短期集中:パーソナル指導+高品質フィードバック

アイディアをシェアする「I’m thinking of …」の意味・使い方完全ガイド

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。最近、英語圏でよく耳にするフレーズ「I’m thinking of …」。これは、自分の考えや計画を他者とシェアする際に使われる表現です。シンプルで使いやすい表現なので、今回はその使い方や関連する表現を紹介していきます。それでは、まいりましょう。

 

 

意味

“I’m thinking of〜”は、「〜しようと思っている」という意味で、現在考え中であるがまだ決定していないことに対して使われる英語表現です。これは予定や計画に近い意味合いを持ちます。

前置詞ofの直後に不定詞

前置詞”of”の後には動名詞(-ing形)が来ます。一方で、前置詞”about”を”of”の代わりに使用することも可能です。重要なのは、前置詞”of”の後には動名詞が続くというルールです。不定詞を使うことはできません。したがって、”thinking of to go on a diet”は誤りであり、正しくは”thinking of going on a diet”となります。

 

 

例文

将来の計画を聞かれて…

リョウ
I’m thinking of living abroad in the future.
将来海外に住むことを考えてるんだ。

 

 

ビジネスパートナーに…

ロバート
I’m thinking of launching a new website.
新しいサイトを開設しようと思ってんだ。

 

 

夫に…

ナオミ
I’m thinking of buying a new car.
新しい車を買おうと思ってるの。

 

 

友人に…

アイヴァン
I’m thinking of going on a diet.
ダイエットをしようと思ってるの。

 

 

その他例文

  1. “I’m thinking of starting a blog about travel.”
    • 「旅行に関するブログを始めようと考えています。」
  2. “I’m thinking of redecorating my room this weekend.”
    • 「今週末、部屋の模様替えをしようと考えています。」
  3. “I’m thinking of learning to play the guitar.”
    • 「ギターを弾くことを覚えようと考えています。」

 

 

I was thinking ofの使い方

「I was thinking of」は、「I’m thinking of」の過去形であり、過去のある時点での考えや検討を表現します。この表現もまた、将来の計画やアイディアを過去に持っていたことを示す際に使います。以下に、使い方と例文を挙げてみましょう。

使い方

  • 「I was thinking of [動詞のing形/名詞]」

過去の特定の瞬間や期間において、考えていたことや検討していたことを述べる際に使用します。

例文

“Last summer, I was thinking of taking a road trip across the country.”

「去年の夏、私は全国を旅行することを考えていました。」

“When I saw the job posting, I was thinking of applying for it.”

「その仕事の募集を見たとき、私は応募しようと考えていました。」

“Yesterday, I was thinking of buying a new laptop.”

「昨日、私は新しいノートパソコンを買おうと考えていました。」

注意

「I was thinking of」は過去の状態を表現するため、その時点での考えや検討を示しますが、実際にそのアクションを実行したかどうかは言及されていません。アクションが実行された場合は、それについて別途述べる必要があります。

この表現は過去の特定の状況や瞬間に焦点を当てるため、状況に合わせて使いましょう。「I was thinking of」は過去の考えを表現する便利な表現で、過去の出来事や計画について会話する際に活用できます。

 

 

「I am thinking of you.」への返事

「I am thinking of you.」と言われた場合、返事としては感謝や共感を示すポジティブな表現が一般的です。どの返事も相手に対する感謝や共感を表現し、ポジティブなコミュニケーションを築くのに適しています。適切な文脈や関係性に基づいて、自分自身の気持ちを表現してみてください。以下にいくつかの適切な返事の例を挙げてみましょう。

感謝の表現

  • 例:”Thank you, that means a lot to me.”
  • 和訳:「ありがとう、それは私にとってとても嬉しい言葉です。」

共感の表現

  • 例: “I appreciate your thoughts. I’ve been thinking of you too.”
  • 和訳:「あなたの思いに感謝しています。私もあなたのことを考えています。」

愛情を示す表現

  • 例:”I love knowing that you’re thinking of me. I’m thinking of you too.”
  • 和訳:「あなたが私のことを考えてくれていると知るのが嬉しい。私もあなたのことを考えています。」

お互いの繋がりを示す表現

  • 例:”Our thoughts are mutual. I’m always here for you too.”
  • 和訳:「お互いに思いが通じていますね。私もいつでもあなたのそばにいます。」

ポジティブな応答

  • 例: “I’m touched by your words. Thank you for thinking of me.”
  • 和訳:「あなたの言葉に感動しています。私のことを考えてくれてありがとう。」

 

 

thinking aboutとの違い

「I’m thinking of」と「I’m thinking about」は、基本的には同じ意味を持つ表現であり、両方とも「私は考えている」という意味です。ただし、微細な違いがあります。簡単に言えば、「I’m thinking of」はより具体的なアクションや計画に使われ、一方で「I’m thinking about」はもう少し一般的な考えや概念に使われることがあります。ただし、この違いは微細であり、実際の使用ではほぼ同義と考えてよいでしょう。

「I’m thinking of」

これは通常、将来の計画やアクションに焦点を当てるときに使われます。

  • 例: “I’m thinking of starting a new business.”
  • 和訳: 「新しいビジネスを始めようと考えています。」

「I’m thinking about」

一般的には、「I’m thinking of」と同様に将来の計画にも使えますが、少し柔軟性があり、具体的な行動よりも一般的な考えや概念に対しても使われます。

  • 例: “I’m thinking about the meaning of life.”
  • 和訳: 「人生の意味について考えています。」

 

 

実践問題

実践問題1

問題:
あなたは友人との週末の計画を立てています。アクティビティの選択肢として、ハイキングか映画鑑賞があります。あなたがどちらかを選ぶ理由を、「be thinking of…」を使って英語で説明してください。

“I’m thinking of suggesting we go hiking this weekend instead of watching a movie. The weather is supposed to be great, and it would be a nice change to spend some time outdoors, enjoying nature. Plus, it’s a good way to get some exercise.”

和訳:「今週末は映画鑑賞の代わりにハイキングを提案しようと思っています。天気も良いらしいし、自然を楽しみながら屋外で時間を過ごすのも新鮮でいい変化になるでしょう。それに、運動にもなりますから。」

実践問題2

問題:
あなたはキャリアの転換を考えており、新しいスキルを学ぶためのオンラインコースについて検討しています。なぜそのコースを受講しようと考えているのかを、「be thinking of…」を使って英語で説明してください。

“I’m thinking of enrolling in an online coding course because I want to switch my career to web development. I believe that understanding how to code is essential in today’s digital world, and this course seems to offer a comprehensive introduction to several programming languages.”

和訳:「キャリアをウェブ開発に切り替えたいので、オンラインのプログラミングコースに登録しようと思っています。現代のデジタル社会において、コーディングの理解は不可欠だと思うので、このコースはいくつかのプログラミング言語への包括的な導入を提供しているようです。」

 

 

同じような表現

これらの表現は、日常会話や書き言葉で、自分の思考プロセスや意思決定過程を相手に伝える際に役立ちます。それぞれのフレーズは、考えている内容の深さや慎重さの度合いに応じて選ぶことができます。

I’m considering…

  • 例文: “I’m considering taking a new job in Tokyo.”
  • 和訳: 東京での新しい仕事を受けることを考えている。
  • 解説: 「I’m considering…」は、ある選択肢や可能性を心に留め、それについて思案している状態を表すときに使われます。この表現は、まだ決定していないが、真剣に考慮していることを示します。

I’m contemplating…

  • 例文: “I’m contemplating moving abroad for a year.”
  • 和訳: 1年間海外に引っ越すことを熟慮している。
  • 解説: 「I’m contemplating…」は、より深いレベルで慎重に考えている状況を示す表現です。この言葉は、単に考えているだけでなく、その選択の全ての側面をじっくりと検討していることを強調します。

I’m pondering…

  • 例文: “I’m pondering the idea of going back to school.”
  • 和訳: 学校に戻るという考えを熟考している。
  • 解説: 「I’m pondering…」は、何かを深く、しばしば静かに考えるという意味合いで使用されます。このフレーズは、特定のアイデアや計画について深い思考を巡らせているときに適しています。

 

 

関連する語彙

Mulling

  • 使用例: “I’m mulling over the feedback I received from my boss.”
  • 和訳: 上司から受け取ったフィードバックをじっくり考えている。
  • 解説: 「mulling over」は、受け取った情報やアドバイスについて深く考え、理解しようとするプロセスを指します。この表現は、単に情報を受け入れるのではなく、それに対して意味を見出し、どのように対応するかを考える際に使われます。

Reflecting

  • 使用例: “I’m reflecting on my life choices and considering what’s next.”
  • 和訳: 自分の人生の選択について振り返り、次に何をすべきか考えている。
  • 解説: 「reflecting on」は、過去の経験や選択について深く考えることを意味します。このプロセスでは、自己認識を高め、将来に向けてより良い決定を下すための洞察を得ることが目的です。

Reconsidering

  • 使用例: “I’m reconsidering my decision to move abroad.”
  • 和訳: 海外への移住を決めたことを再考している。
  • 解説: 「reconsidering」は、既に下された決定や計画に疑問を持ち、それが本当に最善の選択であるかどうかを再検討することを示します。この言葉は、新たな情報が得られたり、状況が変化したりしたときに、柔軟な思考を保ち、適切な修正を加える意志があることを表します。

 

 

押さえておくべきポイント

表現の柔軟性

「I’m thinking of…」は非常に汎用性の高い表現であり、様々な文脈や状況で利用することができます。例えば、日常的な活動の提案から、人生の大きな決断まで、幅広い話題に対してこのフレーズを使用することが可能です。しかし、その柔軟性ゆえに、シーンや相手の特性に応じて使い分けることが重要です。カジュアルな会話では自然に使える一方で、フォーマルな文脈ではより具体的で正確な表現を選ぶべき場合もあります。

具体的な内容を付け加える

「I’m thinking of…」を使う際には、できるだけ具体的な内容を付け加えることが大切です。この追加情報によって、あなたの考えや提案の背景が明確になり、相手にとって理解しやすくなります。例えば、「I’m thinking of going out for dinner」よりも、「I’m thinking of going out for dinner at that new Italian restaurant downtown because I’ve heard they have amazing pasta」の方が、提案の意図や期待する結果が具体的で、相手にとって魅力的に映りやすいです。

このように具体性を持たせることで、会話がより豊かで意味のあるものになり、相手の興味や関心を引きつけやすくなります。また、具体的な計画やアイデアを共有することは、相手とのコミュニケーションを深め、より密接な関係構築にも寄与します。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。「I’m thinking of …」はコミュニケーションを豊かにする有用な表現です。相手との会話や計画の共有に活用して、より円滑なコミュニケーションを楽しんでくださいね!以上が”I’m thinking of 〜.”の意味とその使い方でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース