「~かどうかは関係ない」の英語表現とその使い方【matter使います】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は「~かどうかは関係ない」の英語表現とその使い方【matter使います】についてお話します。この記事を読めばさらに自分の意見を伝えやすくなります。それではまいりましょう。

 

 

「~かどうかは関係ないよ」は英語でなんて言う?

「~かどうかは関係ないよ。」と英語で伝えたいときは、”It doesn’t matter if ~.”と言います。相手に大切なことを伝えたいときに使える便利な英会話フレーズです。まずは二人の会話を見てみましょう。Here we go!

チームメイトと話していて…

マイク
I feel really pressured. Because I must win the game tomorrow.
すっごいプレッシャーを感じるよ。明日の試合は絶対に勝たないといけないんだ。
リョウ
I understand that. But it doesn’t matter if you win or lose. After all, what matters is you do your best.
わかるよ。でも勝つか負けるかは関係ないよ。最終的に大事なのは君がベストを尽くすこと。

 

 

 

“matter”の名詞と動詞を使い分ける

今回出てきたこの“matter”は名詞や動詞でよく使われます。動詞の場合、「重要である」という意味になります。また名詞だと、”What’s the matter?”「どうしたの?」のように相手の様子をうかがうときによく使わるのは有名ですね。

 

 

if節は名詞節?それとも副詞節?

この“if ~”は「もし~なら」という副詞節ではなく、名詞節の「~かどうか」という意味になります。直訳して「~かどうかは重要ではない。」となりますが意訳して「~かどうかは関係ないよ。」となります。”if”が名詞節になるのか副詞節になるのか見分けがつきにくいですが、実際に”if”以降の塊がどの部分にあたるのかを見極めれば簡単です。この場合、節”if you win or lose”は主語”it”の部分と置き換えることができます。

なぜならこの”it”は仮に置かれているものだからです。なので”If you win or lose doesn’t matter.”「最終的に勝つか負けるかは関係ない。」となります。ただ英語では長い主語は好まれないので、仮に”it”を置くことで主語をすっきりさせて、if以降はおしりの部分に持ってくるのです。このように名詞は主語になれることから、名詞節だと認識できますね。

 

 

例文の音声を聞きながら音読しよう

それではいくつか例文をご紹介したいと思います。

ウソなのか聞くと…

リョウ
It doesn’t matter if it’s true or not.
本当かウソかは関係ないよ。

 

 

金持ちじゃないと参加できないのか聞くと…

 

リョウ
It doesn’t matter if you’re rich or poor.
君が金持ちか貧乏かは関係ないよ。

 

 

 

matterに関連する記事

”It doesn’t matter”の意味とその2つの使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が「~かどうかは関係ない」の英語表現とその使い方【matter使います】でした。機会があれば是非使ってみてくださいね。それではSee you again!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出