「そっちのほうがいい」”That is better”をネイティブらしく言うと?

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”That is better.”をネイティブ風に言った場合の表現についてお話します。この記事を読めばネイティブのような言い回しができるようになります。それではまいりましょう。

 

 

「そっちのほうがいい」をネイティブらしく言うと?

ショッピングモールで…

ナオミ
Do you think Mike will like this blue colour?
この青色マイク気にいると思う?
アイヴァン
I know he likes blue, but that’s a bit too bright for him, isn’t it?
彼が青色好きなのは知ってるけど、それちょっと彼には明るすぎない?
ナオミ
Okay. How about this one? I like this one better actually.
そっか。これはどう?実はこっちのほうが好きなの。
アイヴァン
Yeah, that’s more like it.
うん、そっちのほうがいいよ。

 

 

「そっちのほうがいい。」を英語で言うと”That is better.”ですがこれをネイティブ風に言うと”That’s more like it.”となります何かが前よりよくなったときにネイティブがよく使うイディオム表現です。”it”が指しているものは、話し手が「理想とするもの」です。上の会話の場合で言うと、アイヴァンが理想としていたものと近かったので、”That’s more like it”と言っています。”That’s better”ともちろん表現してもいいですが、カジュアルな会話の中で、”That’s more like it.”をサラッと言えると英語上級者といった感じですね。

 

 

“like”の品詞は?

この”like”は動詞の「好き」という意味ではなく、前置詞の「〜のような」という意味になります。後ろに”it”が来て、”like it”で形容詞の働きをしています。“that”=”like it”がイコールの関係になっているので、補語と言えますね。

 

 

“more”は副詞?

副詞は、主に動詞や副詞、形容詞などに修飾します。今回の場合だと、”like it”を形容詞のかたまりと考えれば、形容詞に修飾している副詞”more”と考えることができます。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に完全されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

more likeに関連する記事

”more like”の意味と5つの使い方【どちらかと言うと】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”That’s better.”をネイティブ風にいう表現でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出