ネイティブはこう発音する!”it will”や”that will”がなぜ聞き取れない?

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日はネイティブが発音する”it will”や”that will”についてお話します。この記事を読めば、”it will”や”that will”のネイティブ発音が簡単に聞き取れるようになります。それでは、まいりましょう。

 

 

動画チュートリアル

 

 

まずは聞き取ってみよう

ネイティブが発音する”it will”や”that will”を聞き取るには、音が短くなることを知る必要があります。まずは二人の会話を聞いてみましょう!

お店で…

リョウ
How much are they in total?
全部でいくらですか?
マイク
That’ll be 100 dollars.
100ドルになります。

 

 

 

友人と喫茶店にいて…

マイク
Oh my. It’s still raining.
あらら。まだ雨降ってるね。
リョウ
I hope it’ll be fine tomorrow.
明日晴れるといいね。

 

 

 

「ダル」と「イル」

「イットゥウィル」や「ダットゥウィル」とはまったく違って聞こえたのではないでしょうか。“it will”“that will”のそれぞれの単語が一つに聞こえたかと思います。音の省略に伴って、ポストロフィー「’」が使われています。まず“that’ll”ですが、ネイティブが発音すると“t”の音が抜け落ちます。そうなることで「ダットゥウィル」から「ダル」のような音になります。“will”“wi”も省略されているので、「ウィル」「ル」のようになります。そして、“it’ll”ですが、こちらも“t”の音が抜け落ちて、「イットゥウィル」から「イル」のような音になります。

 

 

例文を聞きながら真似してみよう!

それでは、マイクとリョウの例文を聞きながら、音を真似してみましょう!

友人が仕事をなくして…

マイク
It’ll be all right.
なんとかなるよ。

 

 

スーパーで肉500グラムを店員さんがはかりにかけていて…

リョウ
That’ll be enough.
それで十分です。

 

 

 

効率的にアウトプットトレーニングする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に完全されます。なぜなら生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで今後の改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになります。

プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増します。特に相手になかなか上手く伝わらない方、実際に話すとなるとうまく表現できない方、そしてある程度話せるようにはなったけどそれ以上成長感が感じられない方にオススメです。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

willに関連する発音記事

では最後にwillに関連する発音記事をご紹介します。今後の英語学習にどうぞお役立てください。

もう大丈夫!”won’t”と”want”の発音の違いを簡単に聞き分ける方法

2018年5月1日

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。少々”ll”の部分の発音が難しいですが、リピーティングで口に馴染ませましょうね。以上が、ネイティブはこう発音する!”it will”や”that will”がなぜ聞き取れない?でした。それでは、See you again!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出