英語感覚アップ!”I’m meeting”と”I’m going to meet”の違いと使い分け

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”I’m meeting”と”I’m going to meet”の違いと使い分けについてお話します。

この記事を読めば、ネイティブの英語感覚へさらに近づきます。

それでは、まいりましょう。

 

 

“I’m meeting”

アイヴァン
I’m meeting Naomi tomorrow.
明日ナオミに会うんだ。

 

“meeting”を現在進行形にすることで、未来の確定した予定を伝えることができます。

なので、会うことは確定しているので時間や場所も決まっていることが状況から伺えます。

混乱しておきたくないのが、この”I’m meeting”は「今会っている最中」を表していないこと

進行形の中でも使い方が違うんですね。

 

 

“I’m going to meet”

ナオミ
I’m going to meet Naomi this Sunday.
今週日曜日に明日会う予定なんだ。

 

“I’m going to meet”の場合、”be going to”に注目しましょう。

これは不確かな未来の予定を伝える場合に使います。

会う話は出ているけどそこまで確定していないような状況ですね。

だから明日会うことが確定しているのに、下記例文のように”I’m going to 〜”となると不自然なんですね。

ナオミ
I’m going to meet Naomi tomorrow.
明日ナオミに会う予定なんだ。

 

なぜなら、だいたい明日会う場合ってもう確実ですでに場所とか日時も決まっていることが多いですよね。

なので、例外がない限りは”I’m meeting”になります。

 

 

“I’ll meet”はどうなの?

何時に会えるか聞かれて…

リョウ
I’ll meet you at 6. Is that okay?
6時に会いましょう。それで大丈夫?

 

“I’ll meet”は、”will”が使われているようにそのときに何かを決断したときに使われます。

文法用語でいうと、「意思未来」ですね。

上の例文の場合、何時に会えるか聞かれてその場で6時に会うことを決めたということになります。

もう少しわかりやすい例でいうと、

マイク
I’ll get rich.
金持ちになるぞ。

 

こんな感じです。

今、「なるぞ」って決めたような感じです。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、”I’m meeting”と”I’m going to meet”の違いと使い分けについてでした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。