3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

乾杯の英語「Cheers」完全ガイド:使い方と例文

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはリョウです。今日はカジュアルに「乾杯!」と言いたいときの英語表現とその使い方についてお話します。この記事を読めば英語力が今日より少しアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

「Cheers」の基本的な使い方

「Cheers」の発音と使い方

「Cheers」の発音は「チアーズ」と読みます。簡単な単語ですが、発音をしっかり練習することで自信を持って使えるようになります。

発音のポイント:
  • 「Ch」は「チ」の音になります。日本語の「チ」と同じですが、少し柔らかく発音します。
  • 「eers」は「イアーズ」のように伸ばして発音します。
使い方:

「Cheers」は乾杯の際に使う英語の定番表現です。グラスを持ち上げて、みんなと目を合わせて「Cheers!」と言いながら乾杯します。以下の例文を参考にしてください。

例文:
  • “Cheers! Here’s to a successful year!”
    (乾杯!成功の年を祝して!)
  • “Cheers! To friendship!”
    (乾杯!友情に!)

使うタイミングとシチュエーション

「Cheers」は飲み会や食事の席での乾杯のときに使います。以下は、具体的なシチュエーションとタイミングの例です。

使うタイミング:
  • 飲み会の開始時: みんなが揃ったら、飲み会の始まりに「Cheers!」と言って乾杯します。
    • 例:友達と集まって「Cheers! Let’s have a great night!」(乾杯!楽しい夜を過ごそう!)
  • 特別なイベントやお祝いの時: 誕生日や昇進祝いなどの特別なイベントの乾杯時にも使います。
    • 例:誕生日パーティーで「Cheers! Happy Birthday!」(乾杯!お誕生日おめでとう!)
  • ビジネスの飲み会: 同僚やクライアントとの飲み会で、ビジネスの成功を祝うときに使います。
    • 例:仕事の打ち上げで「Cheers! To our successful project!」(乾杯!プロジェクトの成功に!)
シチュエーション:
  • カジュアルな飲み会: 友達や家族と気軽に飲むときに「Cheers!」を使います。このシチュエーションでは、リラックスした雰囲気で使えます。
    • 例:家族のディナーで「Cheers! To family time!」(乾杯!家族の時間に!)
  • フォーマルな飲み会: ビジネスや正式なイベントの乾杯でも「Cheers!」は使えますが、少しフォーマルな表現にすることもあります。
    • 例:公式ディナーで「Cheers! To our continued partnership!」(乾杯!これからもよろしくお願いします!)

「Cheers」はシンプルで使いやすい表現なので、ぜひいろいろなシチュエーションで使ってみてください。発音とタイミングを押さえておけば、英語の飲み会でも自信を持って乾杯できます。

 

 

無料トライアル実施中

「Cheers」を使った実際の会話例

会話の例1:友達との飲み会

シチュエーション: 友達と集まって飲み会を始めるとき。

会話例:
  • A: “Alright everyone, let’s get this party started!”
  • B: “Yeah, let’s do it! Cheers to a great night!”
  • 全員: “Cheers!”
日本語訳:
  • A:「よし、みんな、パーティーを始めよう!」
  • B:「うん、やろう!楽しい夜に乾杯!」
  • 全員:「乾杯!」

会話の例2:ビジネスの飲み会

シチュエーション: 同僚やクライアントとのビジネスディナーの席で。

会話例:
  • A: “I want to thank everyone for their hard work this quarter. Let’s raise our glasses. Cheers to our continued success!”
  • B: “Cheers!”
  • 全員: “Cheers!”
日本語訳:
  • A:「この四半期の皆さんの努力に感謝します。グラスを上げましょう。我々の継続的な成功に乾杯!」
  • B:「乾杯!」
  • 全員:「乾杯!」

会話の例3:家族との乾杯

シチュエーション: 家族が集まっての食事の際に。

会話例:
  • A: “It’s great to have everyone here together. Let’s toast to our family. Cheers!”
  • B: “Cheers to family!”
  • 全員: “Cheers!”
日本語訳:
  • A:「みんなが一緒に集まれて嬉しいね。家族に乾杯しよう。乾杯!」
  • B:「家族に乾杯!」
  • 全員:「乾杯!」

これらの会話例を参考にして、実際の場面で「Cheers」を使ってみてください。それぞれのシチュエーションに合わせて、適切な表現を選ぶことで、自然な英会話が楽しめるようになります。

 

 

イギリスではもう2つ意味がある

イギリスではこのCheersを別の意味でも使うことができます。ただしどちらもカジュアルな表現となるので使う場面には少し気をつけましょう。1つは「ありがとう」です。

友人から…

ウィル
I bought you a beer.
君にビール買ってきたよ。
リョウ
Cheers, mate.
ありがとう。

 

余談ですがイギリスやオーストラリアでは親しみを込めて文末にmateをつけることが多いです。あともう一つの意味ですが別れ際の「さよなら」にも使うことができます。

別れ際に…

アイヴァン
Let’s meet up again soon. Cheers.
またすぐ会おうね。じゃあね。

 

 

「Cheers」の由来と文化的背景

「Cheers」の歴史

「Cheers」という言葉の起源は古く、元々は「幸福」「喜び」「感謝」を表す言葉として使われていました。古英語の「chiere」や古フランス語の「chere」という言葉から派生しており、「顔」や「表情」を意味していました。その後、中世のヨーロッパでは「健康を祝う」という意味で使われるようになり、現在の乾杯の表現に繋がりました。

乾杯の習慣自体は紀元前から存在しており、古代ギリシャやローマの時代には、神々や祖先への敬意を示すために行われていました。時代が進むにつれて、乾杯の意味は「友情」「連帯感」を示すものとして定着しました。

イギリスとアメリカでの違い

「Cheers」はイギリスとアメリカの両方で使われていますが、少し異なる使い方が見られます。

イギリス:
  • 乾杯: イギリスでは「Cheers」は主に乾杯の際に使われます。また、日常会話でも「ありがとう」や「さようなら」の意味で使われることがあります。
    • 例:バーで飲み物を注文した後、バーテンダーに「Cheers, mate!」(ありがとう、友よ!)と言うこともあります。
アメリカ:
  • 乾杯: アメリカでも「Cheers」は乾杯の際に使われますが、主に正式な乾杯の場面で使われることが多いです。日常会話で「ありがとう」として使うことはあまりありません。
    • 例:パーティーで乾杯するとき「Cheers! To a great evening!」(乾杯!素晴らしい夜に!)

他の国での乾杯の文化

世界各国には、それぞれの乾杯の習慣と表現があります。いくつかの例を紹介します。

フランス:
  • 「Santé」: フランスでは「Santé」(サンテ)と言って乾杯します。「健康」という意味です。
    • 例:友達とのディナーで「Santé!」(健康を祝して!)
ドイツ:
  • 「Prost」: ドイツでは「Prost」(プロースト)と言います。「乾杯」という意味です。
    • 例:ビールを飲む際に「Prost!」(乾杯!)
スペイン:
  • 「Salud」: スペインでは「Salud」(サルー)と言って乾杯します。「健康」という意味です。
    • 例:友達との飲み会で「Salud!」(健康に!)
中国:
  • 「干杯」: 中国では「干杯」(ガンベイ)と言います。「飲み干す」という意味です。
    • 例:祝賀会で「干杯!」(乾杯!)
日本:
  • 「乾杯」: 日本では「乾杯」(カンパイ)と言います。「グラスを乾かす」という意味です。
    • 例:飲み会で「乾杯!」(乾杯!)

このように、各国には独自の乾杯文化がありますが、どの国でも乾杯は人々の結びつきを強める重要な儀式です。「Cheers」は英語圏で広く使われる乾杯の表現として、国際的にも通用する言葉です。さまざまなシチュエーションで使えるようにしておくと、海外の友人や同僚との飲み会でも楽しめるでしょう。

 

 

まとめ

「Cheers」の重要性と使い方のポイント

「Cheers」は飲み会やお祝いの場で使う重要な英語表現です。この一言で、その場の雰囲気を明るくし、参加者全員の連帯感を高めることができます。以下は「Cheers」を使う際のポイントです:

  1. 発音をしっかり練習する: 「チアーズ」と柔らかく発音します。
  2. 使うタイミングを把握する: 飲み会の開始時やお祝いの場で使います。
  3. シチュエーションに応じた表現: 友達、ビジネス、家族と、それぞれのシチュエーションに合った言い方を選びましょう。
  4. 自信を持って言う: 「Cheers」を言うときは、自信を持って笑顔で言うことが大切です。

「Cheers」はシンプルでありながら、非常に効果的な表現です。これをマスターすることで、英語での飲み会やお祝いの場面でも安心してコミュニケーションが取れるようになります。

読者への感謝

この記事を読んでいただき、本当にありがとうございます。皆さんが「Cheers」を使って、英語の飲み会やお祝いの場で楽しい時間を過ごせることを願っています。今後も、役立つ英語表現や文化についての記事をお届けしていきますので、ぜひ引き続きご覧ください。

Cheers!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム