“but”はつける?”I’m afraid 〜.”の意味と必ず押さえておきたい3つの使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”I’m afraid 〜.”の意味と必ず押さえておきたい3つの使い方についてお話します。「怖い」という意味や「残念な」という意味があったり、実際どういった場面でそれらを使えばよいのか混乱しませんか。この記事を読めば、”I’m afraid 〜.”の使い方をマスターすることができます。それではまいりましょう。

 

 

動画チュートリアル

 

 

1: I’m afraid + 文.

“I’m afraid + 文.”で「〜ではないかと思う。」や「残念ながら、〜。」、「申し訳ありませんが、〜。」という意味です。どういうときに使うかというと聞き手にとって好ましくない情報を伝えないといけないときによく使います。下の会話をみてみましょう。

服屋さんで…

ナオミ
Do you have this in small size?
これのSサイズありますか?
マイク
I’m afraid  it’s out of stock at the moment.
残念ながら現在品切れになっております。

 

 

 

友人との会話で…

ナオミ
Are you joining us for her birthday party?
彼女の誕生日会には参加するの?
マイク
Sorry. I’m afraid I can’t join you guys.
ごめん。参加できないと思う。

 

 

 

1-1: “I’m afraid + 文.”は、少しフォーマルな言い方

“afraid”の意味でよく知られているのが「怖がって」という意味ですが、ここで使われているのはそうではありません。聞き手にとって、がっかりさせるようなまた好ましくない内容を、丁寧に伝えるときに使われる表現です。

 

 

1-2: “I’m afraid, but”とは言わない?

よく、”I’m afraid, but”と言ってしまうことがあります。おそらくこれは、「残念ですが、」の「が」という日本語の意味からきているのだと思います。しかし、”I’m afraid, but”という表現は、英語では文法的に、間違いです。なので”I’m afraid +文”の形を意識して、アウトプットしましょう。

 

 

1-3: “I’m sorry” vs “I’m afraid”

“I’m sorry”と”I’m afraid”って、なんか似ているようで、混乱しますよね。しかし、これら二つは似ているようだけど、使い方が違います。”I’m sorry”は、ある行為に対して、相手に謝るときに使います。一方で”I’m afraid”は、相手に謝っているわけではなく、相手に悪いニュースを伝えるときに、直接的すぎないように和らげているだけです。

今日のパーティに誘われていた友人に電話で…

リョウ
I’m afraid I won’t be able to make it today.
残念だけど、今日は行けないと思う。

 

 

リョウ
I’m sorry, I won’t be able to make it today.
ごめん、今日は行けないと思う。

 

 

 

2: “I’m afraid not.”と”I’m afraid so.”

まず、”I’m afraid not.”も”I’m afraid so.”も「残念ながら」という意味になります。シンプルに言えば”No.”または、”Yes.”の代わりに使うことができます。相手にとって、好ましくない、またはがっかりさせるような答えに対して、直接的に”No.”と言うのではなく、一つクッションを置いて”I’m afraid not.”と言うと、少し丁寧なニュアンスになります。“I’m afraid so.”も同じ感じで、がっかりさせるような答えに対して、”Yes.”と言う代わりに”I’m afraid so.”と言うことができます。

知人と就活について話していて…

ロバート
Did I pass the interview?
面接通りましたか?
ナオミ
I’m afraid not.
残念ながら。

 

 

同僚と明日のスピーチについて話していて…

ロバート
Do I really have to give a speech tomorrow?
明日、本当にスピーチしないといけないの?
ナオミ
I’m afraid  so.
残念ながら。

 

 

 

3: “I’m afraid of 名詞/動名詞”

“I’m afraid of 〜.”で「〜が怖い。/〜を恐れている。」という意味で、”of”の直後には名詞または動名詞(-ing形)がきます間違えやすいパターンが”I’m afraid of make mistakes.”のような感じで、ここをそのまま動詞の原形を持って来てしまうことです。“make”ではなく”making”とする必要があります。と言っても間違えてしまうのは仕方ないので、間違えながら修正していきましょう。

それでは下の会話を見てみましょう。

友人との会話で…

マイク
What are you afraid of the most?
何が一番怖い?
リョウ
I’m afraid of my wife the most.
うちの嫁が一番怖いよ。

 

 

 

afraidに関連する記事

“have the guts”の意味とその使い方【使えるとかっこいい】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”I’m afraid 〜.”の意味と必ず押さえておきたい3つの使い方でした。機会があればどんどん使っていきましょう。それではSee you next time!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。