短期集中:パーソナル指導+高品質フィードバック

突然のサプライズ!「out of the blue」の使い方

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。皆さんは「out of the blue」という表現を聞いたことがありますか?このフレーズは英語圏でよく使われ、日常会話からビジネスシーンに至るまで幅広く活用されています。「out of the blue」には、何かが突然または予期せずに起こるという意味が込められており、その魅力的な使い方を今回は深掘りしていきましょう。それではまいりましょう。

 

 

意味

“out of the blue”は「突然」や「予期せず」という意味で、まったく予想していなかったことが起こった場合に使われるカジュアルなイディオム表現です。

 

 

由来

「out of the blue」という表現の由来は、完全には明らかではありませんが、そのイメージは文字通り「青空から突然に」という意味を連想させます。このフレーズは、何も予兆や前触れがない中で、突然に何かが起こる様子を表すのに用いられます。由来についての一つの説は、この表現が海や空の広大な青さから予期せずに何かが現れる様子を想像させることから来ているというものです。海や空は予測不可能な要素が多く、そこから突然に現れる物事は人々にとって驚きや未知のものとして捉えられがちです。

17世紀または18世紀にさかのぼる文献でこのような表現が使われていたとの指摘もありますが、具体的な最初の使用例については多くの資料で意見が分かれています。しかし、時間が経つにつれ、「out of the blue」は英語圏で広く受け入れられ、突然の出来事や予期せずに起こる事態を表現するのに一般的なフレーズとなりました。

この表現が持つ「青」は、通常、広大で予測不可能な空や海を象徴しており、そこから突然に何かが発生することの不意打ちや驚きを完璧に捉えています。そのため、「out of the blue」は、人々が全く予期していなかった状況や出来事を表現する際に非常に力強いイメージを提供します。

 

 

使用する場面

このように、「out of the blue」は、人生で突然やってくるサプライズや変化を表現するのに適した表現です。予期せずに起こる出来事のエモーショナルな衝撃や驚きを伝える際に、このフレーズを使うことで、そのシチュエーションの突発性や予測不可能性を強調できます。「out of the blue」は、以下のようなシナリオで使用されます:

意外な再会や連絡

長年連絡を取っていなかった友人から突然の電話やメッセージが来た場合、そのサプライズを説明するのに「out of the blue」を使います。

予期せぬ変化や出来事

人生で計画していなかった大きな変化や出来事が突然起こったとき(例えば、予期せず転職の機会が訪れたり、思いがけない贈り物を受け取ったりする場合)にこのフレーズを使います。

突発的なアイデアやインスピレーション

突然、新しいアイデアやインスピレーションが浮かんだとき、その出来事を表現するためにも使用されます。

 

 

場面から考える使用

  1. 友人からの突然の連絡: “Out of the blue, I got a message from my high school friend asking to meet up. It had been years since we last talked.”
    • 「何の前触れもなく、高校時代の友人から会いたいというメッセージが届いた。私たちが最後に話したのは何年も前のことだ。」
  2. 予期せずに訪れるチャンス: “She was thinking about changing her career path when, out of the blue, she got an offer for her dream job.”
    • 「彼女がキャリアパスを変えることを考えているとき、突然、夢の仕事のオファーが届いた。」
  3. 突然のアイデア: “I was struggling with writer’s block when, out of the blue, an idea for my next novel hit me.”
    • 「ライターズブロックに苦しんでいたとき、突然、次の小説のアイデアが浮かんだ。」

 

 

例文

ある上司について話していて…

リョウ
Out of the blue, he started getting mad at me.
突然、彼は俺に怒り始めたんや。

 

 

ある友人について話していて…

ナオミ
She started crying for no reason. That was out of the blue.
彼女が理由もなしに泣き始めたんだ。あれは予想してなかったわ。

 

 

ある元同僚について話していて…

ロバート
One day, out of the blue, she left the company.
ある日、突然、彼女が会社をやめたんだ。

 

 

その他例文

  1. “Out of the blue, I received a call from an old friend I hadn’t seen in years.”
    • 「何の前触れもなく、何年も会っていない古い友人から電話がかかってきた。」
  2. “The decision to move to another country came out of the blue.”
    • 「別の国へ移住する決断が突然にやってきた。」
  3. “Out of the blue, a deer appeared on the road in front of us.”
    • 「突然、私たちの前の道に鹿が現れた。」

注意点

「out of the blue」は突然の出来事を指すため、予測可能または計画的な状況には適していません。予期せずに起こったことを強調する際に使用してください。

 

 

実践的な練習問題

あなたが最近経験した「out of the blue」の瞬間を英語で記述してみましょう。友人との不意の再会、予期せず受け取った素晴らしいニュース、または突然のアイデアが浮かんだ瞬間など、何でも構いません。

解答例 1: 友人との不意の再会

“Last weekend, out of the blue, I bumped into my college roommate at a coffee shop in my hometown. We hadn’t seen each other in over five years since we graduated and moved to different cities for our jobs. It was a delightful surprise to catch up over coffee and reminisce about our college days.”

  • 和訳: 「先週末、何の前触れもなく、地元のカフェで大学時代のルームメイトと偶然出会った。私たちは卒業してから5年以上、仕事のために異なる都市に引っ越して以来、お互いに会っていなかった。コーヒーを飲みながら近況を話し合い、大学時代を懐かしむのは楽しい驚きだった。」

解答例 2: 予期せず受け取った素晴らしいニュース

“Out of the blue, I received an email informing me that my application for a scholarship to study abroad had been accepted. I had applied months ago and almost forgotten about it, assuming I hadn’t been selected. This unexpected news has opened up an incredible opportunity for me to pursue my studies in a foreign country.”

  • 和訳: 「突然、留学のための奨学金の申請が受理されたことを知らせるメールを受け取った。数ヶ月前に申請してほぼ忘れかけていたところ、選ばれなかったと思っていた。この予期せずに受け取った素晴らしいニュースが、外国での学びを追求するための信じられないほどの機会を私にもたらしてくれた。」

解答例 3: 突然のアイデアが浮かんだ瞬間

“While walking in the park, out of the blue, a brilliant idea for my new project struck me. I had been struggling with a creative block for weeks, and this sudden inspiration felt like a breath of fresh air. I quickly jotted down my thoughts and couldn’t wait to start working on it.”

  • 和訳: 「公園を歩いているとき、突然、新しいプロジェクトのための素晴らしいアイデアがひらめいた。数週間にわたってクリエイティブなブロックに悩まされていたが、この突然のひらめきは新鮮な空気のように感じられた。すぐに考えをメモして、それに取り掛かるのが待ちきれなかった。」

 

 

似たような表現

これらの表現はいずれも、予期せずに起こる出来事や状況を説明する際に役立ちますが、それぞれに微妙なニュアンスの違いがあります。「Out of nowhere」は特に予測不可能な出現を、「suddenly」は急な変化を、「without warning」は警告や前触れがない状況を強調します。これらのフレーズを使い分けることで、話したい内容のニュアンスをより正確に伝えることができます。

1. Out of nowhere

「Out of nowhere」は、「どこからともなく」「突如として」という意味で、予測不可能な出来事が発生した際に使用されます。この表現は、特に視覚的なイメージ(誰もいないはずの場所から突然人が現れるなど)に強く関連していますが、一般的な予期せずに起きる出来事にも広く用いられます。

例文: “Out of nowhere, a rabbit darted across the path.”

  • 和訳: 「どこからともなく、一匹のウサギが小道を横切った。」

2. Suddenly

「Suddenly」は、「突然に」「急に」という意味で、状況やアクションが予告なしに迅速に変化する場合に使用されます。この単語は「out of the blue」と同じく、予期せずに起きる出来事を表すのに非常に一般的ですが、より広範な状況に適用され、物語や説明の中で急な変化を示すために用いられます。

例文: “Suddenly, the quiet night was shattered by the sound of sirens.”

  • 和訳: 「突然、静かな夜がサイレンの音で破られた。」

3. Without warning

「Without warning」は、「警告なしに」「予告なしに」という意味で、何の前触れもなく起こる出来事を指します。この表現は、特に予期せずに起こるネガティブな出来事や、人々が準備や対応をする機会がなかった状況を強調する際に用いられます。

例文: “The storm hit the town without warning, causing widespread damage.”

  • 和訳: 「嵐が警告なしに町を襲い、広範囲にわたる被害をもたらした。」

 

 

関連する語彙

これらの関連する語彙は、予期せずに起こる出来事や状況、特にその出来事が予想外の結果や急激な変化を伴う場合に役立ちます。「Unexpectedly」は一般的に予期せずに起こった事象を、「Surprisingly」は期待を超える驚きを、「Abruptly」は急な変化や中断を表現するのに適しています。これらの単語を使い分けることで、話の内容に合った適切な感情や状況のニュアンスを伝えることができます。

1. Unexpectedly

「Unexpectedly」は、「予期せずに」という意味で、事前の警告や予告なく何かが起こる場合に使用されます。この副詞は、計画や予想とは異なる結果や出来事を示す際に役立ちます。

例文: “Unexpectedly, he won the lottery and changed his life overnight.”

  • 和訳: 「予期せずに、彼は宝くじに当たり、一夜にして人生が変わった。」

2. Surprisingly

「Surprisingly」は、「驚くほどに」という意味で、事前の期待や予測を大きく上回る出来事や結果に対して用いられます。この副詞は、特に予想外のポジティブな結果や、喜ばしい驚きを表現する際に有効です。

例文: “Surprisingly, the underdog team won the championship against all odds.”

  • 和訳: 「驚くべきことに、不利とされていたチームが全ての困難に打ち勝ってチャンピオンシップを勝ち取った。」

3. Abruptly

「Abruptly」は、「突然に」という意味で、急激な変化や行動の中断を示す場合に使用されます。この副詞は、何かが予期せずかつ急速に終了したり変わったりする瞬間を強調するのに適しています。

例文: “The meeting was going smoothly until it was abruptly ended due to an emergency.”

  • 和訳: 「会議は順調に進んでいたが、緊急事態のため突然終了した。」

 

 

押さえておきたいポイント

「out of the blue」を使う時は、本当に予期せずに起きた出来事を表現したい場合に限定してください。この表現は、聞き手にとっても話者にとっても完全な驚きの瞬間を伝えるのに最適です。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

blueに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。「out of the blue」という表現を通じて、日常生活で起こる予期せずとも楽しい驚きを共有することができます。このフレーズを使って、自分の経験や物語をより色鮮やかに、そして魅力的に伝えてみてください。以上が”out of the blue”の意味とその使い方【突然】でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース