3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「You never know」の使用例:明日何が起こるか、誰にも分からない

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちは!RYO英会話ジムのリョウです。本日は、「You never know」のフレーズが持つ意味と、それをどのように使えば「将来に起こり得る未知の可能性」を表現できるのかについて深掘りしていきます。このセッションを通じて、あなたの英語力が一段と向上すること間違いなしです。それでは、さっそく始めてみましょう。

 

 

意味

「You never know.」というフレーズは、未来の出来事や結果は予測不可能であるという意味を表します。直訳すると「あなたは決して知ることはない」となりますが、この表現は「何が起こるかわからない/起こり得る」「予期せぬことが起こる可能性がある」というニュアンスで使われます。

このフレーズは、人生の不確実性や予測不可能な出来事に対する一般的なコメントとして使用されることが多いです。特に、機会に対して楽観的な姿勢を示す際や、あるアクションを取るべきかどうかを決める時の励ましとして使われることがあります。

 

 

無料トライアル実施中

使う場面

  1. 機会や可能性について話している時
    • 例:誰かが新しいことに挑戦するかどうか迷っている時、「You never know, it might turn out to be a great opportunity.」(やってみないとわからない、素晴らしい機会になるかもしれないよ。)
  2. 予測できない結果について言及する時
    • 例:スポーツの試合の結果を予想する際、「You never know, the underdog might just win this time.」(何が起こるかわからない、この時はアンダードッグが勝つかもしれない。)
  3. 希望を表現する時
    • 例:望ましいが確実ではない結果を願って、「You never know, things might change for the better.」(何が起こるかわからない、事態が好転するかもしれない。)
  4. 人生の不確実性を受け入れる時
    • 例:未来に対する不確かさを認識して、「Life is unpredictable. You never know what’s around the corner.」(人生は予測不可能だ。角を曲がった先に何があるかわからない。)
  5. 誰かを励ます時
    • 例:友人が落ち込んでいる時に、「Keep trying. You never know, your luck might change soon.」(諦めずに続けて。運がすぐに変わるかもしれないよ。)

このフレーズは、人生の予測不可能性を受け入れ、開かれた心で未来に向かうことの大切さを表現するのに役立ちます。また、相手に希望を持たせたり、新しい試みへの勇気を与えたりする際にも使われます。

 

 

例文

友人が宝くじは当たらないと言っていて…

マイク
You never know. You might win the lottery.
わからないよ。当たるかもしれないじゃん。

 

 

みんなで週末会うことになり…

ナオミ
Why don’t you ask your crush to join us?
君の好きな人も誘ってみたら?
リョウ
I don’t think she will come.
来ないと思うよ。
ナオミ
You never know. She might come with us.
まだわからないよ。来るかもしれないじゃん。

 

 

前々から入りたい会社の最終面接が終わり…

アイヴァン
I don’t think I passed the interview, but you never know right?
最終面接受かったとは思わないけど、どうなるかわからないよね。
リョウ
That’s right. Let’s keep our fingers crossed.
そうやで。幸運を祈ろう。

 

 

 

返答へのバリエーション

「You never know.」への返答としては、様々なアプローチがあります。ここでは、ポジティブな返答、同意の返答、または探究心を示す返答をいくつか紹介します。

ポジティブな返答

  • “That’s true, anything is possible.”(確かに、何でもあり得るね。)
    • 希望やポジティブな展望を示します。
  • “Exactly, we should always keep an open mind.”(まさにその通り、いつも心を開いておくべきだね。)
    • 不確実性を受け入れ、柔軟な思考を促します。

同意の返答

  • “Indeed, life is full of surprises.”(本当に、人生は驚きに満ちている。)
    • 「You never know.」の感覚に共感を示します。
  • “I agree, we can’t predict everything.”(同感だよ、全てを予測することはできないからね。)
    • 不確実性の現実を認めます。

探究心を示す返答

  • “So, we should always be prepared for the unexpected, right?”(だから、いつも予期せぬことに備えておくべきだよね?)
    • 未知への準備や好奇心を促します。
  • “Makes you wonder what’s around the corner.”(何が待ち受けているか、考えさせられるね。)
    • 未来に対する好奇心や想像力を刺激します。

「You never know.」という表現は、人生の不確実性や無限の可能性を思い出させるものです。そのため、返答は、会話の流れや自分の感情、相手との関係に応じて選ぶことが大切です。

 

 

“You never know till you try”も一緒に覚えておこう

人生1度きりなので、迷ってやらないよりかはやったほうがいいですよね。そんなときにこのフレーズがぴったりです。決めつけてしまう前にまずやってみることを習慣にするのは素敵ですね。

歌はすきだけど..

マイク
I’ll never be able to sing well.
僕が上手に歌なんて歌えるようにならないよ
ナオミ
You never know till you try.
やってみないとわからないよ。

 

 

「You never know till you try」という表現は、「試してみなければわからない」という意味を持ちます。このフレーズは、何か新しいことに挑戦する前に結果を予測することは難しいという考えを表現しています。つまり、実際に行動を起こしてみないと、その可能性や成果、自分にとっての意味や価値はわからないということです。

この表現は、特に以下のような文脈でよく用いられます:

  • 新しい経験や挑戦を促すとき:人が新しい活動や挑戦に躊躇している場合、このフレーズを使って、未知のことに対する恐怖を克服し、試してみる勇気を与えることができます。
  • ポジティブな姿勢を奨励するとき:失敗を恐れて何も行動しないよりも、試みることの価値を強調します。成功の可能性があることを思い出させ、積極的な姿勢を促します。
  • 探究心を刺激するとき:新しい知識やスキルを学ぶこと、未知の分野に足を踏み入れることの重要性を示唆します。

「You never know till you try」は、人生において多くのことが試みと経験によってのみ明らかになるという普遍的な真実を表しています。この表現は、不確実性を恐れずに前進することの大切さを思い出させる励ましの言葉として役立ちます。

 

 

似た英語表現

1. Anything can happen.

  • 例文: “We should still try to win the game. Anything can happen.”
  • 和訳: 「まだ試合に勝とうと努力すべきだ。何が起こるかわからない。」
  • 解説: このフレーズは、「You never know.」と同様に、未来には予測できない出来事が起こりうることを示しています。特に、ある状況が絶望的に見える時でも、可能性はゼロではないという希望を表現する際に使われます。

2. Life is full of surprises.

  • 例文: “He never thought he’d move abroad, but life is full of surprises.”
  • 和訳: 「彼は海外に移住するとは思っていなかったけれど、人生は予想外のことでいっぱいだ。」
  • 解説: 人生が予期せぬ出来事で満ちていることを強調する表現です。「You never know.」と同じく、このフレーズは未来が予測不可能であることを受け入れ、開かれた心でいることの重要性を示唆しています。

3. Never say never.

  • 例文: “I never thought I’d go back to school at my age, but never say never.”
  • 和訳: 「この年で学校に戻るとは思っていなかったけれど、絶対にあり得ないとは言えない。」
  • 解説: このフレーズは、どんな状況でも完全に何かが不可能だと決して言わないべきだという考えを表しています。「You never know.」と類似しており、未来に対する開かれた態度や柔軟性を促す言い回しです。

 

 

関連英単語

  1. Uncertainty(不確実性): 未来や何が起こるかわからない状態を示します。
  2. Possibility(可能性): 何かが起こる可能性があることを指します。
  3. Unpredictable(予測不可能な): 事前に予測することができないことを表します。
  4. Chance(チャンス): 何かが起こる可能性、または機会。
  5. Fortune(運命): 人生で起こる出来事や状況に対する運や運命。
  6. Risk(リスク): 望ましくない結果が生じる可能性。
  7. Opportunity(機会): 新しい体験や成果を達成するための状況や時点。
  8. Fate(運命): 人生の事象や状況が予定されているとされる考え方。
  9. Luck(運): 偶然の良い結果を指します。
  10. Mystery(ミステリー): 解明されていない事柄や不思議な状態。

これらの単語は、「You never know.」という考え方に密接に関連しており、人生の不確かさや予測不可能性、そしてそれに伴う可能性に焦点を当てた会話や思考に役立ちます。

 

 

 

 

knowに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が”You never know”の意味とその使い方【将来起こるかも】でした。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム