今すぐシェア!”I’m afraid 〜.”の必ず押さえておきたい3つの使い方

1: I’m afraid + 文.

“I’m afraid + 文.”で「〜ではないかと思う。」や「残念ながら、〜。」という意味です。どういうときに使うかというと、聞き手にとって、好ましくない情報を伝えないといけないときに、よく使います。

下の会話をみてみましょう。

ナオミ
Do you have this in small size?
これのSサイズありますか?
マイク
I’m afraid  it’s out of stock at the moment.
残念ながら、現在品切れになっております。

 

 

 

ナオミ
Are you joining us for her birthday party?
彼女の誕生日会には参加するの?
マイク
Sorry. I’m afraid I can’t join you guys.
ごめん。参加できないと思う。

 

 

 

“I’m afraid + 文.”は、少しフォーマルな言い方

“afraid”の意味でよく知られているのが「怖がって」という意味です。しかし、ここで使われているのは、そうではありません。聞き手にとって、がっかりさせるような、また好ましくない内容を、丁寧に伝えるときに使われる表現です。

 

 

“I’m afraid, but”とは言わない?

よく、”I’m afraid, but”と言ってしまうことがあります。おそらくこれは、「残念ですが、」の「が」という日本語の意味からきているのだと思います。しかし、”I’m afraid, but”という表現は、英語では文法的に、間違いです。

なので、”I’m afraid +文”の形を意識して、アウトプットしましょう。

 

 

“I’m sorry” vs “I’m afraid”

“I’m sorry”と”I’m afraid”って、なんか似ているようで、混乱しますよね。しかし、これら二つは似ているようだけど、使い方が違います。

“I’m sorry”は、ある行為に対して、相手に謝るときに使います。

一方で、”I’m afraid”は、相手に謝っているわけではなく、相手に悪いニュースを伝えるときに、直接的すぎないように和らげているだけです。

 

今日のパーティに誘われていた友人に電話で…

リョウ
I’m afraid I won’t be able to make it today.
残念だけど、今日は行けないと思う。

 

 

 

リョウ
I’m sorry, I won’t be able to make it today.
ごめん、今日は行けないと思う。

 

 

 

2: “I’m afraid not.”と”I’m afraid so.”

まず、”I’m afraid not.”も”I’m afraid so.”も、「残念ながら」という意味になります。シンプルに言えば、”No.”または、”Yes.”の代わりに使うことができます。

相手にとって、好ましくない、またはがっかりさせるような答えに対して、直接的に”No.”と言うのではなく、一つクッションを置いて、”I’m afraid not.”と言うと、少し丁寧なニュアンスになります。

“I’m afraid so.”も同じ感じで、がっかりさせるような答えに対して、”Yes.”と言う代わりに、”I’m afraid so.”と言うことができます。

 

ロバート
Did I pass the interview?
面接通りましたか?
ナオミ
I’m afraid not.
残念ながら。

 

 

 

ロバート
Do I really have to give a speech tomorrow?
明日、本当にスピーチしないといけないの?
ナオミ
I’m afraid  so.
残念ながら。

 

 

 

3: “I’m afraid of 名詞/動名詞”

“I’m afraid of 〜.”で「〜が怖い。/〜を恐れている。」という意味です。

“of”の直後には、名詞または動名詞(-ing形)がきます。間違えやすいパターンが、ここをそのまま動詞の原形を持って来てしまうことです。

“I’m afraid of make mistakes.”のような感じです。”make”ではなく、”making”とする必要があります。と、言っても間違えてしまうのは仕方ないので、間違えながら修正していきましょう。

それでは、下の会話を見てみましょう。

マイク
What are you afraid of the most?
何が一番怖い?
リョウ
I’m afraid of my wife the most.
うちの嫁が一番怖いよ。

 

 

 


以上が、”I’m afraid “の3つの使い方でした。機会があれば、どんどん使っていきましょう。それでは、See you next time!

 

 

謝罪で必ず使える、"I'm sorry, but 〜."と"I'm sorry 〜."の簡単な使い分け。今日からはこれらのフレーズをマスターして、サラッと謝ろう!

2017.09.18

ご紹介、相手の状況を理解したり、励ますときに便利な"I know you ~."の意味と使い方!

2017.05.10

「彼はどんなタイプの女性が好きだと思う?」を英語で言うと?意外と知らない"疑問詞 + do you think ~?"の使い方を紹介!

2017.04.20
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。