RYOで学ぶ:パーソナル指導+高品質フィードバック

ビジネスで使う「上司」の英語表現とその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。「上司」を英語で表現するときに、”supervisor”という単語を聞くことはありますが、これ実際一般的にどれくらい使われるのでしょうか。今日はその辺りも含めて「上司」と言いたいときに使える英単語を紹介します。それでは一つずつ見ていきましょう。

 

 

「上司」の英語表現

boss

同僚へ…

マイク
My boss told me to finish up some paperwork till 6.
上司から6時までに書類作成を終わらすように言われたよ。
リョウ
Hang in there.
頑張って。

 

 

「Boss」はカジュアルに「上司」のことを表現する際に最も一般的に使用される言葉です。この用語は特に階層の位置を問わず、基本的に自分より上の役職の人全員に適用可能です。チームリーダーから社長(CEO)まで幅広い範囲のポジションに対して「boss」という言葉を使うことができます。しかし、「boss」の使用はその場の雰囲気や相手との関係によって異なるため、よりフォーマルな状況や特定の職業上の階級を正確に指し示す必要がある場合は、相応しい肩書きや敬称を用いるべきです。

例えば、ビジネスメールや会議で上司に言及する際は、「boss」よりもその人の正式な職位を使う方が適切である場合が多いです。同様に、職場の公式な文書や報告書では、相手のポジションを明確にするために具体的な役職名が推奨されます。

また、職場の文化や個人間の関係性によっても、「boss」という言葉の使用感は変わってきます。親しみを込めて「boss」と呼ぶ文化がある職場もあれば、もっと正式な呼び方を好む場所もあります。したがって、「boss」という言葉を使う際は、その環境や相手との関係を考慮することが重要です。

このように、「boss」は一般的で便利な言葉ではありますが、その使用は状況に応じて慎重に選択する必要があります。

immediate boss

同僚へ…

リョウ
My immediate boss knows what I’m good at.
僕の直接の上司は僕の得意分野を知ってるんだ。

 

 

こちらは、「直属の上司」に関する説明です。皆さんの中には聞いたことがある方もいるかもしれませんが、”immediately”という単語は「すぐに」という意味の副詞で、これから派生した形容詞である“immediate”は「直接の」という意味を持ちます。この文脈では、「直属の上司」とは、自分の業務に対して直接的な指導や管理を行う上司のことを指し、”immediate supervisor”と表現されます。つまり、“immediate”はここで「階層的に最も近い」というニュアンスで用いられ、物理的な距離ではなく、組織内での直接的な関係性や影響力を示しています。

“immediate”は他の文脈では「即座の」や「緊急の」という意味でも用いられますが、組織やチームにおける人間関係の文脈では、「直接的な」または「最も近い」という意味で使われることが一般的です。この用法は、ビジネスの世界において特に重要で、明確なコミュニケーションと効率的な意思決定のプロセスを確保するために役立ちます。

big boss

武陵へ…

アイヴァン
What did you do after work yesterday?
昨日、仕事の後何したの?
マイク
I had dinner with my big boss.
部長と食事したよ。

 

 

直属の上司よりも上位に位置する上司に対しては、「big boss」という表現が使われることがあります。この表現は、組織内でより大きな権限や責任を持つ人物、しばしば会社の最高経営責任者(CEO)や他の高位の役員を指す際に用いられます。非公式の文脈や親しみを込めて使用されることが多く、その人物が組織内で重要な立場にあることを示します。

  • 使用上の注意: 「big boss」はカジュアルな表現であるため、ビジネスの文書や公式の場では使用を避け、代わりに「senior manager」「executive」などの正式な肩書を用いることが適切です。
  • 文化的差異: 組織の文化や国によっては、「big boss」を使うことが不適切と見なされる場合があります。したがって、この表現を使用する前に、受け手の文化的背景や組織の慣習を考慮することが重要です。
  • 関連表現: 「big boss」の他にも、「head honcho」や「top brass」など、権力のある人物を指すためのさまざまな非公式の表現が存在します。これらの表現も同様に、使用する文脈や聞き手に応じて慎重に選ぶ必要があります。

supervisor

オフィスの喫煙所で…

マイク
Who is your supervisor?
君の上司は誰?
ナオミ
It’s Ms. Jade.
ジェイドさんだよ。

 

 

 

“boss”と”supervisor”の違いに関しては、両者はしばしば異なる文脈やニュアンスで使用されます。一般的に、「boss」はよりカジュアルな表現であり、どんな管理職や指導者、上司を指す際にも使われることがあります。これに対して「supervisor」はよりフォーマルな表現であり、特定の職務や役割、特に従業員の日常業務の監督を行う立場の人を指すことが多いです。

「supervisor」の役割は、「監督者」と訳されることがあり、職場における具体的な職務や責任を含むことが多いです。この用語はビジネス文書や公式な場面で頻繁に使用され、チームリーダーやセクションリーダー、場合によっては部門の責任者を指す場合があります。一方、「boss」は社長から直接の上司まで、幅広いポジションの人物を指すことができるため、使用範囲が広いと言えます。

重要なのは、これらの言葉が指す具体的なポジションや職務内容は組織や文化によって異なる場合があることです。また、「boss」は非公式の会話や一般的な言及に使われることが多く、親しみやすさや尊敬を表現する際にも用いられます。対照的に、「supervisor」は職務の範囲や責任が明確に定義されている場合に選ばれることが一般的です。

したがって、これらの用語を使用する際には、その文脈や相手の立場、そして文化的な背景を考慮することが重要です。

Manager

ウィル
My manager has been very supportive.
私のマネージャーはとてもサポートしてくれる。

 

 

「Manager」という用語は、直属の管理職やチームリーダーを指す際に頻繁に使用されます。この言葉は、組織内で特定のチームや部門を指揮し、従業員の監督や業務の管理を行う人物を表します。マネージャーは、プロジェクトの進行状況の監視、目標の設定、チームのパフォーマンスの評価、リソースの配分など、多岐にわたる責任を担います。

 

 

似たような表現

これらの役職は、組織内で異なるレベルの責任と権限を持っています。DirectorとExecutiveはより広範な戦略的な役割を担い、Team Leaderはより具体的なプロジェクトやタスクに集中します。各役職は組織の成功に不可欠な役割を果たし、その機能と責任の範囲は企業や業界によって異なります。

1. Director

  • 例文: “The Marketing Director is responsible for overseeing all marketing activities within the company.”
  • 和訳: マーケティングディレクターは、会社内のすべてのマーケティング活動の監督を担当しています。
  • 解説: 「Director」は、会社の特定の部門やセクションの責任者を指します。この役職にある人は、その領域における戦略の立案と実行、チームの管理、目標達成に向けたリーダーシップを提供する責任があります。

2. Executive

  • 例文: “The company’s executives are meeting to discuss the upcoming merger.”
  • 和訳: 会社の経営者たちは、今後の合併について議論するために会合しています。
  • 解説: 「Executive」は、企業の高い立場の経営者や役員を指し、会社の方向性や戦略の決定に深く関与します。彼らは、組織全体の成功に向けて重要な決定を下し、ビジョンとリーダーシップを提供します。

3. Team Leader

  • 例文: “Our team leader organized a meeting to discuss the project’s progress.”
  • 和訳: チームリーダーは、プロジェクトの進捗を議論するために会議を組織しました。
  • 解説: 「Team Leader」は、特定のプロジェクトやタスクを管理する小さなチームのリーダーを指します。この役職にある人は、チームの日々の活動の管理、メンバーのサポートと指導、プロジェクトの目標達成を目指す責任を持ちます。

 

 

関連する語彙とその例文

これらの表現は、職場での人間関係の複雑さと、それぞれの役割がチームのダイナミクスや個人のキャリア成長にどのように影響を与えるかを理解するのに役立ちます。部下、同僚、メンターとの関係は、職場の成功と個人の満足度に直接関連しています。

1. Subordinate(部下)

  • 例文: “I have five subordinates reporting to me.”
  • 和訳: 私には5人の部下がいる。
  • 解説: 「Subordinate」は、ある人が管理や指導を行う立場にある他の人を指します。この場合、例文は管理者が5人の従業員を監督している状況を表しています。部下という言葉は、組織内の階層や責任の構造を示唆しており、報告関係や指示系統を明確にします。

2. Colleague(同僚)

  • 例文: “I enjoy working with my colleagues.”
  • 和訳: 私は同僚と一緒に働くのが好きだ。
  • 解説: 「Colleague」は、同じ職場や組織に所属する人々を指します。この表現は、職場での協力関係やチームワークの重要性を強調しています。同僚間の良好な関係は、職場の雰囲気を改善し、生産性を高めることに寄与します。

3. Mentor(メンター)

  • 例文: “My mentor at work helps me navigate my career path.”
  • 和訳: 職場のメンターがキャリアパスを進むのを助けてくれる。
  • 解説: 「Mentor」は、経験や知識を持ち、他人の成長や学習をサポートする人を指します。この場合、メンターは職場でのキャリア開発や職業上の課題に対する助言を提供しています。メンター関係は、個人のスキル向上や自己実現に大きく貢献することがあります。

 

 

役に立つ表現

単語ではなく、文でシンプルに表現することもできます。よく使われるのを3つ紹介しますね。

I work under 〜.

「〜の下で働く」という意味で、ある上司の下で働いていることを表します。

多部署の同僚に…

マイク
Who do you work under?
誰の下で働いてるの?
リョウ
I work under Mr. Robert. He is the head of my department.
ロバートさんの下で働いてるよ。彼が部長なんだ。

 

 

This is my 〜.

自己紹介をするときにも使うこのフレーズですが、上司を紹介するときにもこちらを使うことができます。この場合、「〜」の部分には役職名を入れるだけでオッケーです。

元同僚に道で会い…

リョウ
This is my sales manager.
私の営業部長です。

 

 

He/she is my 〜.

同じく、代名詞”this”の代わりに”he”やshe”もよく使います。

パーティーで…

マイク
He is my CEO.
彼が私の社長です。

 

 

 

押さえておきたいポイント

  • 上司を指す表現は、その人の役職や責任の範囲によって異なることがあります。適切な言葉を選ぶことが重要です。
  • 文化や企業によっても、上司を指す言葉のニュアンスが異なることがあるため、コンテキストを理解することが大切です。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

同僚に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。「上司」という言葉一つをとっても、英語にはさまざまな表現が存在します。これらの表現を上手く使い分けて、よりスムーズなビジネスコミュニケーションを目指しましょう。以上が「上司」を英語で表現したいときに使える英単語とフレーズでした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース