口頭やメールで会議をキャンセルする際に使えるお詫びの英語表現3選

こんにちは、リョウです。

今日は、会議をキャンセルする際に使えるお詫びの英語表現3選をご紹介します。

この記事を読めば、さらにスムーズに会議をキャンセルすることができます。

それでは、まいりましょう。

 

 

直属の上司や同僚へ伝える場合

ナオミ
I’m sorry, but I have to cancel the meeting because I’m feeling sick today.
すみませんが、本日体調不良のため会議をキャンセルしなければいけません。

 

このように、直属の上司や同僚へ約束や会議をキャンセルするときは、”I’m sorry, but I have to cancel 〜 because (of) ….”を使いましょう。

理由に「名詞」を持ってくる場合は、”of”を使って”because of an urgent matter”「急用で」のように伝えましょう。

 

 

クライアントへ伝える場合

ナオミ
I’m afraid I can’t make it to the meeting on Monday due to a sudden change in my schedule.
申し訳ございませんが急な日程の変更により月曜日の会議に出席することができません。

 

相手がクライアントや同じ会社でも自分より役職が2つ以上の相手にはもう少し丁寧に”I’m afraid I can’t make it to 〜 due to …”を使いましょう。

“I’m afraid 〜.”「申し訳ありませんが、〜。」や”make it to 〜”「〜へ出席する」や”due to 〜”「〜のため」のいずれもフォーマルな場面で使えるフレーズです。

 

 

メールでクライアントへ伝える場合

マイク
I regret to inform you that I have to cancel our meeting scheduled at 1 p.m. on Tuesday.
大変残念なお知らせでありますが火曜日の1時に予定していた会議をキャンセルしなければいけません。

 

クライアント相手にメールで会議のキャンセルをするときは、“I regret to inform you that I have to cancel our meeting scheduled at 〜”このようにもう少し硬い表現を使うとよいです。

“regret to 〜”で「残念ながら〜する」という意味です。

この後に理由として、”due to …”を添えてもよいですができれば顔も見えないし声も聞こえないので、下記例文のように詳しく理由を説明するのがベストです。

リョウ
Because I have been notified by my assistant that I must take a business trip to the US.
秘書より知らせがありアメリカへ出張をしなければいけないためです。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、会議をキャンセルする際に使えるお詫びの英語表現でした。

それでは、See you around!

「いいね!」で
最新情報を受け取る

他の人に教えてあげる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中