“I’m not sure if (主語 + 動詞)”の意味とその使い方

こんにちは、リョウです。

今日は、”I’m not sure if (主語 + 動詞)”の意味とその使い方についてお話します。

この記事を読めば、英語表現がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

“I’m not sure if (主語 + 動詞)”の意味とその使い方

マイク
I’m not sure if he remembers me.
彼が俺のことを覚えてるかわからないな。
リョウ
I’m not sure if we will go out tonight.
今夜出かけるかわからへんな。
スタローン
I’m not sure if I emailed you already.
もう君にメールを送ったか不確かなんだ。

 

例文のように”I’m not sure if (主語 + 動詞)”は、「〜かどうかわからない」という意味で、不確かな事柄に対してよく使われる英語表現です。

文法的なことになりますが、この”if”は名詞節で”sure”のあとに前置詞”of”が省略されており、”I’m not sure of if 〜.”と本来はなりますが、省かれるのが普通です。

また不確かなことだけでなく、自信がないことに対しても使うことができます。

リョウ
I’m not sure if I passed the exam this time.
今回は試験に合格したかわからへんな。
アイヴァン
I’m not sure if they will offer me a job.
内定もらえるかわからないな。

 

少しテーマからそれますが、”I’m not sure”と”I don’t know”の違いについてもおさえておくとさらに英語のニュアンス力がアップします。それについてはまた別の記事で解説しているのでよかったら下記カードよりご覧ください。

“sure”と”know”の使い分け!「~かわからない」って英語で何て言う?

2016年7月31日

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”I’m not sure if (主語 + 動詞)”の意味とその使い方でした。

それでは、See you around!

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話ジムを運営中