確実な成果を出すならRYO英会話ジム

「Now That + 文」の意味と使い方完全ガイド:状況に応じた英語表現マスター

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。「Now that + 文」は、英語でよく使われる表現の一つです。このフレーズは、「今…なので」といった意味で使われ、文脈によっては「今や…だから」とも訳されます。この表現は、ある状況や条件が成り立っている際に、それに基づいて別の事柄や結論を述べる際に利用されます。それではまいりましょう。

 

 

「Now That + 文」の意味

“now that 〜”は、このフレーズは、「今…なので」といった意味で使われ、文脈によっては「今や…だから」とも訳されます。この表現は、ある状況や条件が成り立っている際に、それに基づいて別の事柄や結論を述べる際に利用されます。

どの意味になるかは文脈で判断する必要があり、また”that”は省略される場合もあります。似たような英語表現だと、理由を表す時に使う”since 〜”や”as 〜”と同じような意味になります。

参照:since 〜には意味が2つあるって知ってた?【どちらもめちゃ使います】

 

 

無料トライアル実施中

「Now That + 文」の使う場面

進行中の事実に基づく場面

この表現は、現在進行中の出来事や状況に基づいて、それに関連する別の事実や結論を述べる際に使います。例えば、「今雨が降っているので、ピクニックは延期しよう」といった文脈です。

変化や出来事の影響を述べる場面

「Now that + 文」は、何かが変化したり、ある事実が生じたことに基づいて、それに対する影響や変化を説明する際にも適しています。例えば、「今日は仕事が終わったので、映画を見に行くことにした」といった場面です。

達成感や結論を述べる場面

この表現は、ある目標や条件が達成されたことに基づいて、それに対する達成感や結論を述べるのにも使います。例えば、「試験に合格したので、気分がすごく良いです」といったケースです。

 

 

Now thatの文法

“Now that” は英語で「~してしまったので」「~した今」という意味を持ち、ある事態が発生した結果、それに基づいて新たな状況や行動が取られることを示す接続詞の表現です。このフレーズは、ある条件や状況が成立したことを前提として、それに続く結果や反応を導入します。文法的には、”now that” に続いて状況を説明する節が来ます。

基本構造

  • Now that + 現在完了形/過去形の節, 主節

ただし、文脈によっては現在形や他の時制が使用されることもあります。主節には、”now that” で示された条件に基づく行動や結論が述べられます。

例文

Now that I have finished my homework, I can relax.

「宿題が終わったので、これからはくつろげます。」

ここで “now that” に続くのは「I have finished my homework」という現在完了形の節で、この事態が成立した結果として「I can relax」という行動が取られることが示されています。

Now that the meeting is over, we should discuss our next steps.

「会議が終わったので、次のステップについて話し合うべきだ。」

この例では “now that” に続く節「the meeting is over」が過去形で、それに基づく結論や提案が「we should discuss our next steps」と述べられています。

Now that you mentioned it, I remember seeing your keys on the table.

「それを言われてみれば、テーブルの上にあなたの鍵があるのを見たことを思い出しました。」

この例では、「you mentioned it」という過去の行為が新たな認識や行動、「I remember seeing your keys」を引き起こしています。

Now that we lived in the city, we understand its challenges better.

「私たちが街に住んでいたことがあるので、その課題をより良く理解しています。」

ここでは、「we lived in the city」という過去の経験が、「we understand its challenges better」という現在の理解や認識に影響を与えていることが示されています。

Now that the decision was made, we could move forward with our plans.

「決定が下されたので、私たちは計画を進めることができました。」

この文では、「the decision was made」という過去の出来事が、「we could move forward with our plans」という結果をもたらしています。

Now that the contract had been signed, the project could finally start.

「契約が締結されたので、プロジェクトをついに始めることができました。」

ここでは、「the contract had been signed」という過去完了形の節が使われており、それが「the project could finally start」という行動の条件となっています。

使用上の注意

  • “Now that” は因果関係を示すため、前節で述べた条件や状況が新たな行動や状況の理由や動機であることを明示します。
  • 時制の一致の原則に注意して、”now that” の後の節と主節で適切な時制を使用する必要があります。

“Now that” の使用は、日常会話からビジネス英語、学術的な文書まで幅広い場面で見られ、条件が変わったことを受けて何かを行う意思決定や提案を表珀するのに便利な表現です。

 

 

例文

マイク
I heard you bought a car.
車を買ったって聞いたよ。
ナオミ
Yeah. Now that I have a car, I can visit my parents more often.
うん。今は車があるから、もっと頻繁に両親に会いに行けるわ。

 

 

ウィル
Now that it’s raining, let’s postpone the picnic.
今雨が降っているので、ピクニックは延期しよう。

 

 

リョウ
Now that the project is completed, we can celebrate our success.
プロジェクトが完成したので、成功を祝うことができます。

 

 

リョウ
Now that I live only a few blocks away from work, I can just walk.
今、職場から数ブロック離れたところに住んでるから、歩いて行けるよ。

 

 

リョウ
Now that we know each other better, we get along well.
今はお互いのことよく知ってるから、うまくやっていけるんだ。

 

 

その他例文

  1. 英文: “Now that you’re here, we can finally start the meeting.” 日本語訳: あなたが来たので、やっと会議を始めることができます。
  2. 英文: “Now that the weather is warmer, we should start planning our garden.” 日本語訳: 天気が暖かくなったので、私たちは庭の計画を立て始めるべきです。
  3. 英文: “Now that I have finished my homework, I can watch my favorite TV show.” 日本語訳: 宿題が終わったので、お気に入りのテレビ番組を見ることができます。
  4. 英文: “Now that we have all the data, we can make an informed decision.” 日本語訳: 全てのデータを手に入れたので、情報に基づいた決定を下すことができます。
  5. 英文: “Now that the project is complete, we should celebrate our success.” 日本語訳: プロジェクトが完成したので、私たちの成功を祝うべきです。

 

 

よく使われる言い回し

Now that I think of (about) it, 〜.

ペットの話になり…

マイク
I love dogs. But now that I think of it, I love cats as well.
犬が大好きなんだ。でも考えると、猫も大好きだわ。

 

 

その他例文

  1. “Now that I think about it, I haven’t seen John at any of the meetings this month.”
    • 「よく考えてみると、この月のどの会議にもジョンを見ていない。」
  2. “Now that I think of it, we should have taken the other route to avoid traffic.”
    • 「思い返してみれば、交通を避けるために別のルートを取るべきだった。」

“Now that I think of it” または “Now that I think about it” は、話者が何かを考え直した結果、新たな認識、アイデア、情報、または忘れていたことを思い出したことを示す表現です。このフレーズは、話の流れの中で、話者が突然あることを思い出したり、何かに気づいたりしたときに使われます。直訳すると、「それについて考えてみると」となりますが、実際には「よく考えてみると」「思い返してみれば」というニュアンスで使用されます。

Now that you mention it, 〜.

ダイエットの話をしていて…

マイク
Now that you mention it, I think she is getting fat lately.
そう言われてみれば、彼女最近太ってきてるかも。

 

 

“Now that you mention it” は、「それを言われてみれば」や「そう言われて思い出したけど」という意味で使われます。このフレーズは、相手が何かを指摘したり、話題にしたりしたことで、話し手がその事柄について新たに気づいたり、忘れていたことを思い出したりする状況を示す際に用いられます。言い換えれば、相手のコメントがきっかけで何かを思い出したり、考え方が変わったりした時に使われる表現です。

例えば、友人が「昨日のパーティーは楽しかったね」と言ったときに、「Now that you mention it, I realize I left my jacket there」と返すことで、「それを言われてみれば、昨日のパーティーで自分のジャケットを忘れてきたことに気づいた」と伝えることができます。このフレーズは、日常会話でよく使われる便利な表現の一つです。

Now that I see you…,

“Now that I see you” というフレーズは、「あなたを見る今」という直訳になりますが、実際の意味としては、その人に直接会うことで得られる新たな認識や感情、状況の変化を示しています。この表現は、人と直接会った結果、何かが変わったり、新しい気持ちが生まれたりした時に使われます。例えば、久しぶりに再会した友人や家族に会った時、その人を見たことで感情が高まったり、何かを話し合うきっかけができたりする状況です。

具体的な文脈では、「Now that I see you, I realize how much I’ve missed you」(あなたに会えて、どれだけ会いたかったかがわかる)のように、直接会ったことで気づいたり感じたりしたことを表現するのに使われます。このフレーズは、視覚的な確認が新たな気持ちや行動のきっかけとなる状況を伝える際に便利です。

 

 

関連する語彙

Given that (〜を考慮に入れると)

  • Given that it’s a holiday tomorrow, we should plan something special.
  • 明日が休みなのを考慮に入れると、何か特別な計画を立てるべきです。

In light of (〜を考慮して)

  • In light of recent events, the company has decided to implement new security measures.
  • 最近の出来事を考慮して、会社は新しいセキュリティ対策を実施することにしました。

Seeing that (〜を見ると)

  • Seeing that you’re tired, I think you should take a break.
  • 疲れているのを見ると、休憩した方がいいと思います。

 

 

その他押さえておくべきポイント

  • 「Now that + 文」は、理由や条件を表現するのに使われるが、文の中で主語が変わらないように注意が必要。
  • この表現は、日常会話やビジネスのコミュニケーションで幅広く活用される。

 

 

 

 

状況に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。「Now that + 文」は、現在進行中の事実や変化に基づいて、それに関連するさまざまな状況を表現するのに便利なフレーズです。これを使うことで、自分の考えや行動の理由を明確に伝えることができます。日常英会話やビジネスの場面で、ぜひ活用してみてください。それでは、See you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されています。プライバシーポリシー利用規約が適用されます

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム