短期集中:パーソナル指導+高品質フィードバック

「その場でなんとかする」を英語で?「Wing It」の活用法

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。日常会話やビジネスシーンでよく耳にする「wing it」というフレーズ。一体これはどんな意味なのでしょうか?この表現の魅力と使用法を一緒に探ってみましょう。それでは、まいりましょう。

 

 

「Wing It」の意味

「Wing it」は、文字通りには「翼を持っている」という意味ですが、英語のイディオムとしては「即席で対処する」「準備なしに進める」という意味で使われます。この表現は、本来必要とされる準備や練習をせずに、直感や即興の力を頼りに任務や課題をこなす状況を指します。つまり、予定やプランがない状態で、その場の状況や手持ちのリソースを最大限に活用して問題を解決しようとする行動を表現するのです。

 

発音

発音については”wing it”の”t”の音が弱まるので「ウィンギィ」という音になります。そしてingがついた場合は早口になると”g”が弱まり、”wing-in”のように「ウィンギン」のようになることを覚えておくとネイティブの発音も聞き取れるでしょう。

 

使う場面

「Wing it」は、以下のような多様な場面で使用されます。

  1. プレゼンテーションやスピーチ: 準備時間が不足している、または全く準備ができていないにも関わらず、聴衆の前で話す必要がある時。スピーカーは自身の経験や知識を即興で引き出して対応します。
  2. 試験やテスト: 学習時間が足りなかった場合、生徒や学生がテストに臨む際に「wing it」が用いられることがあります。ここでは、授業中に得た知識や推測を駆使して問題に答えることを指します。
  3. 社交的な集まりやイベント: 具体的な計画がないままに友人との集まりやパーティーに参加する時、参加者はその場の流れに身を任せ、「wing it」で楽しむことになります。
  4. 仕事上のミーティングやプロジェクト: プロジェクトの期限が迫っているが、完全な準備ができていない場合、チームメンバーは利用可能な情報やリソースを用いて、計画なしにプロジェクトを進めなければならないことがあります。

この表現は、特に計画性が求められる状況で、予期せぬ障害や時間の制約に直面した時に、柔軟性と創造力を発揮する必要がある場合に適しています。しかし、全てが「wing it」で上手くいくわけではないため、この戦略を適用する際は、その場の状況を正確に把握し、可能な限り最善の結果を得られるよう努力することが重要です。

 

 

”wing it”の意味とその使い方【かっこよく話せる】

明日プレゼンがあることをすっかり忘れていて…

マイク
I’ll just have to wing it.
場当たり勝負しないといけないだろうね。

 

 

ミーティングがあることを知らず…

リョウ
Since I didn’t have time to prepare, I’ll be winging it.
準備する時間がなかったから、成り行きに任せるわ。

 

 

明日のテストに向けて勉強したか聞かれて…

ナオミ
Not at all. I’m just gonna wing it.
全然。運に任せるわ。

 

 

その他例文

  • 英文: “I forgot to prepare for the presentation, so I’ll just have to wing it.”
    • 日本語訳: 「プレゼンの準備を忘れちゃったから、その場でなんとかするしかないな。」
  • 英文: “We didn’t have a script, but we decided to wing it and the play turned out great.”
    • 日本語訳: 「台本がなかったけど、即興でやることにして、結果的には素晴らしい劇になった。」
  • 英文: “Without any rehearsal, the band had to wing it at the concert.”
    • 日本語訳: 「リハーサルなしで、バンドはコンサートで即興をしなければならなかった。」

 

マイク
I’m wingin(g) it.

 

 

同じような表現に”play it by ear”というのがありますが、こちらについては別記事“play it by ear”の意味とその使い方よりどうぞご覧ください。

 

 

似たような表現とその使い方

「Wing it」のほかにも、日常会話やビジネスシーンで役立つ似たような表現がいくつかあります。これらの表現は、予期せぬ状況に柔軟に対応する能力を示すのに適しています。ここで、それぞれの表現の使い方と例文を解説します。

Improvise(即興で対応する)

「Improvise」は、計画や準備がない状態で、創造性や利用可能なリソースを用いて問題を解決する行為を指します。この表現は、「Wing it」と同様に柔軟性と即興の才能を強調しますが、特に芸術的または創造的な文脈でよく使用されます。

  • 例文: “The chef improvised a dish with what was left in the fridge.”
    • 解説: この例では、シェフが冷蔵庫に残った食材を使って新しい料理を即席で作り出したことを示しています。計画されたレシピがない状況で、利用可能なものを最大限に活用した例です。

Play it by ear(状況に応じて対応する)

この表現は、あらかじめ決められた計画に固執せず、状況が変化するにつれて柔軟に対応することを意味します。音楽演奏で楽譜を見ずに演奏することから来ていますが、日常生活での意思決定にも適用されます。

  • 例文: “Let’s play it by ear and decide whether to go out based on the weather.”
    • 解説: この例では、天気という変わりやすい要素に基づいて行動を決定する柔軟性を示しています。事前の計画を立てずに、その時の状況に合わせて決定します。

Go with the flow(流れに任せる)

「Go with the flow」は、抵抗せずに状況の自然な流れに身を任せることを意味します。この表現は、特に予定がなく、出来事や他人の意見に対してオープンでいることを示す時に用いられます。

  • 例文: “We didn’t have any plans, so we just decided to go with the flow for the day.”
    • 解説: ここでは、特定の計画を立てずに日を過ごす決定をしたことが示されています。このアプローチは、柔軟性が高く、予期せぬ楽しみや機会を受け入れる姿勢を反映しています。

これらの表現は、特定の状況や文脈に応じて適切なものを選んで使用することが大切です。「Wing it」と同様に、これらのフレーズは日常生活での不確実性や変化に対応するための柔軟な思考と行動の重要性を強調しています。

 

 

関連する語彙

Ad-lib: 即席で話すこと

“The actor ad-libbed his lines after forgetting them.”

「俳優はセリフを忘れた後、即席で話した。」

Off the cuff: 準備なしに、即座に

“He gave an off-the-cuff speech that impressed everyone.”

「彼は準備なしで即座にスピーチをし、皆を感動させた。」

 

 

押さえておきたいポイント

「Wing it」は非公式の状況や友人との会話でよく使われますが、ビジネスシーンでは少しカジュアルすぎるかもしれません。相手や状況を考えて、適切な表現を選ぶことが大切です。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

「計画」に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。「Wing it」は、予期せぬ状況に柔軟に対応する力を示す表現です。このフレーズをうまく使いこなして、日々のコミュニケーションをより豊かにしていきましょう!以上が、”wing it”の意味とその使い方【かっこよく話せる】でした。それでは、See you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース