3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「turn down」の使い方ガイド:ビジネス英語で断る際のポイント

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

「turn down」とは?

「turn down」の基本的な意味を解説します。

「turn down」は、ビジネス英語でよく使われる表現の一つで、「拒否する」や「断る」という意味があります。例えば、仕事のオファーや提案、リクエストなどを丁寧に断るときに使います。

基本的な意味

「turn down」は、英語の句動詞であり、動詞の「turn」と副詞の「down」から成り立っています。この表現は、何かを下に向ける動作から転じて、相手の提案や依頼を下に押し下げる、つまり「拒否する」意味を持つようになりました。

例文での理解

  • 英語: She turned down the job offer because it didn’t match her career goals.
  • 日本語: 彼女はその仕事のオファーを、キャリア目標に合わなかったため断りました。
  • 英語: They turned down our proposal due to budget constraints.
  • 日本語: 予算の制約のため、彼らは私たちの提案を断りました。

これらの例からわかるように、「turn down」は丁寧に拒否する際に使われることが多いです。ビジネスシーンでは、相手の気持ちを尊重しつつ、明確に自分の意思を伝えるために役立つ表現です。

次のセクションでは、具体的な使用例や場面について詳しく見ていきましょう。

 

 

無料トライアル実施中

「turn down」の使い方

ビジネスシーンでの具体的な使用例を紹介します。 例文とその日本語訳を交えて説明します。

「turn down」は、ビジネスシーンでさまざまな場面で使われます。以下に具体的な使用例とその日本語訳を紹介します。

提案やオファーを断る

新しいプロジェクトの提案や仕事のオファーを断る場合、「turn down」は非常に便利です。

例文:
  • 英語: I’m sorry, but I have to turn down your proposal due to our current workload.
  • 日本語: 申し訳ありませんが、現在の作業量のため、あなたの提案をお断りしなければなりません。
解説:

この例文では、提案を断る理由を明確に伝えています。「due to our current workload」というフレーズを使うことで、断る理由を丁寧に説明しています。

招待を断る

ビジネスミーティングやイベントの招待を断る際にも「turn down」を使います。

例文:
  • 英語: Unfortunately, I have to turn down the invitation to the conference as I have a prior commitment.
  • 日本語: 残念ながら、先約があるため、その会議の招待をお断りしなければなりません。
解説:

「as I have a prior commitment」という理由を付け加えることで、丁寧に断っています。

リクエストを断る

同僚やクライアントからのリクエストを断る場合にも「turn down」を使います。

例文:
  • 英語: We had to turn down their request for an extension on the project deadline.
  • 日本語: プロジェクトの締め切り延長のリクエストをお断りしなければなりませんでした。
解説:

この例文では、理由を説明せずに断っていますが、ビジネスシーンでは理由を添えることが多いです。

求人を断る

求人や転職のオファーを断る場合にも使われます。

例文:
  • 英語: After careful consideration, I decided to turn down the job offer.
  • 日本語: 慎重に検討した結果、その仕事のオファーをお断りすることに決めました。
解説:

「After careful consideration」というフレーズを使うことで、丁寧に断っています。

まとめ

「turn down」は、ビジネスシーンで使うときには相手に対する敬意を持って、丁寧に断るための重要な表現です。次のセクションでは、「turn down」を使うときの注意点について詳しく見ていきます。

 

 

「turn down」を使うときの注意点

丁寧な断り方や、相手を傷つけない表現方法を説明します。

「turn down」を使って提案やリクエストを断る際には、相手の気持ちを配慮しつつ、丁寧に伝えることが大切です。以下に、注意点や具体的な表現方法を紹介します。

1. 理由を明確にする

断る理由を明確に伝えることで、相手に理解を促すことができます。理由を伝えることで、ただ拒否するのではなく、納得のいく説明を提供します。

例文:
  • 英語: I have to turn down your offer because we are currently over budget.
  • 日本語: 現在予算オーバーのため、あなたのオファーをお断りしなければなりません。

2. 感謝の気持ちを表す

提案やオファーに対して感謝の意を示すことで、相手への敬意を表現します。

例文:
  • 英語: Thank you for the offer, but I have to turn it down due to my existing commitments.
  • 日本語: オファーをいただきありがとうございます。しかし、既存の予定があるため、お断りしなければなりません。

3. 代替案を提案する

可能であれば、代替案を提示することで、相手との関係を良好に保つことができます。

例文:
  • 英語: While I have to turn down your proposal, I would be happy to discuss other possible collaborations.
  • 日本語: あなたの提案をお断りしなければなりませんが、他の可能な協力について話し合うことは喜んでいたします。

4. ポジティブな言葉を使う

否定的な言葉を避け、ポジティブな言葉を使うことで、相手に前向きな印象を与えます。

例文:
  • 英語: I’m afraid I have to turn down your request this time, but I appreciate your understanding.
  • 日本語: 残念ながら今回はリクエストをお断りしなければなりませんが、ご理解いただけると幸いです。

5. 相手の立場を理解する

相手の立場や状況を理解し、共感を示すことも重要です。これにより、断り方がより丁寧に感じられます。

例文:
  • 英語: I understand your situation, but unfortunately, I have to turn down your proposal due to our company’s policies.
  • 日本語: あなたの状況は理解しておりますが、残念ながら当社の方針により提案をお断りしなければなりません。

まとめ

「turn down」を使うときは、丁寧さと敬意を持って相手に伝えることが重要です。理由を明確にし、感謝の意を示し、可能であれば代替案を提示することで、相手を傷つけずに断ることができます。次のセクションでは、ビジネスシーンで使える「turn down」のフレーズ集を紹介します。

 

 

ビジネスシーンで使えるフレーズ集

よく使われる「turn down」のフレーズとその例文を紹介します。

ビジネスシーンで「turn down」を上手に使うためのフレーズ集を紹介します。これらのフレーズを活用することで、丁寧かつ適切に提案やリクエストを断ることができます。

1. 提案を断るときのフレーズ

フレーズ: I’m sorry, but I have to turn down your proposal.

例文:
  • 英語: I’m sorry, but I have to turn down your proposal because it doesn’t align with our current strategy.
  • 日本語: 申し訳ありませんが、現在の戦略に合わないため、あなたの提案をお断りしなければなりません。

2. 招待を断るときのフレーズ

フレーズ: Unfortunately, I have to turn down the invitation.

例文:
  • 英語: Unfortunately, I have to turn down the invitation to the gala as I have a prior commitment.
  • 日本語: 残念ながら、先約があるため、ガラの招待をお断りしなければなりません。

3. リクエストを断るときのフレーズ

フレーズ: I regret to turn down your request.

例文:
  • 英語: I regret to turn down your request for additional funding, but our budget is already allocated.
  • 日本語: 追加の資金提供のリクエストをお断りすることを残念に思いますが、予算はすでに割り当てられています。

4. オファーを断るときのフレーズ

フレーズ: After careful consideration, I have decided to turn down the offer.

例文:
  • 英語: After careful consideration, I have decided to turn down the job offer as it doesn’t fit my career plans.
  • 日本語: 慎重に検討した結果、キャリアプランに合わないため、その仕事のオファーをお断りすることに決めました。

5. 意見を断るときのフレーズ

フレーズ: I’m afraid I have to turn down your suggestion.

例文:
  • 英語: I’m afraid I have to turn down your suggestion to change the project timeline, as it would delay our deliverables.
  • 日本語: プロジェクトのタイムラインを変更するというご提案をお断りしなければならないことを恐れ入りますが、それでは納期が遅れてしまいます。

6. 協力を断るときのフレーズ

フレーズ: I appreciate the offer, but I must turn it down.

例文:
  • 英語: I appreciate the offer to collaborate on this project, but I must turn it down due to our current priorities.
  • 日本語: このプロジェクトでの協力の申し出に感謝しますが、現在の優先事項のためお断りしなければなりません。

まとめ

これらのフレーズを活用することで、ビジネスシーンで「turn down」を丁寧かつ効果的に使うことができます。次のセクションでは、「turn down」と関連する表現について解説します。

 

 

「turn down」と関連する表現

「turn down」に似た他の表現や、その使い分けを解説します。

「turn down」は「拒否する」や「断る」という意味を持ちますが、ビジネスシーンでは他にも似たような表現がいくつかあります。それぞれの表現の意味と使い分けを理解することで、適切な言葉を選んで使うことができます。

1. 「decline」

意味:

丁寧に断る、辞退する

使い分け:

「decline」はフォーマルな表現で、正式な招待や申し出を丁寧に断るときに使います。

例文:
  • 英語: I must decline the invitation to the conference due to prior commitments.
  • 日本語: 先約があるため、会議の招待を辞退しなければなりません。

2. 「reject」

意味:

拒絶する、はねつける

使い分け:

「reject」は強い拒絶の意味を持ち、提案やアイデアをはっきりと否定する場合に使います。ビジネスシーンでは、やや厳しい印象を与えることがあります。

例文:
  • 英語: The board rejected the proposal due to insufficient evidence.
  • 日本語: 取締役会は十分な証拠がないため、その提案を拒絶しました。

3. 「refuse」

意味:

拒否する、断固として断る

使い分け:

「refuse」は「turn down」よりも強い拒否の意味を持ち、提案や要求をきっぱりと断る場合に使います。

例文:
  • 英語: I have to refuse your request for a deadline extension.
  • 日本語: 締め切り延長のリクエストを断固としてお断りしなければなりません。

4. 「deny」

意味:

否定する、拒否する

使い分け:

「deny」は要求や主張を否定する場合に使います。特に、事実や権利を否定する場合に用いられます。

例文:
  • 英語: The company denied any wrongdoing in the incident.
  • 日本語: その事件に関して、会社は一切の不正行為を否定しました。

5. 「pass up」

意味:

見送る、逃す

使い分け:

「pass up」はチャンスや機会を見送る、逃す意味で使います。断る理由が強くない場合や、単にその機会を見送る場合に用いられます。

例文:
  • 英語: I decided to pass up the job offer to pursue further education.
  • 日本語: さらなる教育を追求するため、仕事のオファーを見送ることにしました。

まとめ

「turn down」に似た表現として「decline」、「reject」、「refuse」、「deny」、「pass up」があります。それぞれの表現は微妙に異なるニュアンスを持ち、シチュエーションに応じて使い分けることが重要です。次のセクションでは、記事のポイントを振り返り、「turn down」の使い方をマスターするための練習方法を提案します。

 

 

まとめ

記事のポイントを簡単に振り返ります。 「turn down」の使い方をマスターするための練習方法を提案します。

記事のポイント振り返り

  1. 「turn down」とは?
    • 「turn down」は「拒否する」や「断る」という意味の句動詞です。ビジネスシーンでよく使われ、提案やオファー、リクエストを丁寧に断る際に用いられます。
  2. 「turn down」の使い方
    • 提案を断る、招待を断る、リクエストを断る、オファーを断るなど、さまざまなビジネスシーンで使える具体的な例文を紹介しました。
  3. 「turn down」を使うときの注意点
    • 理由を明確に伝える、感謝の気持ちを表す、代替案を提案する、ポジティブな言葉を使う、相手の立場を理解するなどの丁寧な断り方を説明しました。
  4. ビジネスシーンで使えるフレーズ集
    • 「turn down」を使った具体的なフレーズと例文を紹介しました。提案やオファー、招待を断る際のフレーズが含まれています。
  5. 「turn down」と関連する表現
    • 「decline」、「reject」、「refuse」、「deny」、「pass up」といった「turn down」に似た他の表現とその使い分けを解説しました。

「turn down」の使い方をマスターするための練習方法

  1. 実際のビジネスシーンをシミュレーションする
    • 上司や同僚と一緒に、提案やオファーを断るシチュエーションをシミュレーションしましょう。実際の会話を想定して練習することで、自然に使えるようになります。
  2. 例文を音読する
    • 記事に掲載されている例文を声に出して何度も練習しましょう。音読することで、発音やリズムを体に覚えさせることができます。
  3. 日常会話に取り入れる
    • ビジネスシーンだけでなく、日常会話でも「turn down」を使ってみましょう。友人との会話で練習することで、自然と使いこなせるようになります。
  4. 英語日記を書く
    • 日記に「turn down」を使った文章を書いてみましょう。例えば、「今日、友人からの誘いを断った」という内容を書いてみると良い練習になります。
  5. 英語の映画やドラマで表現を確認する
    • 英語の映画やドラマを見て、ネイティブスピーカーが「turn down」をどのように使っているか確認しましょう。実際の使用例を学ぶことができます。

最後に

「turn down」はビジネスシーンで非常に重要な表現です。この記事で紹介したポイントや練習方法を活用して、「turn down」を使いこなしましょう。これで、丁寧かつ適切に断るスキルが向上するはずです。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム