英語感覚がアップ!”teach”と”tell”、”show”の意味と使い分け

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”teach”と”tell”、”show”の意味と使い分けについてお話します。

この記事を読めば、さらに英語感覚がアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

専門的な知識や技術を教えるなら”teach”

まずは、二人の会話を見てみましょう!

 

リョウ
Can you teach me Spanish?
スペイン語を教えてくれる?
ナオミ
It’s okay, but it’s gonna cost you high. haha
いいけど、高いよ。はは

 

 

“Can you teach me how to get to the station?”は正しい?

“Can you teach me how to get to 〜?”で「〜への行き方を教えてくれますか?」という意味になります。

確かに、こういう風に使っている人はいます。

しかし、単語のニュアンスから考えると、不自然な英語になります。

“Can you tell me how to get to 〜?”が適切でしょう。

 

 

専門的な知識が必要なものは”teach”

専門的な知識で、簡単に思い浮かぶのが、学問です。

例えば、英語学習や学校での授業。

これらは専門的な知識がないと教えられないものです。

そんなときは、”teach”を使います。また、「読み方」や「運転の方法」を教えるときも、この”teach”です。

知識とスキルがないとできないですからね。

 

 

方法や道順など単なる情報を相手に教えるなら”tell”

まずは、二人の会話を見てみましょう!

 

リョウ
Excuse me, could you tell me how to get to Osaka station?
すみません、大阪駅の行き方を教えてくれませんか?
ナオミ
All right.
わかりました。

 

“tell”は「教える」という意味でも使える

“tell”と聞くと、「伝える」という意味で使うことが多いと思います。

しかし、「教える」という意味でも使うことができます。

教えるといっても、”teach”のように専門的な知識のことではなく、方法や道順を教えるときに”tell”を使います。

 

 

“tell”のコアイメージは?

“tell”のコアイメージは、「ある情報を相手に伝達する」です。

なので、訳が「言う」になるときもあるし、「教える」、「伝える」と変わることもあります。

“Tell me now.”と言うとき、日本語だと「今言って。」と訳すのがその一例です。

 

 

方法や道順などを実際に見せて教えるなら”show”

まずは、二人の会話を見てみましょう!

 

リョウ
Can you show me how to cook Japanese curry rice?
日本のカレーライスの作り方を教えてくれませんか?
ナオミ
Sure.
もちろん。

 

 

 口頭ではなく、実際に見せて教えるなら”show”

上に会話のように、作り方を実際に見せて相手に教える場合は、”show”を使います。

もちろん、状況によっては”tell”を使うこともできます。

口頭で、相手に教えるなら、“can you tell me how to cook Japanese curry rice?”と言えますね。

 

 

“show”の代表的な意味「見せる」から派生

“show”の代表的な意味に「見せる」というのがあります。

その意味から、今回の”show”の意味を考えると、実際に見せるというニュアンスが入ることが理解できます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”teach”と”tell”、”show”の意味と使い分けについてでした。

それでは、See you again!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。