3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

英語で「どういう意味?」と聞くための便利フレーズ集

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。本日は、相手の発言の意図がつかみにくい時に役立つ英語の質問表現に焦点を当てて解説します。この内容をマスターすることで、あなたのコミュニケーションスキルは次のレベルへと進化するでしょう。さあ、一緒に学びの旅を始めましょう。

 

 

「mean」の意味

meanは様々な意味が存在ます。今回は、「1」番の意味のmeanを紹介します。

  1. 「~を意味する」(動詞)
    • 何かが示す内容や表す概念を指します。例文:「What does this word mean?」(この単語はどういう意味ですか?)
  2. 「~を意図する」(動詞)
    • ある行動や発言が持つ目的や意図を示します。例文:「I didn’t mean to offend you.」(あなたを怒らせるつもりはなかった。)
  3. 「平均する」(動詞)
    • 数学の用語として、一連の数値の平均を求めることを意味します。例文:「The mean temperature of July is 30 degrees.」(7月の平均気温は30度です。)
  4. 「卑劣な」(形容詞)
    • 性格や行動が卑しい、低俗な、または悪意があることを表します。例文:「Don’t be so mean to your sister.」(妹にそんな卑劣なことをするな。)
  5. 「意地悪な」(形容詞)
    • 他人に対して不親切または悪意を持っているさまを表す時に用いられます。例文:「He said some really mean things.」(彼は本当に意地悪なことを言った。)
  6. 「節約する」(形容詞)
    • 資源を少なくして済ます、または費用をかけないさまを表す時にも使われます。この意味ではあまり一般的ではありませんが、特定の文脈では見られる表現です。

これらの意味以外にも、文脈に応じてさまざまな解釈が可能ですが、上記が「mean」の主な用途です。

 

 

無料トライアル実施中

1. What does ~ mean?

アイヴァン
Hey baby. I’m going out with my Japanese friend later. Do you want to tag along with me?
ねぇリョウ。日本人の友達と後で出かけるんだ。一緒に来る?
リョウ
What does “tag along” mean?
“tag along”ってどういう意味?

 

 

「What does ~ mean?」は、「~はどういう意味ですか?」と尋ねる際に使う非常に便利な英会話フレーズです。ここでの「mean」は、動詞として「~を意味する」という意味を持ちます。自分自身が相手の言葉を理解できない時、このフレーズを用いることで多くの場面で助けられました。単に意味を知りたい単語やフレーズを「~」の位置に挿入するだけです。また、ネイティブスピーカーの間では、”What does”を短縮して”What’s”と表現することも一般的です。

1-1. 代名詞を使ってシンプルに

また対象の単語が話し手との間ではっきりしているならシンプルに言いましょう。対象の単語を繰り返すのではなく、「~」のところに代名詞の”that”や”it”を入れます。その方がシンプルです。

マイク
What does that/it mean?
それどういう意味?

 

 

 

マイク
What do they mean?
それらの意味は何?

 

 

 

マイク
What does this mean?
これってどういう意味?

 

 

1-2. 理解した後は、”I get it.”や”I got it.”

相手に説明してもらって、理解できたら、”I get it./I got it”「わかりました。」を使いましょう。日本語では意味が「わかりました。」と過去形です。英語では今わかったことを伝えるときに現在形を用いて”I get it.”と表現することもできます。I got it.については”Got it”の意味とその使い方【返答に重宝する】も参考にしてみてください。

 

 

2. Could you tell me what ~ means?

リョウ
I’m an introvert person.
僕は内向的な人間なんだ。
マイク
Sorry, could you tell me what “introvert” means?
すみません、”introvert”の意味を教えていただけませんか?

 

 

「Could you tell me what ~ means?」は「~の意味を教えていただけますか?」と尋ねる、より丁寧な表現です。上司や目上の人に対しても、「What does ~ mean?」を使用することに問題はありませんが、より礼儀正しい「Could you tell me…」の形を選択することで、あなたの英語が中級や上級レベルであることを印象づけることができます。状況に応じてこれらの表現を使い分けることは、英語のコミュニケーション能力をさらに洗練させることにつながります。

 

 

3. What do you mean by that?

リョウ
There is always light behind the clouds.
雲の向こうはいつも青空だよ。
マイク
I don’t get it. What do you mean by that?
わからないよ。それってどういうこと?

 

 

 

リョウ
What do you mean, there is always light behind the clouds?
雲の向こうはいつも青空って、どういうこと?

 

 

「What do you mean by that?」は、「それはどういう意味ですか?」または「それによって何を意味していますか?」という質問を表します。相手の発言や用いた表現の意図や内容をより明確に理解したい場合に使います。このフレーズは、曖昧な表現や不明瞭な点があった時、または相手の言葉の背後にある意味を深掘りしたい時に特に有効です。

 

 

よりフォーマルな同じ意味の言い回し

これらのフレーズは、相手の言ったことをより深く理解するために役立ちます。状況や相手との関係性に応じて、最も適した表現を選ぶことが大切です。

Could you explain what you mean?

和訳:「それについてもう少し説明してもらえますか?」

解説:このフレーズは、相手の言葉や意図が完全には理解できなかった時に使います。丁寧な依頼の形をとっており、相手により詳細な説明を求めています。ビジネスやフォーマルな会話で特に有用です。

I’m not sure I understand. Could you clarify?

和訳:「よく理解できていないかもしれません。もう少し詳しく説明してもらえますか?」

解説:こちらのフレーズは、自分の理解が不十分であることを認めつつ、相手にさらなる説明を求める方法です。この自己開示は、会話において謙虚さを示し、同時により具体的な情報を得ることを目指します。

Can you elaborate on that?

和訳:「それについて詳しく説明してもらえますか?」

解説:「elaborate」は「詳しく説明する」という意味で、この質問は相手に提供された情報の詳細や追加の説明を求める際に使用します。専門的な討議や学術的な会話でよく用いられる表現です。

What’s meant by that?

和訳:「それはどういう意味ですか?」

解説:この表現は、特定の言葉やフレーズが持つ意味を尋ねる際に使われます。少しフォーマルなニュアンスを持ち、書かれた文章や公式な状況での会話に適しています。相手の発言の背後にある意図や概念を明確にするのに役立ちます。

 

 

 

 

meanの関連記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。いかがでしたか?機会があれば使ってくださいね。それではまた会いましょう!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム