確実な成果を出すならRYO英会話ジム

見た目と印象の微妙な違い:「Seem」と「Look」の使い方マスター!

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。「Seem」と「Look」は、英語学習者にとって混同しやすい単語ですが、微妙なニュアンスの違いがあります。この記事では、それぞれの使い方や適切なコンテキストでの表現に焦点を当て、これらの言葉を使いこなすためのポイントを紹介します。

 

 

lookの使い方

外見や視覚的な印象

同僚へ…

マイク
Did you see the new employee? He looks nice.
新しい社員の子見た?いい人そうだよ。
ナオミ
No, not yet.
いや、まだ。

 

 

お分かりだと思いますが、”look”の意味は「見る」です。視覚的にのみ得られる印象を伝えるときに使います。”He looks nice.”と言えば、見た目は素敵。だけど、実際、話してみないとわからないですよね。実は愛想がなかったり、性格が悪かったりと素敵じゃない可能性もあります。また”He looks sad.”と言った婆、見た目が悲しそうということです。でも聞けば元々そんな顔です、なんて言われることもあります(笑)

“look like ~”の場合は、どうでしょうか。”He looks like an animal.”「彼は動物のようだ。」と言った場合、見た目が動物だけです。すべて見た目上の話。 

参照:混乱してない?lookとlook likeの違いとその使い方

 

見た目が特定の状態や感情

ウィル
You look tired. Did you get enough sleep?
疲れて見えるね。ちゃんと寝れた?

 

“You look tired”という部分では、相手の外見から疲れている様子を感じ取っています。ここでの「look」は、視覚的な印象に基づいているため、見た目が示す状態や感情を伝える役割を果たしています。

その他例文

  1. “The book looks interesting; I might borrow it from the library.”(その本は面白そうだね、図書館で借りようかな。)
  2. “The new restaurant looks crowded; we might need a reservation.”(新しいレストランは混んでいるみたいだから、予約が必要かもしれない。)
  3. “It looks like it’s going to rain.”(雨が降りそうだね。)

 

 

無料トライアル実施中

seemの使い方

主観的な憶測や仮説

同僚へ….

マイク
I talked to the new boss. He seems nice.
新しいボスと話したよ。いい人そうだよ。
ナオミ
Who knows? Everyone is nice at first.
さあね。誰でも最初は素敵なんだよ。

 

 

一方で、”seem”は動詞で「~と見える」という意味です。“seem”を使うときは、見た目よりかは、話したり、経験した情報から、あなたの憶測で印象を伝えるときに使います。例えば”He seems nice.”なら、見た目がいい人そうではありません。見た目上の印象ではなく、実際に1度会って話してみていい印象を受けたということ。憶測で「いい人そうだよ。」と言う場合に”seem”を使います。

 

マイク
She seems happy with the results.
彼女はその結果に満足しているようだ。

 

“Seem”はしばしば推量や仮説を表現するのに使われます。文脈から得られる情報をもとに、話者が何かを思ったり感じたりする様子を表現する際に重宝されます。

“She seems happy with the results.”では、彼女が結果に満足しているという話者の推測が表現されています。ここでの「seem」は、外部からはっきりと確認できない感情や状態を話者が推測していることを示しています。

 

やんわり感想や意見を言う

やんわり感想を言いたくて…

ナオミ
Look, I bought a phone charging stand. This is how you use it.
見て、スマホスタンド充電器を買ったんだ。こうやって使うんだよ。
リョウ
That seems useful. you can watch movies easily while it’s charging.
便利そうだね。充電しながら映画もらくらく見れるね。

 

 

やんわり意見を言いたくて….

ナオミ
I’ve been here in Australia for 3 months already, but I can’t get a job yet.
オーストラリアにもう3ヶ月いるけど、まだ仕事が見つからないよ。
リョウ
It seems very difficult to get a job in Australia.
オーストラリアで仕事を見つけるのはすごく難しそうだね。

 

 

また断言を避けて、やんわりと意見を主張したいときにも”seem”が使えます。断言するのではなくあくまでもやんわりと感想や意見を言いたいときです。

  • “The situation seems to be improving.”(状況は改善しているようだ。)
  • “She seems to be a great leader based on her achievements.”(彼女は実績を基にして素晴らしいリーダーのようだ。)
  • “The movie seems interesting, let’s watch it.”(その映画は面白そうだね、見よう。)

 

 

あまり違いが出ない場合もある

seem likeとlook likeの違い

「Seem like」は外見や状態を推測する時に使います。これは主観的な意見や予測を示す表現です。「Look like」も外見や状態を表現する際に使いますが、これはより客観的で、具体的な外見や特徴に基づくときに利用されます。相手が見た目からわかる情報に焦点が当たります。

  1. 例文: “It seems like it’s going to rain.”(雨が降りそうだね。)
  2. 例文: “It looks like it’s going to rain.”(雨が降りそうだね。)

両方とも同じように表現できますが、微妙に違います。seem likeはあくまでも憶測なので、極端な話、晴れている状態でも雨が降りそうと思えば、seem likeを使うことができます。一方look likeは外見から判断しているので、晴れている状態では使うことができません。

 

 

関連する語彙の解説

これらの語彙は、「Appear」は外観や場所に関する突如とした変化を指し、「Perceive」は主観的な捉え方を強調し、「Evident」は客観的で確かな証拠や事実を指します。それぞれの使い方を理解することで、表現の幅が広がります。

Appear (現れる)

  • 例文:”The magician made the rabbit appear out of nowhere.”
  • 「魔法使いはウサギをどこからか現れさせた。」

 “Appear”は物や人がある場所に突如として現れることを指します。この単語は視覚的な出現を表す際に使われ、通常は驚きや不可解な出来事に関連しています。

Perceive (捉える、認識する)

  • 例文:”People may perceive the same event differently.”
  • 「人々は同じ出来事を異なるように捉えることがある。」

“Perceive”は感覚や認識に基づいて物事を理解することを指します。この単語は主観的な経験や観点によって異なる捉え方ができるというアイディアを強調しています。

Evident (明らかな、明白な)

  • 例文: “Her dedication to her work is evident in the quality of her projects.”
  • 「彼女の仕事への献身は、彼女のプロジェクトの質に明らかです。」

“Evident”は何かがはっきりと理解や認識でき、疑いなく存在することを指します。この単語は主に客観的な事実や証拠に基づいて事柄が明らかであることを示します。

 

 

押さえておくべきポイント

  • 「Seem」は主観的で、感じや推量を表現するのに使われる。
  • 「Look」は客観的で、外見や状態を記述するのに適している。
  • 使い分けはコンテキストにより、微妙なニュアンスを理解することが重要。

 

 

 

 

seemに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。いかがでしたか?「Seem」と「Look」の使い方には微妙な違いがありますが、正確に表現することでコミュニケーションがより豊かになります。適切な状況でこれらの言葉を使い分け、自信を持って英語を話すための手助けとなるでしょう。どうぞお役立てください。それではSee you next time!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム