ニュアンスで話せる!”but”と”however”の違いと使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

本日は、”however”と”but”の使い分けについて、ご紹介したいと思います。

今日からは、”but”と”however”を適切な場面でサラっと使えるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

“but”は接続詞だから、文頭におかない?

  • 文法的に正しい形
マイク
I wanna help you, but I can’t.
君を助けたいんだけど、できない。

 

 

 

  • 文頭におく”but”
マイク
All of them went by bus. But I went by bicycle.
みんなバスで行ったよ。でも僕は自転車で行ったんだ。

 

 

 

ナオミ
You shouldn’t see him anymore.
彼はもう会わないほうがいいよ。
アイヴァン
But I like him.
でも彼が好きなの。

 

 

接続詞と聞くと、”but”以外にも”or”や”so”、”and”などの代表的なものが思い浮かびます。

基本ルールとしては、これらは文と文、句と句、そして単語と単語をつなぐ役割をする接続詞です。

なので、文頭に”but”は持ってこれません

と、言いたいところですが、実際の使われ方はそこまで厳しくありません。

現代では、多くの英語圏のライターさんは、文頭にどうどうと持ってきて使っています。

さらに、洋画を見ていても、会話では頻繁に文頭に持ってきて使います。

なので、個人的にはそこまで厳しくならなくていいかなと思います。

 

 

“however”は副詞だから、文頭における

ナオミ
Robert has a lot of money. However, he is not happy.
ロバートはたくさんお金を持ってる。でも、彼は幸せじゃないよ。

 

 

一方で、”however”は副詞です。

副詞なので、文と文などをつなげる役割はしません。

だから、文頭に置くことができます。

また、置く場所も結構自由で、文頭以外によく文中に置くことがあります

マイク
She looks young. She, however, is actually over forty.
彼女若く見えるよね。彼女、でも、実は40歳を超えてるんだよ。

 

 

 

また、文末に置くこともできます。

でも最近では文末に置くのはあまり一般的ではないです。

 

 

“but”と”however”の使いわけは?

“but”は、比較的にカジュアルな表現です。

なので、“but”のほうが日常会話で頻繁に使われます

また、ビジネスの場でも同僚や社内の会議であれば、”but”を使うのが自然でしょう。

一方で、“however”は顧客先との会話やメールや文書などのフォーマルな場面で頻繁に使われます

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”however”と”but”の違いでした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。