3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

会議で使える!ビジネス英単語 ‘deliberate’ の完全ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

はじめに:英単語「deliberate」を学ぼう

こんにちは、みなさん!今日は、ビジネスシーンでとても役立つ英単語「deliberate(ディリバレイト)」について学んでいきましょう。

「deliberate」という単語は、日常会話だけでなく、特にビジネスの場でよく使われます。この単語をしっかり理解することで、英語でのコミュニケーションがさらにスムーズになりますよ。

この記事では、「deliberate」の基本的な意味から、ビジネスでの使い方、そして覚えやすいフレーズまで、丁寧に説明していきます。一緒に楽しく学んでいきましょう!

それでは、始めていきましょう!

 

 

無料トライアル実施中

deliberateの基本的な意味と使い方

deliberateの定義と発音

まず、「deliberate」の定義と発音を確認しましょう。「deliberate」は動詞で、「熟考する」や「慎重に考える」という意味があります。発音は「ディリバレイト」です。

基本的な使い方と例文

「deliberate」は、何かを決める前にしっかりと考えるときに使います。たとえば、重要な決定をする前や、問題を解決するために深く考える場合などです。

例文1:

“We need to deliberate on this issue before making a decision.”
(この問題について決定を下す前に、よく考える必要があります。)

例文2:

“The committee will deliberate the proposal for several days.”
(委員会はその提案について数日間慎重に検討します。)

例文3:

“She took time to deliberate before answering the question.”
(彼女は質問に答える前に、熟考する時間を取りました。)

これらの例文から分かるように、「deliberate」は慎重に考えたり、議論したりする際に使われます。ビジネスの場では、会議や意思決定の際に非常に役立つ表現です。

 

 

ビジネスシーンでのdeliberateの使い方

ビジネス会議や交渉での使用例

ビジネス会議や交渉の場では、「deliberate」を使うことで、慎重に考える姿勢を示すことができます。以下にいくつかの具体例を挙げます。

例文1:

“We need to deliberate on this strategy before we proceed.”
(この戦略を進める前に、慎重に検討する必要があります。)

例文2:

“Let’s deliberate on the client’s feedback to ensure we address all their concerns.”
(クライアントのフィードバックについて熟考し、すべての懸念を解決するようにしましょう。)

例文3:

“The board will deliberate on the proposed budget changes in the next meeting.”
(次の会議で、取締役会は提案された予算の変更について検討します。)

これらの例文からも分かるように、「deliberate」を使うことで、重要な決定を下す前に慎重に考える姿勢を表現できます。

eメールや報告書での適切な使い方

eメールや報告書でも「deliberate」を使うことで、プロフェッショナルな印象を与えることができます。以下にその具体例を示します。

例文1:

“Dear team, we need to deliberate on the new project plan before finalizing it. Please review the attached document and provide your feedback.”
(チームの皆さん、新しいプロジェクト計画を最終決定する前に熟考する必要があります。添付の文書を確認し、フィードバックをお願いします。)

例文2:

“After deliberating on the market trends, we have decided to adjust our marketing strategy.”
(市場の動向を熟考した結果、マーケティング戦略を調整することにしました。)

例文3:

“In our next report, we will deliberate on the factors affecting our recent performance.”
(次の報告書では、最近の業績に影響を与えている要因について慎重に検討します。)

これらの表現を使うことで、eメールや報告書でも「deliberate」の意味を効果的に伝えることができます。ビジネスにおいて、慎重に考える姿勢を示すことは非常に重要ですので、ぜひ活用してみてください。

 

 

deliberateを使った英会話フレーズ集

よく使うフレーズとその意味

  1. “Let’s deliberate on this issue.”
    • この問題について熟考しましょう。
  2. “We should deliberate before making a final decision.”
    • 最終決定を下す前に慎重に考えるべきです。
  3. “After much deliberation, we have decided to proceed with the plan.”
    • 熟考の末、その計画を進めることに決めました。
  4. “The committee needs time to deliberate the proposal.”
    • 委員会はその提案について熟考する時間が必要です。
  5. “They spent hours deliberating over the details.”
    • 彼らは詳細について何時間も熟考しました。

実際の会話での使用例

会話例1:

  • A: “What do you think about the new project proposal?”
  • B: “I believe we need to deliberate on this issue before making a decision.”

(A:新しいプロジェクト提案についてどう思いますか? B:決定を下す前にこの問題について熟考する必要があると思います。)

会話例2:

  • A: “Have you reached a conclusion yet?”
  • B: “Not yet. We’re still deliberating over the possible outcomes.”

(A:もう結論に達しましたか? B:まだです。まだ可能な結果について熟考しています。)

会話例3:

  • A: “The board has decided to deliberate on the budget changes next week.”
  • B: “That’s good. It’s important to consider all aspects carefully.”

(A:取締役会は来週、予算変更について熟考することにしました。 B:それは良いことです。すべての側面を慎重に考えることが重要です。)

会話例4:

  • A: “Why is the decision taking so long?”
  • B: “The team is deliberating to ensure the best possible outcome.”

(A:なぜ決定にそんなに時間がかかるのですか? B:チームは最善の結果を確実にするために熟考しています。)

会話例5:

  • A: “After much deliberation, we’ve decided to move forward with the merger.”
  • B: “That’s a significant step. I hope everything goes smoothly.”

(A:熟考の末、合併を進めることに決めました。 B:それは大きな一歩ですね。すべてが順調に進むことを願っています。)

これらのフレーズと会話例を参考に、実際のビジネスシーンで「deliberate」を使ってみてください。慎重に考える姿勢を示すことで、より信頼されるコミュニケーションが取れるようになります。

 

 

deliberateの同義語と使い分け

他の似た意味の単語との比較

  1. Consider(考慮する)
    • 意味: 「考慮する」は何かを判断する前に、様々な要素を考えることを意味します。
    • 使用例: “We need to consider all the options before making a decision.”
    • 違い: 「consider」は幅広く使われ、比較的軽い意味合いが含まれることがあります。一方、「deliberate」は慎重さや深く考えることを強調します。
  2. Ponder(熟考する)
    • 意味: 「熟考する」は、特定の問題について深く考えることを意味します。
    • 使用例: “He pondered over the question for a long time.”
    • 違い: 「ponder」は個人的に物事を深く考えることを指すことが多いです。「deliberate」は個人でもグループでも使えますが、特に議論や会議での慎重な検討を示す場合に使われます。
  3. Contemplate(熟考する、瞑想する)
    • 意味: 「熟考する、瞑想する」は、深く考えたり、何かをじっくり考えることを意味します。
    • 使用例: “She spent hours contemplating the meaning of life.”
    • 違い: 「contemplate」は哲学的なテーマや人生の大きな問題について考える場合に使われることが多いです。「deliberate」はより実務的な問題や具体的な決定に対して使われます。
  4. Debate(議論する)
    • 意味: 「議論する」は、異なる意見を持つ人々が話し合うことを意味します。
    • 使用例: “The team debated the pros and cons of the new policy.”
    • 違い: 「debate」は議論そのものを指し、対立する意見を交わすことが中心です。「deliberate」はその議論の過程で慎重に考える行為を指します。

deliberateを使うべき場面の説明

「deliberate」を使う場面は、特に慎重に考えることが求められる状況や、重要な決定を下す前に深く検討する必要がある場合です。具体的な場面としては以下のようなシチュエーションが考えられます。

  1. 重要なビジネス決定
    • 例えば、新しいプロジェクトの開始、予算の配分、戦略的な方向性の決定など、企業の未来に大きな影響を与える決定を下す際に使います。
  2. 会議や委員会の議論
    • 例えば、委員会が新しい提案について議論し、最良の結論に達するために慎重に考える場合に適しています。
  3. 法的または倫理的な問題の検討
    • 例えば、法律に関する問題や倫理的なジレンマについて深く考える必要がある場面で使われます。
  4. 個人的な重要な決断
    • 例えば、キャリアの転換や大きな人生の決断を下す前に、自分自身で熟考する場合にも使えます。

「deliberate」を使うことで、あなたが慎重で責任感のある判断を下していることを示すことができます。この単語を効果的に使いこなすことで、ビジネスや日常生活において、より信頼されるコミュニケーションが実現できます。

 

 

まとめ:今日の学びを振り返って

記事のポイントのおさらい

今日はビジネスシーンで役立つ英単語「deliberate」について学びました。以下に、今日の記事のポイントをおさらいしましょう。

  1. deliberateの定義と発音
    • 定義: 熟考する、慎重に考える
    • 発音: ディリバレイト
  2. deliberateの基本的な使い方と例文
    • 「We need to deliberate on this issue before making a decision.」
    • 「The committee will deliberate the proposal for several days.」
    • 「She took time to deliberate before answering the question.」
  3. ビジネスシーンでのdeliberateの使い方
    • 会議や交渉での使用例
    • eメールや報告書での適切な使い方
  4. deliberateを使った英会話フレーズ集
    • よく使うフレーズとその意味
    • 実際の会話での使用例
  5. deliberateの同義語と使い分け
    • Consider, Ponder, Contemplate, Debateとの比較
    • deliberateを使うべき場面の説明

読者への応援メッセージ

みなさん、今日の記事を読んでいただきありがとうございます!「deliberate」という単語の使い方や意味について理解が深まったでしょうか?

英語の単語を一つ一つ学び、実際に使うことで、ビジネスシーンや日常生活でのコミュニケーションがどんどん上手くなります。最初は難しいと感じるかもしれませんが、繰り返し練習することで必ず自信がつきますよ。

これからも、英語の学びを続けていきましょう。皆さんの成長を応援しています!何か質問や相談があれば、いつでも気軽に聞いてくださいね。頑張ってください!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム