”see”と”look”そして”watch”の違いとその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちはリョウです。

今日は”see”と”look”そして”watch”の違いとその使い方についてお話します。とっても簡単な単語ですが意外と正しく使い分けられている人は少ないですので今日は機会に意識して使い分けてくださいね。

この記事を読めば今日よりさらに英語のニュアンスがわかるようになります。

それではまいりましょう。

 

 

seeは特に何も考えずに「自然」と見える

友人と芝生に座っていて…

リョウ
Do you see some kids over there?
あそこの何人かの子供たちが見える?

 

同僚に…

マイク
I saw you walking on the street yesterday.
昨日君が道を歩いてるの見たよ。

 

seeは何も考えずに自然と目の中に入ってくるものに対して使うことができます。1つ目の例文では芝生に座っていて目の前に自然と見えるものが相手にも見えるか聞いている様子ですね。また2つ目に関しては同僚が道を歩いてるのが自然と目に入ってきたという感じです。

 

 

lookは何かを見ようと「意識」する

プレゼンをしていて…

リョウ
Look at the document.
その資料を見てください。

 

友人と散歩していて…

ナオミ
Look at that house. That is so beautiful.
あの家を見て。とてもきれいわ。

 

友人とモールにいて…

マイク
Let me take a look at that store.
あのお店ちょっと見させて。

 

次はlookですが、seeと違ってある対象のものを見よう努力するような感じです。努力というと大層なことに聞こえますが要はそちらへ意識を向けたり見る為に力を入れるということになります。そう言われると例文でも違いがわかるかと思いますが、どれも意識的に対象のものを見るようにしていますよね。だからlookを使うんです。

 

 

watchは「ある一定の時間」何かを見る

友人が家に遊びにきて..

ナオミ
Do you wanna watch a movie?
映画見たい?

 

趣味は何か聞かれて…

リョウ
I like watching people.
人間観察をするのが好きなんだ。

 

最後はwatchですがある一定の時間何かを見るときに使います。とくに何か変化があるものや動きのあるものを見る際にwatchを使います。そう考えるとなぜ「映画を見る」が”look at the movie”ではなく”watch a movie”が自然なのか改めてわかるはずです。ただし例外が1つあって映画館に行って映画を見る場合は”see a movie”となります。理由はスクリーンが非常に大きいので自然と見えるものの対象に入るとしてseeを使うのが自然だと言うことです。この辺りはあまり深く考えずに形で覚えてしまうのがベストでしょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が”see”と”look”そして”watch”の違いとその使い方でした。

それではSee you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。