英会話学習を成功させる7つのマインドセット!

こんにちは、リョウです。

今日は英語を流暢に自信を持って話せるためのステップをご紹介します。

英語を話せるためには、ポジティブな感情だけでなく、ネガティブな感情を感じないといけません。

それ踏まえた上でお話ししますね。

 

 

話す機会をたくさん作る!

まず話す機会を作らなければ、話せるようにはなりません。

かといって話す機会が日本には自然とあるわけではありません。

なのでご自身で機会を作っていく必要があります。

忙しい中、英語を話す機会を作るのは難しいと思いますが声に出せればなんでもよいのです。

いくつか例を挙げてみましたので、参考にしてみてください。

 

  • オンライン英会話で一日25分または週末にレッスン
  • 音読を1日5~10分(シャドーイング)
  • 外国人バーに行って声をかけてみる
  • 異文化コミュニティに入って外国人の友達を見つける
  • 日本語から瞬間英作文の練習を1日10分する
  • 1日3~5センテンス普段考えていることを英語にしてみる

 

考えるとこのようにアイディアはいくつかでてくると思います。

正直なところ、忙しくてなかなかできないという方は、そもそも「話したい」という気持ちがそこまで本気ではありません。

時間は作るものと考えて、1日5分でもいいので話す時間を作ってみましょう。

 

 

自分のワクワクを取り入れよう!

能率的に成果を出すには、どの分野にも言えることだと思いますが、自分のワクワクする範囲で英語を学ぶのが一番です

ただ、興味のものをやる必要がないといっているのではありません。

基礎力を付けるには、初めはやはり市販の教材でやるのも1つの方法です。

なので、基礎力がある程度着くまでは、ワクワクすることと基礎力を上げるための自主練習をうまく組み合わせましょう。

自分の興味のある分野、例えば映画や音楽で大好きであれば、洋画や洋楽を積極的に普段の生活に取り入れてみるとか。

正直なところ、ここは不純な動機でもいいと思います。

インターナショナルバーに行って、かっこいいまたは綺麗な外国人男性や女性と話してみるとか、オンライン英会話を利用して、魅力的な人と話してみるとかでいいと思います。

何かこういう形でワクワクするものを英語の学習に取り入れましょう。

そうすると、それがモチベーションになって長く英語と付き合うことができるのです。

ちなみに私は不純な動機から英語を始めました(笑)

 

 

目標を作って、小さな達成感を積み上げる

英語を流觴に話せることが目標だと思いますが、それに意識を取られすぎると、今のレベルとの差で挫折してしまう可能性もあります。

もちろん大きな目標を描くことは、何かを成し遂げる上でとても大切なことです。

それと同時に簡単に達成できそうな小さな目標も設定しましょう。

ある決めた小さな目標を達成することができれば、成功したと感じることができるし、さらにやる気も増します。

そして、次の目標も達成できるようになり、自信を少しずつつけていくことができるようになります。

例えば、私の場合だと、1週間毎日特定の同じ文章を5分シャドーイング(音声を聞きながら、それを追って音読する方法)していました。

初めの日と最後の日にシャドーイングした音読を録音して、ビフォーアフターを確認する作業を行うことで、発音やスムーズさ、アクセントの成長具合を感じることができました。

この小さな達成感の繰り返しです。

あくまでも一例ですが、こんな感じで小さな目標を作って達成感を常に味わえるような仕組みを作りましょう。

ここで大切なポイントは下記3つになります。

  • 大きな目標
  • 小さな目標
  • 小さな達成感を繰り返す

 

 

インプットしたら、アウトプットを繰り返す

一度学んだら、そのままという方は多いのではないでしょうか。

一度やったら、それで終わりにしないようにしましょう。

学んだものは頭に最終的には定着させる前提で学びましょう。

私の場合、小さな記事が100記事くらい入った本の各記事を最終的には50回ずつ読み返しました。

もちろんその教材で学んだ文のパターン、文法、フレーズ、音読もすれば発音も、そして、CD付きであれば、リスニング力と、すべてを一緒に向上させることができるのです。

 

 

色々と手をつけすぎない

語学を始める際にどれに手をつけていいかわからないので、とりあえずたくさん教材を買って、いっぺんにやろうとすることがあります。

しかし、たくさん手をつけすぎても実際に上達しているのかわかりづらいことがあります。

まんべんなくやるのも、それはそれで楽しいかもしれませんが、そこに小さな成功体験がなければ、「ただやっているだけ」の行為になってしまい目に見える上達をうまくつかめません。

なので、まずは一つの教材を買ってそれを徹底的に使いこなすことをしてください

その中でご自身の小さな達成感を積み上げていきましょう

 

 

ネガティブな感情と向き合う

英語を話していると思っていることを話せなかったことで落胆したり、ミスするのが怖かったりとネガティブな感情が沸き起こってくることがよくあります。

そういうことが理由で英語を辞めてしまっては非常にもったいないです。

ネガティブな感情は一時的なものです。付き合い方次第で英語の上達具合や楽しさが大きく変わってきます。

では、こういうネガティブな感情とどう向き合っていけばよいのか?

向き合い方にはいろいろあるかと思いますが、私がオススメするのは、「呼吸を意識すること」です。

ネガティブな気分になったときは、まずは呼吸を意識して内面にネガティブか感情があるのを認識することです。

これがスタートです。

向き合うのは、あまり気持ちのよい行為ではありませんが、向き合わないと逆にそういった感情から開放されることはありません

向き合うと少しずつ心が軽くなってきます。

そして、モチベーションや勇気を持てる、またクリアな思考で考えられる自分を実感するでしょう。

 

 

小さな達成もいつかは大きな達成になる

小さな目標を達成し続けるといつかはとてつもなく大きなものになります。

野球選手で世界的に有名なイチロー選手もこう言っています。

 

小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。

 

私も英語を始めたころはブロークンイングリッシュでスムーズに話せませんでした。

一体いつ話せるようになるのかとすごく不安になった時期もありました。

でも小さな目標を達成していくうちに少しずつ英語が上達していくことに気づきました。

そして今では、日本語と同じくらい快適にスムーズに話せるようになりました。

求めたいレベルは人それぞれ違いと思いますが、共通するところは同じです。

それは「小さな成功体験を積み重ねる」ことです。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでも英語を通じて、あなたの可能性を広げることができたら幸いです。

それでは、また会いましょう。

 

 

英会話初心者の方に読んでほしい!おすすめの勉強法と意識するポイント

2017.12.04

今日から活用できる!英語を流暢に話すために知っておくべき8つのコツ

2017.09.30

英語のスピーキング力を飛躍的にアップさせるために知っておきたい3つのこと

2016.06.24

友達にシェアして教えてあげる

RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中