確実な成果を出すならRYO英会話ジム

国際ビジネスで必須の英語資格:あなたのキャリアを変えるステップ

こんにちはRYO英会話ジムです。世界がますます相互につながる中で、国際ビジネスにおける英語の役割は非常に大きなものとなっています。英語資格は、グローバルな舞台で活躍するための必須ツールです。この記事では、キャリアアップを目指すあなたに、国際ビジネスで求められる英語資格と、それを取得するための具体的なステップを紹介します。今日から始める一歩が、明日の成功へと繋がります。

 

 

はじめに:なぜビジネス英語資格が重要なのか

ビジネスのグローバル化と英語の役割

グローバル化が進む現代社会において、英語は世界共通の言語としてその重要性を増しています。国際的な取引、会議、コミュニケーションの場で、英語が事実上の共通言語として使用されているのが現状です。

ビジネスの場においても、異文化間でのスムーズなコミュニケーションや、情報の正確な伝達、理解を可能にするためには、高いレベルの英語能力が求められます。そのため、ビジネス英語資格は、自身の英語能力を証明し、国際ビジネスの場で活躍するための「パスポート」とも言えるのです。

英語資格がキャリアに与える影響

英語資格を取得することは、ただ言語能力を証明するだけでなく、キャリアにおいても大きなメリットをもたらします。まず、履歴書や職務経歴書に英語資格を記載することで、求職活動時の競争力を高めることができます。多くの企業が国際的なビジネスを展開しているため、英語を効果的に使用できることは、即戦力として高く評価されるからです。

また、英語資格はキャリアアップにもつながります。国際会議への参加、海外出張、または海外のクライアントとの直接的な交渉など、英語を活用する機会は多岐にわたります。こうした機会は、新しいビジネスチャンスへの扉を開き、プロフェッショナルとしてのスキルセットを拡張する絶好の機会となります。

さらに、英語資格を持っていることは、個人の自信にも繋がります。英語でのプレゼンテーション交渉が求められる状況でも、高い自信を持って臨むことができるようになります。このように、ビジネス英語資格は、グローバルなビジネス環境で成功するための重要なステップと言えるのです。

 

 

無料トライアル実施中

ビジネス英語資格を取る理由とは?

ある雇用主が、英語を話す人材を募集するために、履歴書の束を受け取ったとします。学歴も経験もスキルも似ている2人の強力な履歴書に出会いました。

1人目の応募者は、自らを「上級」英語話者と称しているが、それに見合う資格はない。一方、もう一人の応募者は、国際的に認知されたビジネス英語アセスメントで上級レベルを達成したことを明言しています。雇用主はどちらの求職者を面接に呼ぶ可能性が高いでしょうか?

私たちは、2番目の候補者に賭けます。履歴書に何も記載せず、英語力をアピールすることは、雇用主に対して「私を信じてください!」と言っているようなものだからです。一方、時間をかけてビジネス英語を学び、ビジネス英語検定証を取得することは、あなたの英語力の証明になるとともに、プロフェッショナルとしての成長へのコミットメントを示すことにもなります。

近年、いくつかのビジネス英語認定資格は廃止されましたが(BULATS、LCCI English for Businessなど)、まだまだたくさんの選択肢の中から選ぶことができます。以下に、最も認知度が高く、ビジネスや仕事で求められることの多い認定資格をご紹介しますので、候補を絞ってみてください。

 

 

主要な英語資格検定

1. TOEIC(国際コミュニケーション英語能力テスト)

TOEICは国際的な職場における英語能力を評価するために特別に設計されたテストです。イギリスやアメリカに拠点を置く多国籍企業を中心に、ほとんどの大手企業で受け入れられています。

試験は、2つのテストに分かれています。リスニング&リーディングとスピーキング&ライティングです。ニーズに応じてどちらか一方だけ、または両方を受験することができます。料金は税込7,810円です。

2. BEC (ビジネス英語検定)

ケンブリッジBECは、仕事上のタスクや典型的なビジネス会話に従事する際の英語レベルを評価するために策定された一連の試験です。特にイギリスとアメリカの企業では、ほとんどの大企業がこのスコアの妥当性を認めています。

テストを通して、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングのセクションをこなすことが要求されます。取得を目指す習熟度レベルは3つあります。

  • B1 Business Preliminary – ビジネス英語に関する実用的な知識
  • B2 Business Vantage – 国際的なビジネスシーンで成功するための能力
  • C1 Business Higher – 上級レベルのビジネス英語力

価格によって異なりますが、18,000円から24,000円程度です。

3. IELTS(国際英語力試験システム)

IELTSは、移住、学問、仕事など、様々な目的で利用できる試験です。特に英語圏での職業に関連し、会計、エンジニアリング、金融、政府、観光などの産業で役立ちます。

IELTSには2種類のテストがあります。IELTSにはアカデミックとジェネラル・トレーニングの2種類があります。IELTSには、AcademicとGeneral Trainingの2種類があり、ListeningとSpeakingは共通ですが、ReadingとWritingは別個のセクションとなります。

Academicは一般的に大学入学や専門職登録のために受験され、General Trainingは職業訓練、就労ビザ、求職、履歴書作成に役立ちます。どちらのテストも受験料は同じですが、IELTSを運営する団体によって料金はことなるので全体としては25,380円〜27,500円の間で試験を受けることができます。

4. TOEFL (外国語としての英語のテスト)

TOEFLは、英語圏の大学への入学を目指す学生を対象としていますが、他にもいくつかのビジネス的な利用方法があります。

まず、TOEFLは、米国、英国、ニュージーランド、オーストラリアで、さまざまな就労ビザの取得に利用することができます。さらに、多くのライセンス機関が、専門的なライセンスを発行する際に、申請者の英語能力を確認するためにTOEFLを受け入れています。

TOEFLには、iBTとEssentialsの2種類があります。どちらも受験者のスピーキング、リーディング、ライティング、リスニング能力を評価しますが、iBTはEssentialsよりも試験時間が長く、より厳格で、より高価な試験です。価格についてはEssentialsは約14,400円で、iBTは約26,950円です。

 

 

資格が認められている国と業界

ビジネス英語資格は、世界中の多くの国や業界で広く認められており、その有効性はグローバルなキャリアを目指す上で大きな強みとなります。ここでは、特に認知度が高い資格(TOEIC、BEC、TOEFL iBT、IELTS)が認められている国と業界について詳しく見ていきましょう。

国による認知度と受け入れ

TOEIC

主にアジア(日本、韓国、台湾)、ヨーロッパ、南米で企業による英語力の指標として広く認められています。特にビジネスの場面や、企業内での昇進・配置転換の判断基準として利用されることが多いです。

BEC (Business English Certificates)

ヨーロッパを中心に、世界各国で認知されています。BECは、特にビジネスのコンテキストに特化した英語能力を測定するため、企業によっては特定のレベルのBECスコアを求めることがあります。

TOEFL iBT

米国を中心に、カナダ、オーストラリア、英国など、英語を公用語とする国々の大学や企業で広く認められています。特にアカデミックな英語能力の証明として重視されており、教育機関だけでなく、企業でも国際的なコミュニケーションスキルの指標として利用されています。

IELTS

英国、オーストラリア、カナダを中心に、世界140カ国以上で認められています。ビジネスだけでなく、移民や学生ビザの申請にも必要とされることが多く、非常に幅広い分野でそのスコアが要求されます。

業界における認知度

IT・技術

特にグローバルに展開するIT企業や、技術革新を進めるスタートアップでは、英語資格がコミュニケーションスキルの証明として求められることがあります。

金融・コンサルティング

国際的な取引が日常的な金融業界や、コンサルティングファームでは、高いレベルの英語能力としてTOEICやIELTSの高スコアが期待されることが多いです。

教育

英語を教える立場にある者に対しても、TOEFL iBTやIELTSのスコアが教育の質を担保する指標として利用される場合があります。

医療・ヘルスケア

特に国際的な研究機関や医療機関では、英語でのコミュニケーション能力が重要視され、英語資格がプロフェッショナルな資格として認められています。

 

 

その他知っておきたい英語資格試験

Linguaskill

Linguaskillは、企業が従業員や候補者の英語レベルを評価するために使用されることが多いです。しかし、個人の受験者が独立して自分の英語力を確認するために受験することもできます。

テストには2つのオプションがあります。一般英語とビジネス英語の2種類です。どちらの試験もリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの4つのセクションがありますが、1つのスキル評価を受けるか、すべてのスキルを受けるかを選択することができます。

Generalは日常生活で使われる専門外の英語に焦点を当て、Businessはビジネスの言語(例:製品やサービスの販売、出張、人事など)に焦点を当てます。全試験の受験料は約12,000円です。

ケンブリッジ英語検定

ケンブリッジ英語検定は、受験者の一般的な言語スキル(リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングなど)を様々なレベルで測定します。

  • A2 Key (KET) – 簡単なシチュエーションに対応できる能力
  • B1 Preliminary (PET) – 英語の基礎と日常会話の習得
  • B2 First (FCE) – 英語圏で自立して働くことができる能力
  • C1 Advanced (CAE) – ビジネス/学術的な文脈における高度な英語の習得
  • C2 Proficiency (CPE) – 流暢さと専門的な能力を示す、卓越した英語レベル

とはいえ、最も人気のある資格はCAEです。世界9,000以上の企業、政府機関、学術機関が、応募者や従業員の言語能力を証明するものとして、この認定を受け入れています。その一歩上を行くのがCPEで、上級職を目指す人のために作られた資格です。費用は試験や地域によって異なりますが、受験料は9,900円〜25,850円です。

 

 

英語資格の勉強方法と準備のコツ

英語資格の取得を目指す上で、効果的な学習方法と準備のコツを知ることは、成功への近道です。ここでは、自習、オンラインコースや学校での学習、試験対策のヒントとテクニックを紹介します。

自習での勉強法

計画を立てる

目標スコアと試験日を定めた上で、日々の学習計画を作成します。計画は現実的であることが重要です。

教材選び

公式のテキストや過去問を中心に、さまざまなレベルの教材をバランスよく選びます。特に弱点と感じる部分に重点を置いて勉強しましょう。

リスニングとリーディング

毎日英語に触れることで、自然と語彙力や理解力を向上させます。英語のニュースサイトやポッドキャスト、YouTubeチャンネルなどを利用しましょう。

スピーキングとライティング

友人や家族、オンラインでの言語交換パートナーとの会話練習、日記やエッセイの執筆などを通じて、実際に英語を使う機会を増やします。

オンラインコースや学校での学習

質の高いコース選び

試験対策に特化したオンラインコースや学校を選ぶ際は、講師の質、コース内容、受講生のフィードバックを確認します。

インタラクティブな学習

クラスディスカッション、グループワーク、プレゼンテーションなど、積極的に参加することでコミュニケーション能力を鍛えます。

模擬試験の活用

実際の試験と同じ条件で模擬試験を受けることで、時間管理や試験への慣れを高めます。

試験対策のヒントとテクニック

時間管理をマスターする

各セクションの制限時間を意識し、時間内に解答を終える練習をします。

試験のフォーマットに慣れる

試験の構造やタイプの問題を把握し、効率的な解答方法を習得します。

弱点を克服する

自分の弱点を特定し、それを克服するための具体的な戦略を立てます。例えば、リスニングが苦手なら、毎日特定の時間を使ってリスニングの練習に取り組みます。

リラックスする方法を見つける

試験のストレスを管理するために、リラクゼーションテクニックや適切な休息を取ることも重要です。

 

 

資格取得後のキャリアパス

英語資格の取得は、グローバルなキャリアを築くための大きな一歩となります。ここでは、英語資格を活かした職業例、海外での就職・転職のチャンス、そしてビジネス英語を使った仕事で成功するためのアドバイスを提供します。

英語資格を活かした職業例

国際ビジネス

輸出入、国際営業、国際マーケティングなど、世界各国のクライアントやパートナーと商談を行う職種。

翻訳・通訳

書類の翻訳や会議での通訳など、言語スキルを直接的に活用する職業。

教育

英語教師、ビジネス英語講師、コーポレートトレーニングなど、教育分野での活躍。

観光業

国際的なホテルや旅行会社で、外国人観光客の対応を行う。

IT・テクノロジー

グローバルなプロジェクトやチームでの仕事、英語での技術文書の作成やプレゼンテーション。

海外での就職・転職のチャンス

国際機関

国連や世界銀行などの国際機関では、多様な文化背景を持つスタッフと共に働く機会があります。

多国籍企業

英語が社内公用語となっている多国籍企業では、英語資格が強いアセットとなります。

海外のスタートアップ

英語がビジネスの主要言語となっている海外のスタートアップ企業も、キャリアチャンスが豊富です。

ビジネス英語を使った仕事で成功するためのアドバイス

コミュニケーションスキルを磨く

英語能力だけでなく、効果的なコミュニケーション技術を磨くことが重要です。聞く力、説明する力、説得力などを高めましょう。

文化的感受性を高める

異文化間コミュニケーションにおいては、文化的背景の理解が不可欠です。異文化理解を深めることで、よりスムーズにコミュニケーションを行うことができます。

継続的な学習を心がける

言語学習は終わりがない旅のようなものです。ビジネスの世界では常に新しい専門用語や表現が生まれていますので、継続的な学習が重要です。

ネットワーキングを活用する

英語を共通言語とするプロフェッショナルなコミュニティに参加し、人脈を広げることがキャリアアップにつながります。

 

 

終わりに:ビジネス英語資格があなたの未来をどう変えるか

ビジネス英語資格の取得は、ただの言語能力の証明を超え、個人のキャリアと人生に長期的なメリットをもたらします。この資格は、グローバル化が進む現代社会で生き抜くための重要なツールとなり得るのです。

英語資格取得の長期的なメリット

  1. キャリアの機会が広がる: 英語資格は世界中で認められており、国際的な職場で働くための扉を開きます。これにより、様々な業界や職種でのキャリアチャンスが広がります。
  2. 給与の向上: 多くの研究が、英語を話せることが給与増加につながることを示しています。特に英語資格を持つことで、そのスキルが公式に認められ、給与交渉において有利に働くことがあります。
  3. プロフェッショナルスキルの向上: 英語資格を取得する過程で、プレゼンテーション、交渉、レポート作成など、ビジネスに必要なスキルが自然と磨かれます。
  4. 自信の向上: 英語で自信を持ってコミュニケーションできるようになると、新たな環境や挑戦に対する自信につながります。これは、プロフェッショナルだけでなく、個人的な成長にも貢献します。

グローバル社会で生き抜くための英語力

グローバル社会では、異文化間のコミュニケーションが日常的に求められます。英語力があれば、異なる文化背景を持つ人々との間で、より効果的かつ円滑なコミュニケーションを行うことができるようになります。これは、国際的なプロジェクトでの成功はもちろん、多様性を受け入れ、異文化を理解することによる個人的な充実感にも繋がります。

また、グローバルな視野を持つことで、世界中の人々と繋がり、新しいアイデアや視点を得ることができます。これは、革新的な思考や創造性の発展に寄与し、個人が社会や業界内で重要な役割を果たすための基盤を築きます。

ビジネス英語資格は、これらのメリットを享受するための出発点です。英語資格を取得することは、グローバル社会で成功するための能力を開発し、個人のポテンシャルを最大限に引き出すための重要なステップとなります。

 

 

 

 

試験に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。国際ビジネスの世界で成功するためには、英語資格が非常に重要です。この記事を通じて、どの英語資格が自分に最適か、そしてその資格を如何にして取得するかの具体的な方法をご理解いただけたかと思います。英語資格は、あなたのキャリアを大きく変える可能性を秘めています。今日からあなたの英語学習に一層の意欲をもって取り組み、グローバルな舞台での成功への扉を開いてください。

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム