3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「Grab a Bite」:気軽に食事を楽しむ英語フレーズ使い方完全ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。「Grab a bite」というフレーズは、日常英会話でよく耳にする表現の一つです。この言葉の直訳は「一口つかむ」ですが、実際の意味はもう少し広がりがあります。今回はこの便利でカジュアルな表現について、その使い方や類似のフレーズまで詳しく解説します。それでは、まいりましょう。

 

 

意味

「grab a bite」というフレーズは、「手早く何かを食べる」という意味で使われることが多く、時間が限られており、手軽に食事を摂りたい場合に適した英語表現です。そのため、本格的な夕食やしっかりとした食事の際には、この言い回しはふさわしくありません。この表現は特に昼食を取る際に好んで使用されます。

「bite」という単語は、「一口」という意味を持つ名詞で、その由来からもその意味を容易に連想することができるでしょう。「grab」という単語は、野球で使われる「グラブ」と響きが似ているかもしれませんが、実は「つかむ」という動作を意味する英語から来ています。これらの単語の意味を理解することで、「手早く食事をする」というフレーズのイメージがしやすくなり、覚えやすくなるはずです。

 

 

無料トライアル実施中

それぞれの意味

grabの意味

「grab」は英語で「つかむ」や「掴む」という意味を持つ動詞です。より広義には、急いで何かを取る、誰かの注意を引く、あるいは急に何かを食べる・飲むといった行動を表すのに使われることがあります。日常会話では、「grab a coffee」(コーヒーを手早く飲む)や「grab a seat」(席を確保する)など、さまざまなシチュエーションで活用されます。

biteの意味

「bite」は名詞としては「一口」を意味し、動詞としては「かむ」や「噛みつく」という行為を指します。食べ物に関して使われる場合、一口大の量を表すことが多いです。また、比喩的には、何かの影響や効果が感じられる状況を示すのにも使われます(例:「the bite of the cold wind」風の冷たさが身にしみる)。

 

 

使う場面

「ちょっと何か食べに行く」

この言い回しは、短時間で軽く食事をする際に使われます。特に、急いでいるときや、大したものを食べないときに適しています。

「友人とカジュアルに食事をする」

友人との非公式な食事の誘いにも使われます。堅苦しくない、リラックスした雰囲気を伝えたい時にぴったりです。

 

 

例文

会議の後に…

リョウ
I don’t have much time, but let’s grab a bite anyway.
あんまり時間がないけどとにかく軽く食べよう。

 

 

いったいいつ昼食を取っているのか聞くと…

ロバート
I usually try to grab a bite between meetings.
会議と会議の間にたいてい軽食を取るんだ。

 

 

友人とお昼過ぎに会って….

アイヴァン
Do you wanna grab a bite?
軽く食べる?
リョウ
I was about to say that. 
ちょうど言おうと思ってたわ。

 

 

その他例文

  • 英文: “Are you free this evening? Let’s grab a bite.”
    • 日本語訳: 「今晩空いてる?ちょっと何か食べに行こう。」
  • 英文: “I’m going to grab a bite during the break.”
    • 日本語訳: 「休憩中に軽く食事をしようと思ってる。」
  • 英文: “We can grab a bite before the movie starts.”
    • 日本語訳: 「映画が始まる前に何か食べに行こう。」

“quick”と一緒に使える

またささっと食べたいことを強調したい場合は、形容詞”quick”と一緒に使うとよいですよ。

出張先の途中で…

ナオミ
Why don’t we grab a quick bite at the nearest seafood restaurant?
近くのシーフードレストランでさっと軽く食べない?

 

 

ちなみに”grab”で紹介していますが、”have a bite”や”get a bite”と表現することもありますよ。ただ”grab a bite”のほうが一般的です。

 

 

ロールプレイ

英文

Person A: “Hey, I’m getting a bit hungry. Do you want to grab a bite before we head to the meeting?”

Person B: “Sounds good. We don’t have much time, though. Maybe just a quick sandwich or something?”

Person A: “Perfect. There’s a café nearby that serves great sandwiches. Let’s go there.”

Person B: “Great idea! A quick bite will keep us going until dinner. Lead the way!”

和訳

Aさん: 「ねえ、ちょっとお腹が空いてきたんだけど、会議に行く前に軽く何か食べに行かない?」

Bさん: 「いいね。でも、あまり時間がないから、さっとサンドイッチでもどう?」

Aさん: 「完璧だね。近くにサンドイッチが美味しいカフェがあるから、そこにしよう。」

Bさん: 「いい考えだね!さっと食べて、夕食まで持ちこたえられるよ。先導して!」

音声

 

 

grabを使った表現

  1. Grab a coffee – コーヒーを手早く飲む。短時間でコーヒーを楽しむことを意味します。
  2. Grab a drink – 手早く飲み物を取る、または軽く飲むこと。カジュアルな飲み会やちょっとした休憩時に使われることが多いです。
  3. Grab a seat – 席を確保する。公共の場所やイベントなどで座る場所を見つける時に用います。
  4. Grab a cab/taxi – タクシーを捕まえる、つかまえる。急いでいる時や、移動手段としてタクシーを利用したい時に使われます。
  5. Grab someone’s attention – 誰かの注意を引く。何か重要なことを伝えたい時や、誰かに特定の事柄に焦点を当ててほしい時に用いられます。
  6. Grab the opportunity/chance – 機会をつかむ。良い機会やチャンスが来た時に、それを逃さずに活用しようとする意志を示します。

 

 

似たような表現

Have a bite to eat

「少し食べる」

これも「grab a bite」と同様、軽く何か食べることを意味します。カジュアルな食事の提案に適しています。

  • 例文: “I’m a bit hungry. Shall we have a bite to eat?”(「ちょっとお腹が空いたな。何か少し食べに行かない?」)

Grab a coffee

「コーヒーを飲みに行く」

コーヒーを飲みながらカジュアルな会話を楽しむ際に使います。

  • 例文: “Do you have time to grab a coffee after work?”(「仕事の後、コーヒーを飲みに行く時間ある?」)

Eat out

「外食する」

家以外で食事をする一般的な表現です。

  • 例文: “Let’s eat out tonight. I don’t feel like cooking.”(「今夜は外食しよう。料理する気がしないな。」)

 

 

関連する語彙とその例文

Snack (スナック)

「おやつ、軽食」

  • “I usually have a snack around 3 p.m.”(「私は普段、午後3時頃におやつを食べます。」)

Bite-size (一口サイズ)

「小さくて一口で食べられる大きさ」

  • “These bite-size cookies are perfect for parties.”(「これらの一口サイズのクッキーはパーティーにぴったりだ。」)

 

 

押さえておきたいポイント

「Grab a bite」は非常にカジュアルな表現で、友人や同僚との間でよく使われます。しかし、ビジネスの場や公式な場では適さないことを覚えておきましょう。

 

 

 

 

grab a bitに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が、”grab a bite”の意味とその使い方でした。それでは、See you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム