3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

日常英会話に活かす!「tired of」と「tired from」の違い

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。皆さん、こんにちは!今日は、英語の表現「tired of」と「tired from」についてお話ししましょう。これらのフレーズはよく使われますが、意味と使い方が少し異なります。日本語で簡単に説明していきますね。

 

 

tired “from”のあとは「疲れの原因」

夫が仕事から帰ってきて…

ナオミ
Welcome back! You’re late today.
おかえり!今日は遅かったね。
マイク
Yeah, I had to finish my task. I’m tired from working all day.
うん、業務を終わらせないとダメだったんだ。一日中働いて疲れたよ。

 

 

“I’m tired from 〜.”は「〜して疲れた。」という意味です。ある行為をして肉体的に疲れたときに使うフレーズです。なのであくまでも肉低的にです。その行為自体に飽きたりうんざりした場合には使えません。上の会話だと一日中仕事をして体力が消耗して疲れたということを表しています。

前置詞”from”の後ろは動名詞か名詞

“from”は前置詞なので、後ろに動名詞または名詞がきます。動名詞ではなく”I’m tired of work all day.”のように、動詞の原形を持ってきてしまうミスがよくあるので気をつけてくださいね。”from”に限らず、”of”も同じです。動名詞と名詞、この二つを意識して会話を組み立てましょう。

 

 

無料トライアル実施中

tired “of”のあとは「うんざりするもの/人」

友人と話していて…

リョウ
What’s wrong? You don’t look fine.
どうしたの?元気なさそうだね。
アイヴァン
I’m tired of my boss’s attitude.
上司の態度にはもううんざりだわ。

 

 

一方で前置詞”of”を使ったほうはどうでしょうか。これは”I’m tired of 〜.”で「〜にうんざりしている。」という意味です。”of”の後ろには、あなたにとって精神的に苦痛を伴うもの、人がきます。もーうしたくないって感じるものや、うんざりさせる人に対して使いましょう。一時的な感情かもしれませんが思い切って自分の感情を自由に表現してみるのもアリです。

 

 

似たような英語表現

be fed up with

同僚が…

ナオミ
I’m fed up with this job.
この仕事にはうんざりだわ。

 

 

be sick of

失恋したばかりの友人が…

マイク
I’m sick of love songs.
ラブソングにはうんざりだ。

 

 

あわせて、”be fed up with 〜.”と”be sick of 〜.”も使える表現なので、押させておきましょう。”sick”は「病気の」という意味でよく知られています。ですが「うんざりした」という意味でもよく使います。”I’m tired of 〜.”と同じ意味で同じくらい両方とも使われます。違いを言えば“I’m tired of 〜.”よりカジュアルな表現です。

“feed”から考える”fed up”

“be fed up with 〜”で「〜にうんざりする」の覚えやすい方法としてはこれ。”feed”は「餌をやる」で、それが過去分詞になると”fed”「餌を与えられる」そして”up”がつくことで「おなかいっぱいになるまで餌を与えられる」です。もうそうなったら、食べるのうんざりですよね。そう考えれば、”be fed up with 〜”がなぜその意味になるのが理解できます。

 

exhausted from

「exhausted from」は「tired from」よりも強い疲労感を示します。

  • 例文: “After climbing the mountain, he was completely exhausted from the effort.”
  • (山を登った後、彼は努力の結果、全く疲れ切っていました。)

 

bored with

「bored with」は「tired of」と似ていますが、興味や関心がなくなった状態を示します。

  • 例文: “She’s bored with the same routine every day and wants something new.”
  • (彼女は毎日の同じルーティンに飽きており、新しいことを求めています。)

 

 

関連する語彙

Weary of

意味:飽き飽きする

  • “I’m weary of listening to the same complaints every day.”
  • (毎日同じ文句を聞くのに飽き飽きしています。)

Drained from

意味:精神的に疲れる

  • “He was drained from all the meetings.”
  • (彼は会議の連続で精神的に疲れ果てていました。)

 

 

押さえておきたいポイント

  • 「tired of」は感情的、精神的な疲れを表します。
  • 「tired from」は具体的な活動や状況からくる物理的な疲れを示します。

 

 

 

 

tiredに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。「tired of」と「tired from」の違いを理解することで、より正確に感情や状況を表現できます。英語学習において、これらの表現を上手に使ってみてください!以上が”tired of 〜”と”tired from 〜”の違いでした。これら二つの違いを理解してサラッと言えるように何度も練習しましょう。それでは、See you next time!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム