3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

今すぐ使える!「meet you」ネイティブ発音法

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウと申します。本日は、「meet you」をネイティブスピーカーのように発音する方法についてご紹介します。この記事を通じて、ネイティブがどのように「meet you」を発音しているかを簡単に理解し、聞き取れるようになるでしょう。それでは、始めていきましょう。

 

 

「ミーユー」と「ミーチュー」の

「ミート ユー」という発音と実際にネイティブスピーカーがどのように発音するか、その違いに気付きましたか?実際には、ネイティブスピーカーが「meet」を発音する際、「t」の音がしばしば省略され、「ミーユー」ではなく、「ミーユ」と聞こえます。

さらに、日常会話でよりカジュアルな表現を使う場合、「meet」の「t」と「you」の「y」が融合し、「ミーチュー」という音になることがあります。この発音が速くなると、「you」の発音が弱まり、「ユー」が「ヤ」へと変化し、これが「t」の音と結びついて「ミーチャ」と聞こえるようになります。

アクセントと方言

英語圏には多様なアクセントと方言が存在します。たとえば、アメリカ英語とイギリス英語では「t」の音の扱い方が異なることがあり、これが「meet you」の発音にも影響を与えます。アメリカ英語では「t」がフラップ音になることが多く、「meet you」が「ミーチュ」と聞こえることがあります。一方、イギリス英語では「t」がはっきり発音される傾向があります。

話速と状況

話者が速く話す場合や、非公式な状況では、音がさらに融合しやすくなります。これは「connected speech」と呼ばれ、音の省略や変化がよく見られます。「meet you」が一つの単語のように早く滑らかに発音されることがあります。

 

 

無料トライアル実施中

例文

それでは、音声を聞いて音を模倣してみましょう。ネイティブスピーカーが発する「meet you」の発音を正確に聞き取るためには、「meet」の「t」と「you」の「y」がどのようにつながるかを理解することが重要です。まず、二人の会話を耳にしてみましょう。

友人へ…

マイク
I’ll meet you at the station at 7 o’clock.
7時に駅で会おう。
リョウ
All right. See you later.
わかった。また後で。

 

 

初対面で…

リョウ
Nice to meet you.
初めまして。

 

 

会う場所が決まって…

リョウ
I’ll meet you there.
そこで会おう。

 

 

知り合いの友人を紹介されて…

リョウ
I’m glad to meet you.
あなたに会えてうれしいです。

 

 

 

関連するリエゾン発音

「meet you」のようなリエゾン(音の連結)が見られる表現は英語には多く存在します。これらのリエゾン現象は、流暢な会話でよく見られ、特にカジュアルな会話や速い話速では顕著になります。以下に、いくつか例を挙げます:

  1. Don’t you → 「ドントゥーユー」ではなく、しばしば「ドンチュ」や「ドンチャ」と発音されます。この場合、「t」と「y」の音が融合して「チュ」または「チャ」の音になります。
  2. Got you → 「ゴットゥーユー」の代わりに「ゴッチュ」と発音されることがあります。ここでも、「t」と「y」の音が融合しています。
  3. Would you → 「ウッドゥーユー」ではなく、「ウッチュ」となることが一般的です。この表現も、「d」と「y」の音が一緒になって「チュ」となります。
  4. Can you → 「キャンユー」が「キャニュー」として発音されることがあり、これはより滑らかな発音へと変化します。
  5. Let me → 「レットミー」が「レミー」と省略されたり、「レメ」と聞こえたりする場合があります。
  6. Going to → 非公式な会話では「ゴーイングトゥ」が「ゴナ」と発音されます。

これらのリエゾンの例は、英語の音声変化の理解を深め、ネイティブスピーカーのような自然で流暢な会話を目指す上で役立ちます。リエゾンの使用は、話者がメッセージをより速く、より効率的に伝えるための手段であり、英語のリスニング能力を鍛える際にも注意を払うべきポイントです。

 

 

meet youと関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”meet you”の簡単な発音方法についてでした。それでは、また会いましょう!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム