会話でよく使う動詞”charge”の意味と5つの使い方

毎月100名様限定

毎月100名様限定

こんにちは、リョウです。

今日は、会話でよく使う動詞”charge”の意味と5つの使い方についてお話します。

ここで紹介す動詞”charge”の意味がすべてではありませんが、会話でよく聞くまたは使う意味だけを抜粋して紹介していますので、下記使い方を押させておけば動詞”charge”をスムーズに使いこなすことができるでしょう。

この記事を読めば、英語表現がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

1. 請求する

マイク
We won’t charge you for delivery if you pay in cash.
現金で払っていただけるならは配達料は請求しませんよ。

 

まず一番よく知られている意味としては、「請求する」ではないでしょうか。この場合、他動詞にも自動詞にもなることができ、自動詞だと下記例文のようになります。

マイク
Do you think they will charge for entrance fee?
入場料は請求するのかな?

 

 


2. (カードで)支払う

リョウ
How would you like to pay?
お支払い方法はどうなさいますか?
マイク
I’ll charge it.
カードで支払います。

 

2つ目は、「〜をカードで支払う」です。ただしアメリカ英語です。

例文のようにどのカードで支払いたいのか明確に伝えたい場合は、前置詞”on”を使って下記のように伝えます。

リョウ
I’ll charge it on Visa.
ビザカードで支払います。

 

 

3. 〜をツケ払いする

リョウ
Would you charge the drinks to my room?
飲み物を部屋付にしてくれますか?

 

「後払いする」というところでは似たような意味になりますが、「ツケ払いする」という意味もあり、例文のようにホテルで滞在した際に使えますね。

 

 

4. 告訴する

リョウ
He’s being charged with murder.
彼は殺害容疑で告訴されてるんや。

 

4つ目は、ニュースでよく聞く使い方になりますが、例文のように受け身の形で「告訴する」という意味でよく使われます。

 

 

5. 充電する

ナオミ
Can I charge my phone a bit more before we leave?
出る前にもう少し携帯を充電してもいい?
マイク
Where did you take my phone!? I was charging it.
俺の携帯どこへ持って行ったの?充電してたんだ。

 

最後は、「充電する」です。個人的にはスマホが大変普及しているのでこの意味が一番よく使われるんじゃないかと思うぐらいです。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、会話でよく使う動詞”charge”の意味と5つの使い方でした。

それでは、See you around!

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。