人や進捗に使える!”get along”の3つの意味とその使い方

こんにちはRYO英会話ジムです。今日は人や進捗に使える!”get along”の3つの意味とその使い方についてお話します。今回のフレーズは人間関係やビジネスの場で使えるとても便利な表現です。是非覚えて帰ってくださいね。この記事を読めば、語彙力がさらにアップします。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

人間関係に使える

新しい職場へ転職した兄へ…

ウィル
Who do you get along the most at work?
職場では誰と一番仲いいの?

 

兄弟仲いいのか聞くと…

リョウ
Mike and I don’t get along.
マイクと俺は仲良くないよ。

 

職場の人とはどうか聞かれて…

アイヴァン
I get along with everyone at work.
職場のみんなとは仲良くやってるよ。

 

get alongの一つ目の意味は「仲良くする」です。他の英語表現で言うと、be friendlyですね。例文をみていただくとわかりますが、「〜と」と表現する際は、前置詞withと一緒に使います。その場合get along with 〜となります。またイギリスではget alongの代わりにget onを使います。そもそも仲がよくなるのは相性がよいからなんですが、「相性がよい」をbe compatibleと表現します。こちらも一緒に覚えておきましょう。別記事絶対使える!「仲がいい」の英語表現5選とその使い方で解説しているので是非ご覧ください。

 

 

進捗や状況に対して使える

就職したばかりの息子へ…

ウィル
Are you getting along in your new job?
新しい仕事ではうまくやってるか?

 

2つ目は、「うまくやる」という意味です。特に仕事で人間関係に関わらず、仕事面に対してもすべて含めた意味で使われます。他の英語で表現するとdeal with 〜です。

スマホなしで生活できるか聞かれて…

ロバート
I can’t get along without a smartphone.
スマホなしでは生きていけないよ。

 

こちらも同じような意味ですが、withoutと一緒に伴うことが多く、can’t get along without 〜で「〜なしでは生きていけない」という表現がよく使われます。他の英語で表現するとmanage to surviveです。

 

 

まとめ

get alongを語るときに、まず最初に覚えてほしいのが、「仲良くする」です。その他、覚えられるようにであれば「うまくやる」や「〜なしでは生きていけない」も暗記しておきましょう。インプットできたら、今度はレッスンや実践の場でアウトプットしてくださいね。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に完全されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

get alongに関連する記事

カジュアルに使える!”tag along”の意味とその使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が人や進捗に使える!”get along”の3つの意味とその使い方でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出