”in charge of”の意味とその使い方【名詞や動名詞と使える】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”in charge of”の意味とその使い方【名詞や動名詞と使える】についてお話します。この記事を読めば今日より少し英語力がアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

”in charge of”の意味とその使い方【名詞や動名詞と使える】

彼はどこの部署か聞かれて…

マイク
He‘s in charge of marketing department.
彼はマーケティング(部署の業務)担当ですよ。

 

家で家事を手伝っているか聞かれて…

ナオミ
I’m in charge of washing dishes.
皿洗い担当だよ。

 

部長に彼女の担当を聞いて…

ロバート
She‘s in charge of training new staff.
彼女は新人研修の担当ですよ。

 

いかがでしたでしょうか。be in charge of 〜で「〜の担当である」という意味で、日常からビジネスまで使われる英語表現です。同じ意味の英語表現だとbe resonsible for 〜やbe supervisor of 〜になります。例文では肯定文でご紹介していますが、疑問文で”Who is in charge?”「誰が担当ですか?」という風に使うこともできます。

名詞の直後に置いて〜 in charge of …で「…担当の〜」という意味で使うこともできます。以下例文を見てみましょう。

電話で…

マイク
I’d like to speak to the person in charge of HR.
人事担当の方とお話がしたいのですが。

 

さらに前置詞ofも省略して「担当の〜」という意味で使うことができます。以下例文をみてみましょう。

要件を聞かれて…

リョウ
I’m here to talk to the doctor in charge.
担当のお医者さんに相談しに来ました。

 

さらにさらにputを使って、”put 人 in charge”で「〜に任せる」という意味で使うこともできます。それについてはput 人 in chargeの意味とその使い方【責任】で詳しく解説しているのでどうぞご覧ください。

 

 

chargeに関連する記事

会話でよく使う動詞”charge”の意味と5つの使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”in charge of”の意味とその使い方【名詞や動名詞と使える】でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出