3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「Get the Hang of〜」の使い方:あなたも今日からコツ掴みの達人

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウと申します。本日は、「get the hang of〜」という表現の意味及び使用法に焦点を当ててご紹介します。この記事を通して、皆様の英語表現力を一層深めることができるでしょう。それでは、早速始めていきましょう。

 

 

意味

“Get the hang of”は、「何かのコツをつかむ」、「理解する」、または「うまくやれるようになる」という意味の、作業を行う際にある程度自然とこなせるレベルを指す際に使用される、日常会話でよく用いられる表現です。このフレーズは、何かを行う上で慣れてきた時や、無意識のうちに作業できるようになった時に適した言い回しで、特に現在進行形や「start」という動詞と共に用いられることが多いです。

発音については、”hang”の「a」は開口した「エ」の形で発音し、「ヘング」と聞こえることが特徴です。この表現は、新しいスキルを学び始めて慣れ始めた段階で使うのが最適であり、筆者自身も海外での勤務経験中、上司からこのフレーズを用いられることがありました。

名詞hangの意味

  1. 垂れ下がり: 物がぶら下がっている状態や方法を指します。例えば、カーテンの「hang」がどのように見えるか、つまりカーテンがどのように垂れ下がっているかについて話す場合に使います。
  2. 処刑、特に絞首刑: 「hang」は絞首刑による処刑を意味することがあります。この意味では、しばしば過去の文脈や歴史的な話題で登場します。
  3. 傾斜、向き: 物の傾きや向きを指す場合に用いられます。特に、絵画や写真などが壁に掛けられている角度について言及する際に使用されることがあります。
  4. 気質、傾向: 個人の性格や傾向を指す際にも「hang」という単語が用いられます。この用法は非常にカジュアルで、日常会話で見られることが多いです。
  5. 遅延、遅れ: 技術的な文脈では、「hang」はシステムやプロセスが停止または遅延している状態を指すことがあります。例えば、コンピュータが応答しなくなることを「a computer hang」と表現することがあります。

 

由来

“Get the hang of”という表現の正確な起源は不明ですが、19世紀中頃に英語圏で使われ始めたとされています。このフレーズがどのようにしてその意味を得たのかについては、いくつかの理論があります。

一つの説は、この表現が「適切な持ち方」や「バランスの取り方」を意味する古い意味から派生したというものです。たとえば、特定の道具や楽器を正しく「掛ける」または「持つ」方法を身につけることから、広く物事の「コツを掴む」という意味へと発展したと考えられています。

もう一つの考え方は、航海や登山などの技術に関連している可能性があるというものです。これらの活動では、綱やロープの「適切な扱い方」を理解することが重要であり、「hang」がそのような文脈で使われていた可能性があります。したがって、「get the hang of」は文字通りには「正しい吊り方を学ぶ」という意味から転じて、あらゆるスキルや活動における「基本を掌握する」という意味で使われるようになったとも言われています。

しかし、この表現の起源については、明確な記録や文献が残っていないため、これらの理論はあくまでも推測に過ぎません。それにもかかわらず、「get the hang of」は現代英語で広く使われており、新しいことを学んでいる人が進歩していることを示す便利なフレーズとして定着しています。

 

 

無料トライアル実施中

例文

運転の練習をしている弟に…

リョウ
Are you getting the hang of it?
運転のコツは掴んできた?

 

 

問題児の部下について話していて…

ロバート
I’m getting the hang of handling John.
ジョンの扱い方わかってきわ。

 

 

友人に勧められたゲームアプリをやっていて友人が…

ナオミ
It is easy once you get the hang of it.
一度コツを掴んだら簡単だよ。

 

 

新入社員について同僚と話していて…

スタローン
He’s finally started to get the hang of his tasks.
やっと仕事ができ初めてきたよ。

 

 

 

 

 

ロールプレイ

Alex: Hey, Sarah, how’s it going with the new graphic design software?

Sarah: Oh, Alex, it’s been challenging. I just can’t seem to get the hang of it.

Alex: Don’t worry. It took me a while too. How about I show you a few tricks I learned?

Sarah: That would be great. I really want to get better at it.

Alex: Once you understand the basics and practice a bit, you’ll find it much easier. Let’s start with the simplest functions and build up from there.

Sarah: Sounds good to me. Thanks for helping me out, Alex.

Alex: No problem. It’s all about practice. You’ll get the hang of it soon enough.

和訳

アレックス: ねえ、サラ。新しいグラフィックデザインソフトの使い方はどう?

サラ: ああ、アレックス、ちょっと難しいわ。なかなかコツを掴めないの。

アレックス: 心配しないで。僕も最初は時間がかかったよ。いくつか僕が覚えたコツを教えてあげようか?

サラ: それは嬉しい。もっとうまくなりたいの。

アレックス: 基本を理解してちょっと練習すれば、きっとずっと簡単に感じるようになるよ。まずは一番簡単な機能から始めて、そこから徐々にステップアップしていこう。

サラ: いいわね。手伝ってくれてありがとう、アレックス。

アレックス: いいってことないよ。練習が全てだから。すぐにコツを掴めるようになるよ。

音声

 

 

似た英語表現

“Get the hang of”に似た表現として、「master」、「get to grips with」、「get the knack of」といったフレーズがあります。これらの表現はいずれも、新しいスキルやタスクを理解し、上手くこなせるようになる過程を示します。以下に、それぞれの表現についての例文と和訳、解説を示します。

Master

例文: “After several attempts, he finally mastered the art of French cooking.”

和訳: “何度か試みた後、彼はついにフランス料理の技術を習得した。”

解説: 「Master」は、ある分野や技術において高いレベルの熟練度や知識を得ることを意味します。この表現は、「get the hang of」と比べて、より専門性や熟達度が高いことを示唆します。

Get to grips with

例文: “She’s really getting to grips with the new project management software.”

和訳: “彼女は新しいプロジェクト管理ソフトウェアを本格的に使いこなし始めている。”

解説: 「Get to grips with」は、困難や複雑な問題に直面しても、それを理解し、効果的に扱う能力を得ることを意味します。この表現は、「get the hang of」と同様に新しいスキルやツールを使いこなす過程を示しますが、より挑戦的な状況を克服するニュアンスがあります。

Get the knack of

例文: “It took me a while, but I finally got the knack of riding a skateboard.”

和訳: “時間はかかったけれど、ついにスケートボードのコツを掴んだ。”

解説: 「Get the knack of」は、「get the hang of」と非常に似ており、特定の活動やタスクをする際の「コツ」や「技巧」を掴むことを指します。この表現は、特定の技術や活動に対する自然な適性や方法を見つける過程を示しています。

これらの表現は、新しいことを学んでいる過程の異なる側面を表しており、それぞれが状況に応じて使い分けられます。

 

 

 

 

getに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が”get the hang of 〜”の意味とその使い方でした。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム