3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「hasn’t it?」「isn’t it?」で英会話を自然に!発音のコツと例文

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。英語の会話では、相手の発言に同意を求めたり、確認をとったりする際に「hasn’t it?」や「isn’t it?」といった疑問形を用います。これらの表現は、日常会話で非常に頻繁に使われるため、正しい発音と理解が欠かせません。

 

 

発音とそのコツ

英語のリエゾン、特に「hasn’t it?」や「isn’t it?」のような疑問形の表現は、ネイティブスピーカーの会話でよく耳にするものです。これらのフレーズの発音には、いくつかのキーポイントがあります。

1. 音の連結(リエゾン)

「hasn’t it?」や「isn’t it?」の発音において最も重要なのは、二つの単語を滑らかにつなげるリエゾンです。この際、”hasn’t”の末尾の’t’と”it”の先頭の’i’が連結して、「ハズニット」という音になります。同様に、「isn’t it?」では、’t’と’i’が連結して「イズニット」と聞こえます。この連結は、英語の流れをより自然にし、ネイティブのような発音を目指す上で非常に重要です。

2. ‘t’の発音

ネイティブスピーカーの中には、’t’の発音を非常に軽く行う人もいます。これは特にアメリカ英語において顕著で、’t’がほとんど聞こえない、または非常に軽い「ストップ」音になることがあります。例えば、「isn’t it?」では、「イズニット」の’t’がほとんど発音されず、「イズニッ」と聞こえることもあります。

3. 発音のリズムとイントネーション

これらのフレーズを発音する際には、リズムとイントネーションも重要です。通常、疑問形では文末で声のトーンが上がりますが、「hasn’t it?」や「isn’t it?」を発音する際には、このトーンの上昇を意識すると良いでしょう。特に、「it?」の部分で声を少し上げることで、自然な疑問形のイントネーションを作り出すことができます。

4. 練習方法

  • 発音の練習: まずはゆっくりと、二つの単語を意識的に連結させながら発音してみましょう。慣れてきたら、速度を徐々に上げて、自然な流れで発音できるように練習します。
  • 聞き取り練習: ネイティブスピーカーの会話や映画、テレビ番組で「hasn’t it?」や「isn’t it?」を使ったフレーズを聞き、実際の発音やイントネーションを確認しましょう。
  • 録音と確認: 自分の発音を録音して聞き返すことで、発音の正確性や自然さをチェックすることができます。

 

 

無料トライアル実施中

例文

カフェで…

アイヴァン
This is delicious isn’t it?
これ美味しくない?
リョウ
Yeah, I love it.
うん、気に入ったよ。

 

 

友人に会って…

スタローン
How have you been?
元気してた?
リョウ
Yeah, I’m good. By the way, it’s been a long time, hasn’t it?
うん、元気だよ。てか、久しぶりじゃない?

 

 

出かける際に…

リョウ
It’s a beautiful day, isn’t it?
今日は美しい日ですね?

 

 

同僚へ…

リョウ
It’s been a busy month, hasn’t it?
忙しい月だったね?

 

 

 

合わせて覚えておきたいリエゾン表現

英語の会話で流暢さを出すためには、リエゾン表現の理解と使用が欠かせません。ここでは、「I’m going to」→「I’m gonna」と「Do you」→「D’you」の二つの表現に焦点を当て、それぞれの使用法と発音のコツについて具体的に解説します。

1. 「I’m going to」→「I’m gonna」

  • 使用法: 「I’m going to」は未来の予定や意図を表す表現で、日常会話では「I’m gonna」と発音されることが多いです。この形はよりカジュアルな会話に適しており、友人との会話やリラックスした状況でよく使われます。
  • 発音のコツ: 「I’m going to」を「I’m gonna」と発音する際には、「going to」の「ing」と「to」が滑らかに結合して「gonna」となります。ここで重要なのは、「going」の「g」の音を軽くし、「to」を「a」という音に変えて、二つの単語を一つの流れるような音にすることです。

2. 「Do you」→「D’you」

  • 使用法: 「Do you」は質問をする際によく使われる表現ですが、日常会話では「D’you」として発音されることがあります。この省略形は、特に速い会話やカジュアルな会話で頻繁に使用され、会話をスムーズに進めるのに役立ちます。
  • 発音のコツ: 「Do you」を「D’you」と発音する際には、「Do」の最後の「o」の音を短縮し、「you」の前に軽く「d」の音をつけることになります。このとき、「you」の発音を始める前に「d」の音を挟むことで、自然な連結が生まれます。

 

 

押さえておくべきポイント

  • リエゾンを利用した発音は自然な英語の流れを作ります。
  • 文末の疑問形は、同意や確認を求める際に役立ちます。
  • 日常会話でのリエゾンの使用を意識することで、よりネイティブに近い発音が可能になります。

 

 

付加疑問文に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。「hasn’t it?」や「isn’t it?」を含むリエゾン表現は、英語の会話をより自然に、そして流暢にするために重要です。これらの表現をマスターすることで、英語話者とのコミュニケーションがよりスムーズになるでしょう。練習を重ね、自信を持って使ってみましょう。以上が”hasn’t it?”や”isn’t it?”のネイティブ発音でした。それではSee you again!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム