vibesとvibeはどのように使い分けるのですか?

こんにちは、リョウです。

コメントいただきありがとうございます。

下の記事についてコメントをいただいたので、それを記事にさせていただきました。

 

英語で「雰囲気」="atmosphere"ではないよ!「雰囲気」と言いたいときに必ず使える日常英単語3選

2017.01.08

 

今後の英語学習にどうぞご参考にしてください。

“vibes”と”vibe”の使い分けですが、基本的な考え方としては、雰囲気が1つなのか、またそれ以上なのかで判断すれば問題ありません。

話し手次第なところはあります。

記事の中にある会話で簡単に説明すると、

He gave off negative vibes.
彼からネガティブなオーラが出てたね。

話し手は、「彼」から悲しいオーラや悲観的なオーラ、そして憂鬱なオーラと様々なオーラを感じられたことが予想できます。

または、そういったいろんな種類のネガィテブオーラをひとまとめにして”negative vibes”ということもあります。

“I like dogs.”と同じですね。

犬にもいろんな種類があります。

でもそれらをひとまとめ”dogs”にして、犬が好きといいます。

なので、複数を表す”s”をつけています。

ただ、例えば、彼から悲しいオーラだけがでていることをイメージしてみましょう。

そうすれば、単数で“a negative vibe”と言えるでしょう。

その場合、特定して”a sad vibe”ということもあります。

 

もう一つ例を取り上げましょう。

I wanna have dinner in a place with a good vibe.
いい雰囲気の場所で食事をしたいな。

こちらは、”a place”とはお店のことをさしています。

話し手からすると、お店の雰囲気は、1つだということです。

例えば、

スタッフも店長も一生懸命で、それでいて楽しいそうに働いています。

それが、そのお店の1つの雰囲気であるということがイメージできます。

一方で、その店が、お昼はカフェをやっていて、夜はバーなら、店の雰囲気がまた違ってきます。

どちらもよい雰囲気とすれば、

そういうときは、“The restaurant has good vibes.”と言えるでしょう。

また、そういった状況にかかわらず、「いろんな種類のよい雰囲気」をひとまとめにして、そのお店のよい雰囲気を、”good vibes”ということもできます。

このように総称して言いたいときも、複数形にすることができます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

その他にもご不明な点あれば、どうぞお気軽にコメントください。

それでは、See you around!

友達にシェアして教えてあげる

RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中