必須4フレーズ!「いろいろあって」って英語で何て言う?

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「いろいろあってね。」の英語表現についてお話します。

この記事を読めば、友人や同僚との会話の幅がさらに広がります。

それでは、まいりましょう。

 

 

「いろいろあってね」を英語で言うと?

「いろいろあってね。」と英語で伝えたいときは、”It’s a long story.”と言います。

 

まずは二人の会話を見てみましょう。

マイク
How are things going with your girlfriend?
彼女とはうまくいってる?
スタローン
We actually broke up last week.
実は先週別れたんだ。
マイク
What happened?
何があったの?
スタローン
It’s a long story. I’ll tell you next time while drinking.
色々あってね。今度飲んでるときに話すよ。

 

 

 

“It’s a long story”の意味と使い方

“It’s a long story.”の意味をイメージしてみましょう。

ながーい話ということは、いろいろあったということです。

だらか、「いろいろあってね」という意味になります。

または「話せば長くなるんだ。」となります。

カジュアルな表現なので、友人や同僚など親しい相手に使いましょう。

使い方はシンプルにこうです。

  • 何か複雑なことがあって、話すと話が長くなるので、短く伝えたいとき

 

 

ナオミ
Why did you quit your job?
なんで仕事やめたの?
マイク
It’s a long story.
いろいろあって。

 

 

 

ダイレクトに伝えるなら、この2つ

「いろいろあって」は間接的な言い方ですが、相手にダイレクトに伝える方法も2つあります。

 

マイクに例文を言ってもらいましょう。

マイク
Let’s not talk about this.
それについて話さないでおこう。

 

 

 

マイク
I can’t really say it.
あまり言えないな。

 

 

 

手短に伝えたいなら、これ!

“It’s a long story.”と言った後に、「手短に言えば、〜。」と伝えたいときは、”to make the(a) long story short, ~.”を使いましょう。

 

では、先ほどの二人の会話を少し変えて、見てみましょう。

 

マイク
What happened?
何があったの?
スタローン
It’s a long story. To make the long story short, we couldn’t understand each other well.
色々あってね。手短に言えば、お互いのことをよく分かり合えなかったんだ。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

機会があれば使ってみましょうね。

それでは、また会いましょう!

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業。現在はマニラを拠点にして海外を旅しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。