”get the hang of 〜”の意味とその使い方

毎月100名様限定

毎月100名様限定

こんにちはリョウです。

今日は”get the hang of 〜”の意味とその使い方についてお話します。

この記事を読めば英語の表現力がさらにアップします。

それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

”get the hang of 〜”の意味とその使い方

運転の練習をしている弟に…

リョウ
Are you getting the hang out of it?
運転のコツは掴んできた?

 

問題児の部下について話していて…

ロバート
I’m getting the hang of handling John.
ジョンの扱い方わかってきわ。

 

友人に勧められたゲームアプリをやっていて友人が…

ナオミ
It is easy once you get the hang of it.
一度コツを掴んだら簡単だよ。

 

新入社員について同僚と話していて…

スタローン
He’s finally started to get the hang of his tasks.
やっと仕事ができ初めてきたよ。

 

“get the hang of 〜”は「〜のコツを掴む」や「〜がわかる」、「〜ができるようになる」などという意味で、何かを作業したり使ったりするときにある程度無意識的にできるレベルを言うときによく使われるカジュアルな英語表現です。なので例文でもわかるように現在進行形やまたstartという動詞で使われることが多いです。

発音に関して補足的に言っておくと”hang”は「ハング」というよりaの音をエの口をしてアというので「ヘング」のような音になります。「ゲティン ダ ヘング オブ」ですね。

何かを習い初めてある程度慣れてきたときに使うのがベストですね。筆者も海外で働いていたときは上司から聞かれることがありましたよ。以下近年の使用頻度を見てもよく使われていることがわかります。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が”get the hang of 〜”の意味とその使い方でした。

それではSee you around!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。