「とても退屈」のかっこいい英語表現2選とその使い方【死ぬほどなときに】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は「とても退屈」のかっこいい英語表現2選とその使い方【死ぬほどなときに】についてお話します。この記事を読めば、かっこよく英語を使えるようになります。それでは、まいりましょう。

 

 

「とても退屈」のイディオム表現2選とその使い方

bored to death

マイク
How was your class today?
今日の授業はどうだった?
リョウ
I was bored to death.
めちゃ退屈やったわ。

 

die of boredom

ロバート
How was the meeting earlier?
さっきのミーティングはどうだった?
マイク
I pretended to listen, but I was dying of boredom.
聞いているふりしてたんだけど、かなり退屈だったね。

 

「とても退屈な」と言いたいときは、カジュアルなイディオム表現として”bored to death”または”die of boredom”がよく使われます。日本語でも「死ぬほど退屈」と言われることがありますがニュアンスはそれと同じだと思っていいですよ。”bored to death”の他に”bored to tears”も同じように使われますよ。2つ目の表現に関しては、応用ができ、“boredom”の代わりに”thirst”「喉のかわき」や”hunger”「空腹」を使えば、”be very thirsty”や”be very hungry”という意味で使うこともできます。

リョウ
I’m dying of hunger.
死ぬほどお腹すいたわ。
ロバート
I almost died of thirst.
死ぬほど喉がかわくところだったよ。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が「とても退屈」のかっこいい英語表現2選とその使い方【死ぬほどなときに】でした。それでは、See you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出