会議進行で話題を振るときに使える英語表現3選とその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は会議進行で話題を振るときに使える英語表現3選とその使い方についてお話します。この記事を読めば、会議進行がさらにスムーズになります。それではまいりましょう。

 

 

1. What do you think, ~?

リョウ
What do you think, Mike?
マイクどう思う?
マイク
I totally agree with that, but I’m concerned about the lack of team members.
同感ですが、チームメンバーの不足に関しては心配ですね。

 

 

まず一つ目がこちらです。“What do you think, 〜?”「〜、どう思いますか?」という意味になります。動詞”think”を使った”what”の疑問文ですね。相手の名前は文の前か後ろに入れてあげましょう。

 

“How do you think?”とは言わない?

英語を習い始めた人によくありがちな間違いなのが、“How do you think”と言ってしまうことです。”how”は「どんな状態、どんな具合」なのか尋ねるときに使う疑問詞です。「何」を考えているのか聞きたいときは、”what”を使いましょう

 

 

2. What are your thoughts on this, ~?

リョウ
What are your thoughts on this, Mike?
マイク、君の意見を聞かせてください。
マイク
I’d rather take “Plan A”. The other one is too risky, isn’t it?
僕ならプランAを取ります。もう一つのほうはリスクが高すぎませんか?

 

 

“What are your thoughts on this, 〜?”「〜、これについてあなたの意見を教えてください。」となります。動詞”think”の名詞”thought”を使って相手に意見を求めることもできます。相手の考えが複数の可能性もあるので、“thought”はあえて複数形にしましょう

 

 

3. How do you feel about 〜?

スタローン
How do you feel about this event, Ivan?
このイベントに関してどう感じていますか、アイバン?
アイヴァン
I feel that this will be successful. I’m so excited.
これはきっと成功すると思います。すごく楽しみだわ。

 

“What do you feel about 〜?”「〜についてどのようにお感じですか?」という意味になります。意見を求める際に、動詞”feel”「感じる」を使うこともできます。

 

“think”じゃなくて”feel”なわけ

ただし、「感じる」という意味の動詞”feel”を使っているので、”think”と違って、論理的な意見というより、直感や感情的な意見を相手に求めていることになります

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。いかがでしたか?機会があればどんどん使っていきましょう。それではSee you again!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出