhadの省略に関しては、過去完了形やhad better ~のように助動詞の場合です。もちろん動詞hadを省略することもでき、その場合、I’d lunch yesterday.のように言うことができます。

練習方法

  • フレーズで練習する: 「I’d like to go」といったフレーズ全体を何度も繰り返し練習することで、自然なリズムと発音が身につきます。
  • リスニングの活用: ネイティブスピーカーが話す音声や映画、ドラマなどを聞き、実際の使用例を耳にすることも有効です。この練習を通じて、発音だけでなく、縮約形がどのような文脈で使われるかの感覚も養えます。

 

 

例文

シンガポールかパリのどちらに住みたいか聞かれて…

ウィル
I’d rather live in Singapore. (would rather)
むしろシンガポールに住みたいな。

 

 

友人の家に訪れて何を飲みたいか聞かれて…

アイヴァン
I’d like some tea. (would like)
お茶をいただきたいです。

 

 

今度ご飯でも行こうと言われて…

ウィル
I’d love to. (would love)
是非とも。

 

 

もう事務所を出たと思っていた同僚がいて…

ナオミ
I thought you’d gone already. (you had)
もういないと思ってた。

 

 

顔色が悪い同僚へ…

ウィル
You’d better leave work early. (had better)
早くあがったほうがいいよ。

 

 

どちらになるかは文脈で見分ける必要があります。またフォーマルな場面では使わないので、日常会話で使うようにしてください。

 

 

押させておくべき点

  1. 縮約の理解: 「I’d」は日常会話や非公式な文書で頻繁に使用される縮約形です。縮約形を使用することで、言語がより自然に聞こえ、ネイティブスピーカーとの会話がスムーズになります。
  2. 音の発音: 「I’d」は「アイド」と発音されます。この縮約形を使う際は、発音をクリアにして相手に正確に伝えることが重要です。
  3. 文脈による意味の違い: 「I’d」が「I would」または「I had」のどちらを意味しているかは、文脈によります。前後の文や状況から、どちらの意味で使われているのか判断する必要があります。たとえば、「I’d like to see that movie」では「I would」の意味で、「I’d seen the movie before」では「I had」の意味になります。
  4. ポリテネス表現: 「I would」の形を用いることで、依頼や提案をより丁寧に表現することができます。例えば、「I’d appreciate it if you could help me」といった表現は非常に礼儀正しい依頼の仕方です。

 

 

合わせて知っておきたい省略形

「I’d」に似た英語の省略形には、主に他の主語と助動詞の組み合わせがあります。これらの省略形は、会話やライティングで一般的に使われ、流暢さと自然さを与えます。いくつかの一般的な例を挙げます:

  1. He’d – 「He would」または「He had」の省略形。
    • 例: He’d like to come with us. / He’d gone before we arrived.
  2. She’d – 「She would」または「She had」の省略形。
    • 例: She’d prefer tea. / She’d finished the project.
  3. We’d – 「We would」または「We had」の省略形。
    • 例: We’d love to see that movie. / We’d been there before.
  4. They’d – 「They would」または「They had」の省略形。
    • 例: They’d enjoy the party. / They’d completed their homework.
  5. You’d – 「You would」または「You had」の省略形。
    • 例: You’d better hurry. / You’d seen it already.
  6. It’d – 「It would」または「It had」の省略形。
    • 例: It’d be nice to go out. / It’d been raining all day.

これらの省略形は、「I’d」と同様に、話者がもっと簡潔かつ自然に意見や事実を表現するのに役立ちます。また、これらを理解し適切に使うことで、英語のリスニングやスピーキングのスキルを向上させることができます。

 

 

 

 

省略に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が省略できる2パターン!I’dの意味とその使い方でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されています。プライバシーポリシー利用規約が適用されます

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム