似てるけど違う”wake up”と”get up”の違いとその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は似てるけど違う”wake up”と”get up”の違いとその使い方についてお話します。この記事を読めば今日より少し英語力がアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

似てそうで違う”wake up”と”get up”の違いとその使い方

今日は何時に起きたのか聞かれて…

ウィル
I woke up at 6, but I didn’t get up until 8.
6時には目が覚めてたんだけど、8時まで(ベットから)起きなかったんだ。

 

何時にいつも起きるのか聞かれて…

マイク
I get up at 8, but I usually wake up at 6:30.
8時に起きるんだけど、6時半には目覚めてるね。

 

「起きる」=get upと学校で学んだかと思いますが、実はwake upも「起きる」という意味で使うことができるのです。理由は日本語だと「おきる」には2つ意味があります。「眠りから覚める。」また、「目を覚まして床 (とこ) を離れる。」ですね。一方で英語では似ているようでそれぞれ意味がまったく異なります。wake upは「(眠りから)目が覚める」で、get upは「(寝床から)起き上がる」という意味にそれぞれなります。

例えば目が覚めたあとに、起き上がらずベットでゴロゴロなんかしていれば、get upとは言わないんです。なぜならまだ起き上がっていない状態だからですね。そんな時は、何時に起きたのか聞かれれば確実に”I woke up at 7.”のように言うべきでしょう。また目覚めたと同時にベットから起き上がった場合は、get upを使うとよいです。

 

 

発音ワンポイント

get up atやwake up atの発音については、カタカナ英語だと「ゲットアップアット」と言いますが、英語では普通の速さで「ゲラッパ」のような音になります。またwake up atも「ウェイクアップアット」ではなく「ウェィカッパ」のような音になります。ポイントはtの発音が弱くなることで最終的に音が変化するということになります。

 

 

wake 人 upも覚えておこう

またwake upに関連してwake 人 upで「人を起こす(目覚めさせる)」という意味で使うこともできます。以下の例文については代名詞であれば常にwakeとupの真ん中に置き、名詞であればどちらでも大丈夫です。

やっと赤ちゃんが寝たが、夫が電話で会社の人と大きめの声で話出して…

アイヴァン
Be quiet, or you will wake up the baby.
静かにして、そうしないと赤ちゃん起こしちゃうわよ。

 

お昼休みに仮眠したくて同僚に…

ウィル
Can you wake me up by 1:30?
1時半までに起こしてくれない?

 

 

「起きる」に関連する記事

”rise and shine”の意味とその使い方【朝起きたときに】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が似てるけど違う”wake up”と”get up”の違いとその使い方でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出