「~の好みにうるさい」の英語表現とその2つの使い方

こんにちは、リョウです。

今日は、「~の好みにうるさい」の英語表現とその2つの使い方についてお話します。

この記事を読めば、表現力がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

「~の好みにうるさいんだ」を英語で言うと?

まずは、二人の会話を見てみましょう。

リョウ
How many ex girlfriends have you ever had?
今まで何人の子と付き合ったの?
マイク
I only had two. I’m picky about women.
二人だけかな。僕は女性の好みにうるさいんだ。

 

 

英語で「~の好みにうるさいんだ。」と伝えたい時は”主語+be+picky about ~.”と言います。

友人や同僚などと好き嫌いについて話すときによく使う便利な英会話フレーズです。

 

 

“picky”は”pick”から派生したもの

元は動詞の”pick”「選ぶ」 から来ています。

“picky” は形容詞で「えり好みする」という意味で、「(好みが)うるさい」、「選り好みする」、「好ききらいがある」という意味になります。

“chose”「選ぶ」から派生した”choosy”も同じ意味で使えますよ。

ただ、このフレーズはカジュアルな表現になりますので、場面を選んで使いましょう。

 

 

「こだわる」という意味でポジティブな意味でも使える!

好き嫌いが激しいということは、必要以上にある物事にたしいて気にするということなので、「こだわる」という意味でも使うことができます。

 

リョウ
Tessa is picky about what she wears.
テッサは着るものにこだわってるよね。
マイク
Yeah, she loves clothes.
うん、彼女は服が大好きなんだね。

 

 

 


 

いかがでしたか?機会があれば是非使ってくださいね。

それでは、また会いましょう!

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話ジムを運営中