買い物で「試着してもいいですか?」って英語で何て言う?今日からはこのフレーズを使ってショッピングを楽しめる!

「試着してもいいですか?」と英語で伝えたいときは、”May I try it on?”と言います。旅行先でショッピングに行った際に使える便利な英会話フレーズです。

 

まずは、二人の会話を見てみましょう。

リョウ
This looks nice. May I try it on?
これ素敵ですね。試着してもいいですか?
ナオミ
Sure, the fitting room is over there.
はい、試着室はあちらになります。

 

 

 

”try on”の意味

“try on 〜”で「〜を試しに着てみる」という意味になります。onのコアイメージは「接触」です。この場合、体に接触することになるので副詞”on”を使います。

 

名詞の位置

「〜」のところには、”try”の目的語として名詞が入りますが、名詞の位置に関しはちょっと注意が必要です。代名詞の場合は、”try”と”on”の間に挟むことができますが、”on”の後ろにおいて、”try on it”と言うことはできません。

マイク
Can I try on it?

 

一方で、代名詞ではなく名詞の場合は、”try”と”on”の間に入れてもいいし、”on”の後ろにおくこともできます。

マイク
May I try these pants on?
マイク
May I try on these pants?

 

 

フォーマルとカジュアルな伝え方

また相手に丁寧に依頼したいときは、”May I ~?”「~してもよろしいですか?」を使いましょう。カジュアルな雰囲気の服屋さんなら、カジュアルな感じで”Can I ~?”「~してもいいかな?」や「〜してもいいですか?」を使ってもいいでしょう。

マイクに例文を言ってもらいましょう。

マイク
Can I try this on?
これ試着してもいいですか?
マイク
Can I try these jeans on?
このジーンズを試着してもいいかな?

 

 

最後に、”please”をつければ丁寧な響

例えば、”Can I try this on?”の後ろに、”please”をつけて、“Can I try this on, please?”と言えば、「これを試着してもよろしいですか?」と丁寧なニュアンスになります。

“May I 〜?”と同じように使うことができますよ。

 

 

“these”や”those”も使いこなそう

今回のフレーズでは、代名詞”it”でご紹介していますが、それ以外に複数形の場合に使う”these”や”those”も使いこなせるようになっておきましょう。

 

複数の服を試着したいときや、そもそもズボンやジーンズは複数形で使うので、そういったときに複数形の代名詞が役に役立ちます。

マイクに例文を言ってもらいましょう。

マイク
May I try these jeans on?
このジーンズを試着してもいいですか?
マイク
Can I try those shoes on?
この靴を試着してもいいかな?

 

 

“I’d like to 〜.”でも置き換えられる

“May I 〜?”や”Can I 〜?”だけではなく、”I’d like to 〜.”を使って依頼することもできます。意味は「〜したいのですが。」となります。”want to 〜”「〜したい」の丁寧な表現です。

では、マイクに例文を言ってもらいましょう。

マイク
I’d like to try this jacket on.
このジャケッットを試着したいのですが。

 

 


 

いかかがでしたか?海外旅行先で機会があれば是非使ってくださいね。それでは、また会いましょう。

 

 

服屋さんで「私は~を探しています。」って英語で何て言う?今日からはこのフレーズを使って、探しているものを店員さんにサラッと聞ける!

2016.06.13

お店で「クレジットカードで払えますか?」って英語で何て言う?今日からはこのフレーズを使ってお会計もスムーズ!

2016.03.29

買い物で「ちょっと考えます。」って英語で何て言う?今日からはこのフレーズを使ってスムーズに店員さんとのやりとりができる!

2016.03.28
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。