確実な成果を出すならRYO英会話ジム

ビジネス英語に大変役立つアクティブリスニングスキルを向上させる10の方法

RYO英会話ジムです。高いコミュニケーションスキルはあらゆる業界で評価されており、リスニングスキルは効果的なコミュニケーションに不可欠な要素です。仕事上の場面でも、それ以外でも、自分のリスニングスキルを評価し、強化することは有益なことです。

この記事では、ビジネス英語においてリスニングスキルが重要な理由と、自分のアクティブリスニングスキルを向上させるための10の効果的な方法について説明します。それではまいりましょう。

 

 

アクティブリスニングとは?

アクティブリスニングでは、話し手の話を注意深く聞き、その内容を理解し、受け答えし、後でその情報を保持する必要があります。これにより、聞き手と話し手の両方が会話に積極的に参加することができます。

 

 

無料トライアル実施中

なぜアクティブリスニングスキルが重要なのですか?

リスニング スキルは、良好なコミュニケーションに不可欠な要素です。 注意深く耳を傾けると、人間関係を改善し、より効果的に意思決定を行い、他の人との合意にすばやく達することができます。ここでは、リスニングスキルが重要である理由をさらにいくつかご紹介します。

  • 個人の思考、行動、感情に注意を向けることができるようになる
  • 人々に影響を与え、奉仕し、動機づけし、効果的に開発する力を高めることができる
  • 組織が市場動向や消費者ニーズに適応するために、与えられた情報を効率的に運用することができるようになる
  • 基本的な人間関係を強化する
  • 個人的、職業的な人間関係を構築する

リスニング スキルは、次のような多くのビジネス ロールにも重要です。

  • 販売
  • 交渉
  • コーチング
  • メンタリング
  • 面接
  • マーケティングリサーチ
  • ファシリテーション

 

 

リスニングスキルを向上させる方法

現在のリスニングスキルを評価し、改善すべき点を見極めることは有益なことです。ここでは、リスニングスキルを向上させるための方法をいくつかご紹介します。

 

1.話し手とのアイコンタクトを維持する

誰かの話を聞いているとき、窓の外を見たり、携帯電話をメールしたりスクロールしたり、コンピューターの画面をスキャンしたりするのは避けるべきです。

不必要な雑念を排除し、話し手に注意を払い、相手の顔を見るようにしましょう。そうすることで、相手の話に興味があるという非言語的な合図を与えることができ、相手は自分の考えを伝え続けることができます。

話し手がシャイであったり、不確実性を感じていたり、あるいは文化的に直接アイコンタクトをとらないために、あなたを見ていない可能性があることを考慮に入れてください。相手がこちらを見なかったとしても、あなたは話し手の方を向き続けるべきです。

 

 

2. 話し手の言っていることをイメージする

情報を保持するために、話を聞いている間、話し手の言っていることを頭に思い浮かべるようにしましょう。文字どおりの絵でもいいですし、その話題に関連する他の概念でもかまいません。このように、キーワードやフレーズを覚えておくと、長時間のリスニングに役立ちます。

また、話し手の言っていることを視覚化することで、次に何を言うかを準備する必要がなくなります。万が一、集中力が切れてしまった場合は、すぐに集中し直すようにしましょう。

 

3. 批判を制限する

話し手が話している間、頭の中で批判をせずに聞く。たとえメッセージに動揺や警戒心を抱いたとしても、否定的なコメントや批判的なコメントを考えるのは、聴く能力を損なうので避けるようにしましょう。

また、心を開いて話を聞き、相手が自分の意見を言っていることを理解するようにしましょう。相手が話し続けるうちに、もっと意味があることに気づくかもしれませんし、話を聞かなければ全容を知ることはできません。

 

4. 割り込まない

人が話し、情報を処理する速度は人それぞれです。誰かがゆっくりとメッセージを伝えている場合、忍耐力を養い、相手が話し終わる前に次の言葉を推測したり、返事をしたりして、相手を急がせようとする前に、相手が話し終えるのを待つようにしましょう。

話を遮ることは、話し手にとって間違ったメッセージを送ることになります。自分の言いたいことの方が重要である、相手の話には興味がない、会話は競争である、といったニュアンスになる可能性があります。

また、解決策を提示しないことも重要です。多くの場合、人はただ話を聞いてほしいだけなのです。しかし、あなたが素晴らしいアイデアを持っている場合、解決策を提示する前に、あなたのアイデアを共有できるかどうか尋ねることを検討することができます。

 

5. 質問するときは間を空ける

相手が言ったことすべてを理解できるわけではありません。相手が一時停止するまで待って、自分が誤解しているトピックやフレーズをバックアップしてもらい、明確にしてもらうのがベストです。

 

6. 明確な質問をする

明確な質問をすることで、会話を続けることができます。話し手が伝えようとしている主旨と関係のないことを質問するのではなく、自分の理解に関連することだけを質問したいものです。質問を中断することなく、明確な質問をすることは、あなたが話を聞き、注意を払い、さらに議論する意思があることを示します。

 

7. 話し手に共感する

効果的なリスニングには、共感が不可欠です。話し手が持っている感情を反映させる必要があります。例えば、相手の表情から悲しみや喜びが伝わってきたら、あなたの表情や言葉も同じような感情を伝える必要があります。

話し手に共感することは、集中力とエネルギーを必要としますが、オープンなコミュニケーションを可能にし、人間関係を構築することができます。

 

8. 非言語的な合図に注意を払う

個人間で行われるコミュニケーションの中には、非言語的なものもあります。相手があなたとコミュニケーションをとっているときのボディランゲージや声のトーンを通じて、その人について多くのことを知ることができます。相手が話しているときの目や口、肩の位置によって、退屈しているのか、熱心なのか、イライラしているのか、簡単に察知することができます。

したがって、リスニングには、非言語的な合図に注意を払うことも含まれます。相手が話しているときに何を言いたいのか、推論するのに役立ちます。

 

9. 話し手にフィードバックを与える

フィードバックには、言語的なものと非言語的なものがあります。言葉によるフィードバックは、”I understand that must be difficult”、”OK “などと言うことができます。頭をなでる、適切な表情をするなどの非言語的な合図を使うこともできます。

目標は、あなたが積極的に聞いていることを話し手に伝えることです。誰かがあなたにタスクを与えている状況では、あなたが何をすべきかを理解していることがわかるように、タスクリストを話し手に返すようにしてください。また、相手が言ったことを書き留めることも、注意深さを示すことになります。

 

10. 聴く練習をする

誰かがあなたに話しているときに自分が何をしているかを意識することで、リスニングの練習をすることができます。直接会って話を聞いた後、聞いたこと、理解したこと、認めたことを書き留めたり、オーディオブックやポッドキャストをテキストなしで聞いたりしてみましょう。

また、オーディオブックやポッドキャストをテキストなしで聞いてみるのもいいでしょう。そうすることで、情報の受け手としての自分の役割を意識することができ、コミュニケーション能力全般を高めることができます。

 

 

今回お話した内容

 

 

 

 

ビジネス英語に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上がビジネス英語に大変役立つアクティブリスニングスキルを向上させる10の方法(例付き)でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム